• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
京都でゆるりとお寺カフェ。日本庭園を眺めながらお茶できる京都のお寺7選

静かなお寺で聞こえるのは風に吹かれる草木の音、悠久の時間を感じさせる庭園、街中のカフェとは全く違う雰囲気でお茶を楽しむ。都会の喧騒を忘れて京都のお寺でゆるりと過ごしてみませんか?極上の時間がそこにはあります。

このまとめ記事の目次

一、青蓮院

京都の高名な青蓮院の庭園を眺めながら、お茶をいただく。極上のひとときです
青蓮院の庭園は室町時代、相阿弥による作と伝えられています。数百年の時間をかけて作り上げられた庭園を歩きながら、様々な想いにふけるのも寺カフェの楽しみ方のひとつです。
毎年春と秋に庭園の夜間ライトアップが行われています。ご本尊の熾盛光如来は、光そのものであり、このライトアップはその熾盛光如来の「光」を表すものであるということです。

しかし、淡く、そして青く光る庭園は言葉を失うほど美しいです。

二、建仁寺

建仁寺は建仁2年(1202年)に創建され、桃山時代の庭園で有名です。また、「風神雷神図」など数多くの文化財を豊富に伝えています。
「枯山水」とは、日本庭園の様式の1つで、水を用いず石や岩のみで山水を表現します。
建仁寺の境内の有料拝観の潮音庭(ちょうおんてい)の紅葉は有名で、息をのむほど美しいです。

三、等持院

等持院は足利尊氏の墓所としても知られています
調和のとれた自然的な庭園の中には心字池(心の字型の池)があり、周囲にはモミジなど、四季折々様々な草木が植えられています。

四、宝泉院

宝泉院

拝観客は、盤桓園・五葉の松の見える座敷に通され、境内入口で渡されたお抹茶券と交換に一服の抹茶と茶菓子を供される。

出典:ja.wikipedia.org
四季の景観がとてつもなく美しいです
Photo by haru012

五、三千院

三千院をさらに奥に進めば上で紹介した「宝泉院」があります。いずれも「額縁庭園」として有名です。
建物と自然が一体となって、まるでひとつの絵画を描きだすような景観を眺めながら、お茶をいただく時間は極上のひとときです。

六、蓮華寺

庭園の奥には湧き水があり、二かな水量がある

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する