• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
ドイツ統一の象徴・ブランデンブルク門からドイツの歴史を感じよう!

ベルリンの象徴的存在のブランデンブルク門。関税門として建設され、ベルリン分断・統一の歴史を見守ってきた重要な建造物です。観光スポットとして人気の高いブランデンブルク門の歴史と見どころを紹介します。

このまとめ記事の目次

躍動感にあふれた都市・ベルリン

ドイツ東部に位置し、ポーランドとの国境から西側に60km離れた場所にあるベルリン。

出典:www.mumcure.com

テクノミュージックの聖地として、クラブミュージックシーンなどのアンダーグランドな文化が注目されるようになりました。2000年代以降は、ヨーロッパからの移民が増え、近年では多くの起業家たちがベルリンに移住しています。

出典:airlineticket1.com
ベルリンと聞くとアーティスティックな街のイメージが強いと思います。実際に、若者がとても多く、ハイセンスなショップや美術館も多数あります。

ベルリンのシンボル・ブランデンブルク門

ブランデンブルク門はベルリン分断と統一の象徴

ブランデンブルク門の歴史は1957年に始まります。ベルリンの勢力が強まり、市街地全体を大きく取り囲むようにベルリン税関壁が設けられました。ベルリンと外をつなぐ街道の入り口には関税と門が14つ設置され、そのうちの1つがブランデンブルク門でした。

出典:www.germanyhotelsdb.com

ベルリンの都市門として唯一現存するブランデンブルク門は、かつては何よりも東西ベルリンの分断の象徴でしたが、壁の崩壊以降、ドイツ統一のシンボルとなりました。

出典:www.visitberlin.de

奪われた勝利の女神「ヴィクトリア像」

高さ26m、幅 65.5m、 奥行き11mの大きな門は、古代ギリシャ風の古典主義様式で建設されており12の柱から構成されています。門の上にある「4頭馬車と勝利の女神ヴィクトリアの像」がとりわけ印象的です。

出典:www.veltra.com

1806年に、プロイセンがナポレオンとの戦いに敗れた際は、門上の「4頭馬車と勝利の女神ヴィクトリアの像」は、ナポレオンにより持ち帰られました。1814年には、プロイセンがナポレオンに勝利し、像は再び、ベルリンに戻ってきました。

出典:www.veltra.com
ブランデンブルク門が東西ベルリン分断の象徴であったのは、さほど昔の話ではありません。ドイツの歴史を知った上で、観光地を巡ることによりとても感慨深い旅になるでしょう。

ブランデンブルク門につながる大通り「ウンター・デン・リンデン」

ブランデンブルク門から東に幅60m、1.5㎞を一直線に伸びる大通りがウンター・デン・リンデン。中央の遊歩道の両側に菩提樹が植えられたためにこの名前がついたとおり、夏の菩提樹の花、秋の黄色い葉と美しい通りになります。

出典:www.tripadvisor.jp

アメリカなど主要国の大使館がすきまなく林立し、緊張感さえ漂っていますが、観光地として、お土産物屋も軒を連ねています。「アンペルマン」や「ニベア」にも寄り道したくなります。

出典:www.tripadvisor.jp
ウンター・デン・リンデンは森鴎外の「舞姫」にも登場する大通りです。博物館などの観光スポットも多く、通り沿いにはショップやカフェもあります。

ブランデンブルク門周辺の見どころ①ドイツ連邦議会議事堂

ドイツの国会が置かれているところです。19世紀後半のドイツ帝国時代に建設された歴史的な国会議事堂の建物を前面に、モダンで斬新なデザインのドームが上部に映える、とても印象的な建物です。

出典:www.veltra.com

議事堂は歴史を感じさせる古い建物で、重厚な存在感を示しています。ドイツ国民のために、という文字が大きく刻み込まれています。

出典:www.tripadvisor.jp

事前予約無しでは入れません。入口でパスポートを見せ、荷物のセキュリティーチェックを受けたら、ドームに着くまで数十人の固まりで動きます。ドームは屋上にあるため寒かったですがとても綺麗で見応えがありました。

出典:www.tripadvisor.jp
ドイツ連邦議会議事堂
【所在地】Platz der Republik 1,Tiergarten, 11011 Berlin, Germany
【問い合わせ先】+49-30-227-0
【開館時間】8:00-24:00(入場は22:00まで)
【アクセス】100番バスReichstag-Bundestag下車すぐ。ブランデンブルク門から徒歩5分
ドイツ連邦議会議事堂のホームページより事前予約ができます。ガラス張りの中央ドームは、東西ドイツ統一後の大改装の後、見学可能となりました。ダイナミックな造りは圧巻です。

ブランデンブルク門周辺の見どころ②ベルリン大聖堂

1905年に当時プロイセンを支配していたホーエンツォレルン家の記念教会として建てられました。ルネサンスとバロックを融合した様式の教会です。王家ゆかりの教会ということもあり、歴代のプロイセン王がここに眠っています。

出典:www.tour.ne.jp

入って左上に見えるパイプオルガンは圧巻で大きくて、コンサートが開かれる時期はこのパイプオルガンの音色が聞けるようです。中央には高さ114mのドームがあり、内装がすばらしかったです。

出典:www.tripadvisor.jp
270段の階段を上り天井ドームに入場すると、聖書の「山上の説教」の祝福が描かれているのを見ることができます。
ベルリン大聖堂
【所在地】Am Lustgarten, 10178 Berlin, Germany
【開館時間】月~土9:00-20:00、日・祝12:00-20:00(4月~9月は20:00まで)
【入館料金】一般€7、学生€5
【アクセス】100番/200番バスLustgarten下車すぐ。ブランデンブルク門から徒歩15分

食べておきたいベルリン名物・アイスバイン

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する