• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
経験者がおすすめする!旅好きは絶対に「モロッコ」に行くべき5つの理由

タジン鍋に、アルガンオイル、可愛い雑貨に、ダイナミックな砂漠まで。今、旅好きだけでなく、日本でも人気があるものばかりのモロッコ!アフリカとはいえ、地中海に面し、古くからヨーロッパとの交流が盛んに行われてきたアラビアンのお国は、ぜひ一度行ってみたい旅行先としても注目度満点です!今回は、そんな人気急上昇中のモロッコの魅力をご紹介します。

このまとめ記事の目次

Photo by aki514

旅の予定

旅の予定って、みなさんが旅行に行く時どれくらい決まっているものなんでしょう?ツアー旅行なら、航空券からホテル、時には食事先まですべてがスケジュールとして決まっているのが普通ですよね。もちろん、短い休暇を利用して、より効率的に、より正確に、より手っ取り早くっていうのが大半をしめているのでしょうが、今回オススメするのは、すべてオーダーメイド旅!! と言っても、行ったことのない国で、言葉も、勝手もわからないのでもちろん不安になりますよね。でも、不安だからこそ、自分でいろいろ調べてみたり、なんとか効率良くできないか考えたり! 観光客だらけの観光地もそろそろ飽きてきたなと感じている人にはぴったりなオーダーメイド旅を始めてみましょう!

だからモロッコ その1:行きたい街がいっぱい!!

日本の約1.2倍の国土をもつ北アフリカに位置するモロッコは、北は地中海に面し、古くからヨーロッパとの交流で栄え、西は大西洋、東はサハラ砂漠と様々な顔を見せてくれます!まずは、行ってみたい街をピックアップ!
モロッコの代名詞とも言える最大の都市。無形文化遺産にも登録されているジャマ・エル・フナ広場は、モロッコで最もエネルギッシュな場所で、夜になると毎晩繰り広げられる宴は旅人にとって刺激的な夜になりそう!

マラケシュ Marrakech

モロッコの代名詞とも言える最大の都市。無形文化遺産にも登録されているジャマ・エル・フナ広場は、モロッコで最もエネルギッシュな場所で、夜になると毎晩繰り広げられる宴は旅人にとって刺激的な夜になりそう!

詳細情報

モロッコ最大、世界でも7番目のハッサン2世モスクは、圧巻の美しさを誇ります。フランス人により設計され、モロッコ全土から集められた大理石、石膏、瓦、タイルは一見の価値ありです。あまり観光が多くないので、のんびり回れます。そして何より人懐っこいモロッコ人と触れ合えばより旅が楽しくなりますよ!

カサブランカ Casablanca

モロッコ最大、世界でも7番目のハッサン2世モスクは、圧巻の美しさを誇ります。フランス人により設計され、モロッコ全土から集められた大理石、石膏、瓦、タイルは一見の価値ありです。あまり観光が多くないので、のんびり回れます。そして何より人懐っこいモロッコ人と触れ合えばより旅が楽しくなりますよ!

詳細情報

本当にこんな街があったなんて!。北部リフ山脈の麓にあるシャウエンは、街全体が青と白に塗られたまさに秘境。まるで絵本の世界にでも迷い込んだような可愛らしい街はモロッコに来たならぜひ訪れてみたい街です。静かでのんびりとしたこの街は、都会の喧騒から逃れたい人にはもってこいの場所。行くまでの苦労もある分、きっと一生忘れられない街に!

シャウエン Chefchaouen

本当にこんな街があったなんて!。北部リフ山脈の麓にあるシャウエンは、街全体が青と白に塗られたまさに秘境。まるで絵本の世界にでも迷い込んだような可愛らしい街はモロッコに来たならぜひ訪れてみたい街です。静かでのんびりとしたこの街は、都会の喧騒から逃れたい人にはもってこいの場所。行くまでの苦労もある分、きっと一生忘れられない街に!

詳細情報

最古の都市として、約1000年の歴史を残す旧市街(メディナ)は世界一複雑な迷路と言われています。自力でメディナを攻略できれば旅人としても上級者になれるのでは!今なお職人の暮らしを垣間見ることができて異国感満載です。写真はなめし皮の染色が行われているタンネリという場所です。昼間は職人さん達の作業の様子が直に見れて面白い!そして夜の光景もなかなか風情があります。

フェズ Fez

最古の都市として、約1000年の歴史を残す旧市街(メディナ)は世界一複雑な迷路と言われています。自力でメディナを攻略できれば旅人としても上級者になれるのでは!今なお職人の暮らしを垣間見ることができて異国感満載です。写真はなめし皮の染色が行われているタンネリという場所です。昼間は職人さん達の作業の様子が直に見れて面白い!そして夜の光景もなかなか風情があります。

詳細情報

ワルザザード近郊には要塞化した村という意味のカスバが今なお点在し、最も保存が良いアイト・ベン・ハッドゥは1987年に世界遺産に登録されています。映画のロケ地としても有名なこの村は、砂漠の民ベルベル人の住居がそのまま残されています。まるでタイムスリップしたような感覚を味わえそうです。

アイト・ベン・ハッドゥ Ait Ben Haddou

ワルザザード近郊には要塞化した村という意味のカスバが今なお点在し、最も保存が良いアイト・ベン・ハッドゥは1987年に世界遺産に登録されています。映画のロケ地としても有名なこの村は、砂漠の民ベルベル人の住居がそのまま残されています。まるでタイムスリップしたような感覚を味わえそうです。

詳細情報

地平線に広がる真っ赤な砂漠はぜひ一度この目で見ておきたい!サハラ砂漠の西端に位置するメルズーガは砂漠への入り口として栄えた街。他にもアトラスを超えたワルザザードから行くシェガガ砂丘も観光客が少なめでオススメです。満点の夜空の下、無音の世界に身を置いて、旅でしか味わうことのできない特別な感覚を味わってください。

サハラ砂漠 Sahara Desert

地平線に広がる真っ赤な砂漠はぜひ一度この目で見ておきたい!サハラ砂漠の西端に位置するメルズーガは砂漠への入り口として栄えた街。他にもアトラスを超えたワルザザードから行くシェガガ砂丘も観光客が少なめでオススメです。満点の夜空の下、無音の世界に身を置いて、旅でしか味わうことのできない特別な感覚を味わってください。

詳細情報

だからモロッコ その2:可愛い雑貨が盛りだくさん!!

モロッコといえば、この伝統スリッパ。日本でも大人気のバブーシュ!いろいろなデザインがお店によって様々なので、自分好みの柄を探すのはまるで宝探しをしているみたい!お気に入りの1足、いや2足!!軽いのでお土産にも最適!

バブーシュ

モロッコといえば、この伝統スリッパ。日本でも大人気のバブーシュ!いろいろなデザインがお店によって様々なので、自分好みの柄を探すのはまるで宝探しをしているみたい!お気に入りの1足、いや2足!!軽いのでお土産にも最適!

ベルベル人伝統の手法で作られた絨毯は、デザインも豊富で我が家のリビングに一生モノをぜひ買いたくなる!なかにはスリーテクニックという高度な技術が組み込まれたものも。お土産には少々大きいですが、慣れた手つきでコンパクトに梱包してくれるのもありがたい!値段交渉も頑張ってみて!!

モロッコ絨毯

ベルベル人伝統の手法で作られた絨毯は、デザインも豊富で我が家のリビングに一生モノをぜひ買いたくなる!なかにはスリーテクニックという高度な技術が組み込まれたものも。お土産には少々大きいですが、慣れた手つきでコンパクトに梱包してくれるのもありがたい!値段交渉も頑張ってみて!!

モロッコ料理には欠かせないタジン鍋。油を使わずに肉も魚も野菜もぜ〜んぶこれ一つでホクホクに!旅の終わり頃には持って帰ってモロッコの味を再現したくなるはず!

タジン鍋

モロッコ料理には欠かせないタジン鍋。油を使わずに肉も魚も野菜もぜ〜んぶこれ一つでホクホクに!旅の終わり頃には持って帰ってモロッコの味を再現したくなるはず!

どこに行っても最初に出されるのがミントティー!お茶っぱと一緒にぜひ欲しくなるのがこのちょっとした膨らみがかわいいモロッカングラス。軽くて値段も手頃なので持ち帰りにも便利!

モロッカングラス

どこに行っても最初に出されるのがミントティー!お茶っぱと一緒にぜひ欲しくなるのがこのちょっとした膨らみがかわいいモロッカングラス。軽くて値段も手頃なので持ち帰りにも便利!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

aki514初めて旅をしたインドの衝撃が人生を変えた。バックパッカーをしながら多くの人に出会い、旅と写真の魅力にのめり込む。現在は学位取得のためドイツに留学中。人間が作り出した文化の違いをより多くの人に伝えたい。

このまとめ記事に関して報告する