• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
少し疲れたあなたに!間近でマイナスイオンを浴びる日本全国の“裏見の滝”7選

「最近ちょっと疲れたな、リフレッシュしたいな」というあなた、マイナスイオンを浴びに行きませんか?裏見の滝ではマイナスイオンを間近で浴びることができるため、リフレッシュできること間違いなしです。今回は日本国内で滝の裏側に回れる滝を7つ紹介します。

このまとめ記事の目次

①鍋ヶ滝(熊本県)

Photo by saitos
「鍋ヶ滝」は熊本県にある落差9メートル、幅20メートルの滝です。裏見の滝といったら鍋ヶ滝というぐらい有名で、「おーいお茶」「生茶」のCMロケ地で有名になりました。水のカーテンのような光景は思わずうっとりしてしまう絶景です。また、パワースポットとしても知られています。
ゴールデンウイーク中は地元有志によるライトアップが行われます。様々な色に照らされた滝は昼間とは全く異なる幻想的な姿を見せ、おもわず息を飲んでしまうほどの美しさです。

詳細情報

  • 熊本県小国町小国町黒渕
  • 0967-46-4440

②慈恩の滝(大分県)

Photo by Yoichi Ushio
「慈恩の滝」は大分県にある上段20メートル、下段10メートルの滝です。滝を”時計回り”で歩くと幸運になれるなどというウワサもあり、パワースポットとしても知られています。反時計回りに回ると...その反対の運勢になってしまうかも?常に水量が多く滝から流れ落ちる水は迫力があります。
慈恩の滝は圧倒的な水量を誇るので、滝の裏に回るとマイナスイオンと水しぶきが体中に降り注ぎます。したがってあまり綺麗な格好ではなく濡れてもいい格好で滝の裏に回ることをおすすめします。

詳細情報

  • 大分県日田市天瀬町赤岩

③月待の滝(茨城県)

「月待の滝」は茨城県にある落差15メートル、幅10メートルの滝です。全国に数ある裏見の滝の中でも、最も気軽に行きやすいとされているのが月待の滝なんです。「くぐり滝」「裏見の滝」という異名を持っています。
この滝はテレビドラマ「ガラスの仮面」の舞台になったことで有名になりました。普段は二筋ですが、水量が増えると三筋になります。運が良ければ滝の水と太陽光で作り出された虹を拝むことが出来ます。

詳細情報

  • 茨城県川山

④雷滝(長野県)

「雷滝」は長野県にある高さ30メートル、幅5メートルの滝です。水量が非常に多く、流れ落ちる滝が雷鳴のような轟音を立てることから雷滝と呼ばれているのだそうです。秋になると紅葉が綺麗な名所であるため県内外から多くの人が訪れます。
Photo by Akira Sato
雷滝の裏側にはしっかり整備された遊歩道があるため、誰でも簡単に滝を裏側から見ることができます。四季によって様々な表情をみせてくれますが、冬季は危険なため閉鎖されています。

詳細情報

  • 長野県上高井郡高山村奥山田

⑤岩井滝(岡山県)

「岩井滝」は岡山県にある高さは約10メートル、幅6メートルの滝です。少し小ぶりな滝ながらも、流れる水は日本名水百選のひとつにも選ばれるほどきれいなんです。滝の裏側にあたる岩屋の奥には不動明王が祀られています。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

Narikintonすーいすい水星人

このまとめ記事に関して報告する