• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
徳川家康をお祀りする上野東照宮はとてつもないパワースポット!

徳川家康の遺言で造られた上野東照宮。その社殿は、関東大震災・第二次世界大戦でも倒壊せず、江戸の面影を現在に伝える貴重な建造物です。非常にご利益があると有名な上野東照宮は、精巧な建造物や華やかなぼたん苑と見どころも満載!

このまとめ記事の目次

徳川家康を祀る神社・上野東照宮

1616年お見舞いのために駿府城にいた藤堂高虎と天海僧正は、危篤の家康公の病床に招かれ、三人一つ所に末永く魂鎮まるところを作ってほしいという遺言を受けました。そこで藤堂家の屋敷地であった上野に1627年に東照宮を造営しました。

出典:www.gotokyo.org

ここには、江戸幕府の開祖である徳川家康、八代将軍徳川吉宗、そして十五代の徳川慶喜が奉られています。

出典:www.tokyospot.jp

1627年東叡山寛永寺境内に家康公をお祀りする神社として創建され、1646年には正式に宮号を授けられ「東照宮」となりました。

出典:www.uenotoshogu.com
上野東照宮の御利益は『開運厄除・病気平癒・業成就守・健康長寿守・金運』だそうです。

上野東照宮・重要文化財

社殿

1651年に三代将軍・徳川家光公が大規模に造営替えをしたものが、現存する社殿です。

出典:www.gotokyo.org

金色殿とも呼ばれており、参道側から拝殿、幣殿(石の間)、本殿の三つの部屋から構成される権現造りです。社殿外壁には豪華な彫刻が施されています。

出典:www.uenotoshogu.com

唐門

上部の錦鶏鳥・銀鶏鳥の透彫は精巧で美しく、室町桃山時代の技術を集大成したものとして高く評価されています。 内側の透彫は諫鼓鳥(かんこどり)という中国の故事に由来。

出典:www.uenotoshogu.com

日光の眠り猫で有名な左甚五郎の彫刻「登り龍下り龍」が、とても素晴らしいです。この登り龍下り龍には、毎晩不忍池の水を飲みに行くという伝説があります。

出典:www.jalan.net

大石鳥居

石材には備前の御影石が使用されています。関東大震災の折にも少しも傾かなかったほど工事が頑丈だったことは当時大変驚かれました。

出典:www.uenotoshogu.com

この鳥居は、寛永10年上州厩橋(現在の前橋)藩主で老中を勤めた酒井忠世が奉納したものです。石鳥居の左の柱に「寛永10年 酉四月十七日 厩橋侍従酒井雅楽頭源朝臣忠世」と刻まれています。

出典:wheatbaku.exblog.jp

銅灯籠

唐門両側の6基は、内側より紀伊・水戸・尾張の徳川御三家より2基ずつ寄進されたものです。

出典:www.uenotoshogu.com

家康公の13回忌に藤堂高虎が奉納した1基が最も古く、形も南円堂形と特徴的です。

出典:sanpo01.lolipop.jp

透塀

菱格子の塀で向こうが見えることから「透塀」と呼ばれています。

出典:sanpo01.lolipop.jp

社殿の東西南北を囲んでおり、上段には野山の動物と植物、下段には海川の動物の彫刻が内外両面に200枚以上、 色鮮やかに生き生きと表現されています。

出典:www.uenotoshogu.com

華やかで美しいです。拝観料を納めると塀の内側に入れます。透塀には鹿や紅葉、鳥、牡丹、魚など、様々な動植物が彫刻されており本当に綺麗です。

出典:www.tripadvisor.jp
上野東照宮は2009年初から2013年末まで約5年間かけて修復作業をしていました。そのおかげで、今はまばゆいくらい華やかな姿を見ることができます。

上野東照宮~ぼたん苑~

春のぼたん祭

上野東照宮ぼたん苑は、1980年に日中友好を記念して開苑致しました。現在は、中国牡丹、アメリカ品種、フランス品種を含め500株以上の牡丹があでやかに咲き誇ります。

出典:www.uenotoshogu.com

4~5月のぼたん祭りの時期は特におすすめです。また冬ぼたんも楽しむことができます。江戸建築を楽しみつつ、桜に紅葉と、四季折々の自然を愛でることができます。

出典:www.jalan.net
春のぼたん祭では、ぼたんの他にシャクナゲ・フジ・芍薬なども見頃を迎えるそうです。
上野東照宮・春のぼたん祭
【開苑期間】4月上旬~5月上旬
【開苑時間】9:00-17:00
【入苑料】一般700円、団体600円(20名以上) ※小学生以下は無料
【問い合わせ先】03-3822-3575

上野東照宮・冬ぼたん

苑内には200株の冬牡丹の他に、大切に育てた寒牡丹もございます。また、蠟梅、満作、早咲きの梅などの花木も苑内に彩りを添えています。

出典:www.uenotoshogu.com

上野東照宮にはぼたん苑が併設されています。 このぼたん苑では毎年1月〜2月、めずらしい『冬ぼたん』が見られます。

出典:www.tripadvisor.jp
寒牡丹は開花率が非常に低いそうです。霜よけの藁囲いに包まれて咲くぼたんは、とても綺麗です。
上野東照宮・冬ぼたん
【開苑期間】1月上旬~2月下旬
【開苑時間】9:30-16:30
【入苑料】一般700円、団体600円(20名以上) ※小学生以下は無料
【問い合わせ先】03-3822-3575

上野東照宮までのアクセス

上野東照宮
【所在地】東京都台東区上野公園9-88
【問い合わせ先】03-3822-3455
【拝観時間】9:30-16:00 ※年中無休
【拝観料金】大人500円・小学生200円・団体(20名以上)400円
【アクセス】JR上野駅公園口より徒歩5分
      京成電鉄・京成上野駅池之端口より徒歩5分
      東京メトロ千代田線・根津駅2番出口より徒歩10分
上野東照宮の魅力について紹介いたしました。上野にひっそり佇む徳川家康が祀られた上野東照宮。修復されてより輝きが増したその姿をぜひ一度見に行かれてはいかがでしょうか?

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する