• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
実は奥が深い!太宰府天満宮の楽しみ方5選!

太宰府天満宮、耳にしたことはあるかと思います。受験の神様と有名で、受験生がお参りに行くことで有名です。さらに、外国人観光客もたくさん訪れます。この太宰府天満宮は、ただの神社とお考えの方もいらっしゃるかも。見方によって、楽しみ方もいっぱいあります。たくさんある楽しみ方から、5つをお伝えいたします。

このまとめ記事の目次

1.わくわくの参道!お店がいっぱい♪

太宰府天満宮は、菅原道真すがわらのみちざね公の御墓所ごぼしょの上にご社殿を造営し、その御神霊おみたまを永久にお祀りしている神社です。 「学問・至誠しせい・厄除けの神様」として、日本全国はもとより広く世のご崇敬を集め、年間に約700万人の参拝者が訪れています。

出典:www.dazaifutenmangu.or.jp

表参道から境内の奥まで、いたるところに茶屋があり、その多くは品目のうちに梅ヶ枝餅を用意している。そうした茶屋のひとつ「お石茶屋」について、吉井勇は次のような歌を詠んだ。
太宰府の お石の茶屋に 餅くへば 旅の愁ひも いつか忘れむ

出典:ja.wikipedia.org
まずは、太宰府駅を降りて、すぐに、参道があります。
たくさんのお店が立ち並んでいて、大勢の人で賑わいます。

ご当地もの、観光のお土産に欠かせない、グッズ、お菓子、食べ物。
どれにしようか、迷っていると、お参りに来た事を忘れてしまいそうですね。

2.ここに来たらこれを食べなくては!梅が枝餅♪

太宰府天満宮での御神酒は梅酒である。 また参道には梅ヶ枝餅と呼ばれる餡入りの焼き餅を販売している店が並んでおり、製作している風景も楽しめる。

出典:ja.wikipedia.org

小豆餡を薄い餅の生地でくるみ、梅の刻印が入った鉄板で焼く焼餅である。出来上がると中心に軽く梅の刻印が入るようになっている。その名称は太宰府天満宮の祭神である菅原道真の逸話に由来しており、梅の味や香りがする訳ではない。

出典:ja.wikipedia.org
太宰府天満宮での、グルメといえば、「梅が枝餅」です。
あんこがたっぷりと入った、柔らかいお餅を焼きたてで食べるのは格別です。

どこのお店がおいしいのかしらと、食べ比べるのもいいですね。
食べながら参道巡りは楽しみ方のひとつです。

3.有名な橋?心字池の太鼓橋、カップルがいっしょに渡ると別れてしまう!

漢字の「心」の字を象った池に掛かる御神橋三橋は、手前から過去・現在・未来を表し、三世一念の仏教思想を残した物と伝わります。

出典:www.dazaifu.org

この橋を渡ると心身ともに清められるとも謂われています。

出典:www.dazaifu.org
ユニークな楽しみ方のひとつです。
ただの中学生のうわさなのか、真意は定かではありません。
カップルがいっしょにこの赤い橋を渡ると別れるという、都市伝説的なうわさがあります。

うわさもありますが、よく見てみてください。
とても美しい構造で目を奪われますよ。

転ばずに渡ることができれば、願いが叶うという、ロマンティックなうわさもあります。
転ばずに渡ってくださいね。

4.そして、本堂かと思いきや、立派な艶やかな門!楼門

重層の入母屋造り、檜皮葺の二重門。全体は朱塗りされ、堂々たる風格にあふれた佇まいが見事です。慶長年間(1596~1615年)に石田三成が再興しましたが明治時代に焼失、1914年に再建されました。

出典:www.dazaifu.org

平成27年(2015年)には5人組の女性歌手である、ももいろクローバーZが本殿前に特設ステージを設けて歌唱奉納を行った。

出典:ja.wikipedia.org
神秘的な空間への入り口です。
思わず見惚れてしまいますね。

ここが本堂と思って、写真を撮っちゃう人も。
現実から離れ、幻想的な体感がはじまります。

圧倒される門構えに、まるで異空間にでも入り込んだのではと、思ってしまうほどです。

5.そして、本堂!幻想的で壮大な神聖なる場所!

初詣の際には九州はもとより日本全国から毎年200万人以上の参詣者がある。現在、京都の北野天満宮とともに全国天満宮の総本社とされ、また菅公の霊廟として篤く信仰されている。

出典:ja.wikipedia.org

本殿は五間社流造で屋根檜皮葺。正面に1間の唐破風造の向拝(こうはい)を設ける。また、左右側面には各1間でこれも唐破風造の車寄を付け、廻廊が前方の楼門まで廻らされている。

出典:ja.wikipedia.org
そして、本堂。
神秘的であなたを魅了します。

大勢の参拝客でとまどうかもしれませんが、しっかりと祈願しましょうね。

申し込みをすれば、神主さんによる祈祷が本堂内で行われます。
こちらも殺到していますが、旅の記念に、願いが叶うよう、申し込んではいかがでしょうか。

そして、お守りの数が選びきれないほど売られています。
あなたに合うお守りが見つかるといいですね。

合格祈願の鉛筆も売られています。
文字が書いているので、試験に持ち込めるかは、わかりませんが、持っておくとなんだかほっとしますよ。

絵馬も美しいものがあります。
願い事を丁寧に書いて奉納しましょう。

◆基本情報

▽太宰府天満宮
【所在地】福岡県太宰府市宰府4丁目7番1号
【アクセス】太宰府天満宮の最寄り駅は西鉄電車の太宰府駅
【周辺施設】九州国立博物館、だざいふ遊園地、二日市温泉、天拝山、武蔵寺

いかがでしたか?

訪れる人達を魅了する「大宰府天満宮」。
楽しみ方は人それぞれです。

お買い物に、グルメ、歴史的建造物、合格祈願など、様々な楽しみ方で満喫できます。

是非、行ったことないかたは一度いかがでしょうか?
また、一度、修学旅行で行ったけど、
堪能する時間がなかった方もゆったりと時間をとっていらしてください。

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する