• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
買い物から食事まで堪能!とれとれ市場 南紀白浜の楽しみ方5選

和歌山にあるとれとれ市場南紀白浜の楽しみ方をご紹介します。近海で獲れた新鮮な海の幸をはじめ、和歌山の名産品がたくさん集まる場所なので、お土産選びにも最適ですよ。色々な楽しみ方を参考にしてとれとれ市場南紀白浜を満喫してください。

このまとめ記事の目次

とれとれ市場南紀白浜とは

とれとれ市場南紀白浜は、漁業組合が運営する海鮮を扱う施設です。マグロの解体ショーが行われていたり、買い物ができたり、食事ができたりと、活気溢れるスポットで大人気となっていますよ。

楽しみ方その①~迫力満点!マグロの解体ショー~

解体ショーのビッグスケール、ついつい見てしまいますね。

出典:www.tripadvisor.jp
とれとれ市場南紀白浜の名物ともなっているマグロの解体ショー。迫力のある解体ショーを見ながら、ついつい色んな部位を買ってしまいますよ!

楽しみ方②~新鮮な海の幸をその場で堪能~

海鮮丼、海鮮焼まいうー♪(´ε` )

出典:retty.me
新鮮な海の幸が並ぶとれとれ市場南紀白浜。もちろん購入もできますが、その場でおいしくいただくこともできます。同じフロア内にあるとれとれ横丁ではフードコートタイプになっていて賑やかに色々なお料理をいただくことができますよ。

楽しみ方その③~海の幸の豪華バーベーキュー~

新鮮な魚介類が楽しめて良かったです。

出典:www.tripadvisor.jp
海鮮バーベキューを楽しめるスペースもあります。賑やかに楽しめるのでおすすめですよ!野菜やお肉を変えるコーナーもあるので豪華なバーベキューを堪能してください。

楽しみ方その④~海の幸や和歌山の名産品が揃う!お土産にも最適な買い物~

お土産を買うにも抜群の場所です。お土産は海産物から有名な梅酒まで、幅広く揃っています☆

出典:www.jalan.net

近海で獲れた海産物を中心に紀州の梅やミカンの加工品等、お土産には欠かせない品物がところ狭しと並べられていて選ぶのに迷ってしまいますね♪

出典:www.tripadvisor.jp
とれとれ市場南紀白浜では、海の幸だけでなく和歌山の名産品なども購入できます。お土産選びにもぴったりなのでおすすめですよ。

とれとれ市場南紀白浜 基本情報

【住所】和歌山県西牟婁郡 白浜町堅田2521番地
【電話番号】0739-42-1010
【アクセス】JR白浜駅から車で5分
【営業時間】8:30~18:30
【定休日】不定

楽しみ方その⑤~とれとれの湯で温泉を満喫~

南紀白浜への旅の最後に利用しましたが、とても充実した施設でリラックスできました。岩盤浴も数種類あり、マッサージも上手でした。あかすりやエステもありました。

出典:www.tripadvisor.jp

1人で行っても家族と行っても大満足!1日の疲れを癒すのに最適なお店です!お店入り口から駐車場も広く取っているので初めての方でも安心です!

出典:www.homemate-research-hot-spring.com
とれとれ市場南紀白浜のすぐ近くにある温泉施設です。日帰り温泉が楽しめるスーパー銭湯のようなスタイルで、とれとれ市場での食事や買い物の後に利用することで更に充実した時間を過ごせるのではないでしょうか。

基本情報

【住所】和歌山県西牟婁郡 白浜町堅田2508
【電話番号】0739-42-1126
【営業時間】9:00~23:00
【定休日】年中無休
【入浴料】大人700円 小人350円

いかがでしたか?

とれとれ市場南紀白浜では、海産物を購入するだけでなく、その場で食べられたり、解体ショーを見ることができたりとバラエティ豊かに楽しむことができます。様々な楽しみ方があるので是非ファミリーやグループで訪れてみてくださいね!

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する