• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
ようこそ京都嵯峨野へ!目前にそそり立つ「竹林の道」が凄すぎる!

いまや京都観光の人気スポット 嵯峨野 竹林の道は連日多くの観光客で賑わいます。空高く群生する竹林は見事な景観です。しかし河原町通りみたいな人出にゲンナリされた方もおられますね。これから訪ねたい人も再挑戦のかたも早起きして竹林浴しませんか?

このまとめ記事の目次

京都 嵯峨野の竹林の道

葉ずれの音だけの竹の香りがあふれる竹林の道は、いまや嵐山・嵯峨野観光の人気スポットです。平日も多くの観光客がおとずれ写真のような静かな場所ではありません。立ち止まってカメラも使いたい!静かな小径をゆっくり楽しみたいと思うなら早朝しかありません。

プチ旅行気分で 竹林の道を実感する!

やっぱりこんな感じで歩きたい♪

一番乗りは必要ありませんが、理想は平日の朝7時~9時です。週末の朝は周辺宿の泊まり客が朝の散策をする姿も見られます。この場所を一番に満喫して天龍寺や大河内山荘、トロッコ列車などのプランを組むといい思い出がつくれます。

少し混んでくると初詣の参道みたい こちらも実感します。

行楽シーズンや紅葉の季節になると人通りが切れることはありませんね。わずか300メートルほどの道ですが周辺に人気スポットを多く持つ嵯峨野ならではの風景です。高さ20メートル近い竹もあり、見えないことはないですが、期待したイメージには不満が残ります。

狙い目は しつこいようですが早朝です!

季節では連休明けの6月~7月と1月~2月

京都の観光客が一年で落ち込むのは6月7月と冬の1月2月です。比較だけですが狙い目と言えます。トロッコ列車の運休日になる水曜日も人の流れが明らかに変わるのでおすすめです。一日いる場所ではないけれど写真くらいは撮りたいですね。

竹林の道の何が凄いのか?

竹の成長力と寿命

生まれた時のタケノコから数ヶ月で一人前になります。筍(たけのこ)と漢字では書きますが、一旬は時間単位で十日なので、それぐらい成長が早いたとえですね。樹齢が何百年とかの大木とは異質の、茎が木質化したイネ科の植物です。寿命は10年から20年と言われます。

成長が速く、地下茎によって繁殖する。新しくできた芽(タケノコ)は地下茎に連なる他の竹の栄養で育ち、地下茎は1年に7~8メートルも伸びることがある。

出典:www2u.biglobe.ne.jp

竹のもう一つの一面 竹害

日本では青森を北限とする竹林ですが、成長速度の速さゆえ、放置すると他の植物の光合成が妨げられるため、植生域の管理が必要となります。つまり手がかかると言うことです。竹林の道の素晴らしい景観は日々の手入れで成り立っています。
決して自然の景観ではありません。何もしなければただの竹藪です。現に野宮神社周辺も昔は竹藪で表通りの賑わいとは無縁の場所でした。道の両側に竹穂垣を作り道をモルタル舗装にすることで車イスも楽に動ける配慮がされています。

嵯峨野 竹林の道 ライトアップ|京都・嵐山 花灯路

例年12月10日頃の週末から十日間、ライトアップされます。この期間だけで10万人近い人出になります。竹林の落葉は春先なので冬の竹林は鮮やかなグリーンです。期間中は野宮神社から大河内山荘、常寂光寺や二尊院にいたる道沿いと渡月橋周辺にに2500基の露地行灯が置かれ、嵐山全体を淡い光で包みます。宝厳院や二尊院など夜間特別拝観も見所です。

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する