• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
6時間で10ヶ所まわれる!【ベルリン観光】おすすめルート!

1日でベルリン主要どころをまわれてしまうプランを公開します!

このまとめ記事の目次

仕事をしていると、なかなか長期の休みって取りづらいもの。
ベルリンだけの観光ならゆっくり過ごすことが出来ますが、他の場所にも行くのであれば効率的にまわりたいですよね。
そこで、1日でベルリン主要どころをまわれてしまうプランを公開します!

今回の出発地点はAlexanderplatz(アレクサンダー プラッツ)駅です。

1.「ハウス・シュヴァルツェンベルク」「ハッケシャー・ホーフ」

Photo by Nuuu
8つの中庭からなる「ハッケシャー・ホーフ」はベルリンで有名な観光スポットですね。
今回はそのお隣にある「ハウス・シュヴァルツェンベルク」をご紹介します。
実はここ、あまり紹介されていません。
入り口を入ると、もうそこはアート全開。
今は文化財に指定されています。

中庭にはグラフィティやアートがあふれ、ボロボロの建物にはオルタナティブなギャラリーや映画館、ナチス支配下の様子を伝える博物館などが入居。アーティストたちの居場所であり発表の場となっているこの場所は、ベルリンのサブカルチャーの発信地。と同時に、人類の負の歴史と向き合う場所でもあります。ある意味、お隣のハッケシャー・ホーフよりもベルリンらしい場所かもしれません。

出典:allabout.co.jp
住所:Rosenthaler Str. 39, 10178 Berlin-Mitte
【Alexanderplatz駅からの行き方】
電車:S5 もしくは S7
Hackesher Markt 駅から徒歩2分

2.博物館島(ムゼウムスインゼル)・ベルリン大聖堂

ここは、5つの博物館・美術館が集まっていることから「博物館島」と呼ばれるようになりましたが、ベルリン大聖堂もこの中にあります。
近くで見ると圧巻です。
Photo by Nuuu
住所:Am Lustgarten, 10178 Berlin
【ハッケシャー・ホーフからの行き方】
徒歩15分程度で行くことが出来ます。

3.国会議事堂

Photo by Nuuu
ここではドイツの歴史を感じることが出来ます。
建物の中にも入れますが、オンライン予約が必須です。
当日はパスポートも必要なのでお忘れなく!
ガラスドームからベルリンの街を一望することが出来ます。
時間に余裕がない場合、外から眺めるだけでも十分に行く価値あり。
住所:Platz der Republik 1, 11011 Berlin
【ベルリン大聖堂からの行き方】
バス:100番
ベルリン大聖堂横から出ています。「Reichstag」で下車。

4.ブランデンブルク門

Photo by Nuuu
ベルリンのシンボルと言われている門。
いつも観光客で溢れています。

ベルリンの都市門として唯一現存するブランデンブルク門は、かつては何よりも東西ベルリンの分断の象徴でしたが、壁の崩壊以降、ドイツ統一のシンボルとなりました。更にこの砂岩でできた建造物は、ドイツ古典主義の最も美しい一例に数えられています。

出典:www.visitberlin.de
住所:Pariser Platz, 10117 Berlin
【国会議事堂からの行き方】
徒歩で10分程度です。

5.虐殺されたヨーロッパのユダヤ人のための記念碑

Photo by Nuuu
こちらはホロコースト(第二次世界対戦中ドイツによるユダヤ人などの大虐殺のこと)で亡くなったユダヤ人のための記念碑です。

地下にはホロコーストに関する情報センターがあり、イスラエルの記念館ヤド・ヴァシェムが提供したホロコースト犠牲者の氏名や資料などが展示されている。この場所は、プロイセン王国からドイツ帝国を経てナチス・ドイツに至るまでの時期には政府高官の官邸や官庁が立ち並んでおり、ベルリン市街戦で破壊された後は廃墟が残り、1960年代にはベルリンの壁建設によって廃墟が撤去され広大な無人地帯となっていた。

出典:ja.wikipedia.org

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する