• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
北海道旭川市の”神の住む場所”、旭川八景「神居古潭(かむいこたん)」とは?

北海道旭川市にある「神居古潭(かむいこたん)」と呼ばれる地区を知っていますか?アイヌの人々の聖地とされている土地で、手付かずの自然を楽しめる隠れたスポットです。この記事では、そんな「神居古潭」の魅力についてご紹介します。

被災エリアの情報掲載に関して

RETRIPでは、各域の観光産業をもりたてる一助となるべく、「被災エリア全域」を被災地として一括りにせず、観光やおでかけが可能な区域については、記事掲載を継続しております。ただ万一にも、営業不能となっているスポットを取り上げているような状況がありましたら、お問い合わせより是非、ご一報をお願いします。このたび諸災害で被害にあわれた皆さまに編集部・管理部一同、改めまして深くお見舞いを申し上げます。

このまとめ記事の目次

「神居古潭(かむいこたん)」とは?

神居古潭(かむいこたん)は北海道旭川市にある地区の名称であり、また同地区を流れる石狩川の急流を望む景勝地の名称。地名はアイヌ語のカムイコタン(神の住む場所)の音意訳である。

出典:ja.wikipedia.org

神居古潭は、アイヌにまつわる伝説に富んだところで上川盆地と石狩平野をつなぐ峡谷の景勝地。河原には奇岩怪石が連なり、変化に富んだ景観を見せてくれる。周囲には緑があふれ、紅葉シーズンには峡谷が色どり鮮やかになる。

出典:www.nihon-kankou.or.jp
「神居古潭(かむいこたん)」は北海道旭川市にある景勝地で、旭川八景に選定されています。昔からアイヌの人々の聖地とされており、神聖な場所とされていたそうです。今もアイヌにまつわる様々な逸話が残っている、神秘的なスポットです。
出典:www.youtube.com

神の住む 場所 神居古潭 - YouTube

「神居古潭」の美しい景観

石狩川が上川盆地から石狩平野に流れ出る境に位置する峡谷。1億年以上経過したという緑泥片岩の地層を流れる川の景観が美しい。川には吊り橋が架けられ、そこから眺められるが、通行は徒歩のみで車の進入はできない。

出典:www.rurubu.com

カムイコタンは、神の住む場所。その名にぴったりの、美しい景観が眺められます。緑一面に、綺麗な川。旭川観光の穴場スポットになっています。

出典:www.jalan.net
神居古潭の最大の魅力は、渓谷の美しい景観です。神の住む神聖な場所とされていたということもあり、手付かずの自然が作り出す景観は圧巻です。人の手で作ったものではない、荒々しい大自然の姿を体感することができます。

秋の紅葉

旭川の紅葉の名所と言えば神居古潭が真っ先に頭に浮かびます。鮮やかに色づいた紅葉の中、石狩川に掛かる吊り橋。真っ白な橋と紅葉のコントラストが素晴らしい景観となっています。

出典:ameblo.jp

紅葉とカムイコタンのつり橋をからめて撮ると、とても綺麗です。カメラが趣味の方にオススメの場所だと思います。秋晴れの日に訪れると、満足のいく写真が撮れると思います。

出典:www.jalan.net
季節ごとに違った姿を見せる神居古潭ですが、特に秋の紅葉シーズンはオススメです。旭川エリアで人気の紅葉鑑賞スポットの一つであり、紅葉で色づく神居古潭はまさに絶景です。

「神居古潭」でハイキング

旭川市神居古潭の岩山、神居岩の山頂へハイキングです。途中、右回りコースと左回りコースの分岐があり、往路を普段行かない右回りコースを選択していきましたがこのコース、完全に獣道です。

出典:jollyamadays.jugem.jp

登山道は程よく整備されていて快適なハイキング気分も味わえる。そして、神居岩へ到着。で、びっくり!す、すんごくでかい!まず目に入った北東面は傾斜も強く、5.12台のルートが続く。

出典:kanechin.exblog.jp
神居古潭にはハイキングコースがあり、「神居岩」という大きな岩を観ることができます。なかなか歩きごたえのあるコースになっているので、本格的に大自然の散策を楽しみたいのであれば、チャレンジする価値ありです。

「神居古潭」に残る”旧神居古潭駅舎”

この神居古潭駅は明治34年12月3日に神居古潭簡易停車場として設置されて明治36年5月15日に神居古潭駅となったそうです。この駅舎は明治43年に建設されたものだそうです。

出典:supra.blog.so-net.ne.jp

これだけのものがしっかり残っているのは、旭川市が博物館として管理しているからでしょうね。その一環として、SLも三重連で展示されていました。

出典:futures.at.webry.info
神居古潭には「旧神居古潭駅舎」と呼ばれる駅舎が残っています。紆余曲折があって廃駅となりましたが、明治期の貴重な駅舎建築であることから復元され、旭川市の指定文化財となっています。すぐ近くにはSLも保存・展示されており、ファンにはたまらないスポットです。

「神居古潭」のサイクリングロード

旧函館本線跡を利用したサイクリングロード。 石狩川に迫る山と川の間の河畔林を抜ける木々の中の道。全体的に山陰や木陰が多く涼しい半面、 一度路面がぬれると乾きにくい箇所もある。比較的風の影響を受けにくいコース。

出典:bikepath.web.fc2.com

神居古潭のサイクリングロードの醍醐味はやはり右の写真のような、緑に囲まれた道である。開けた道と、こういった緑のトンネルのような道が交互に楽しむことができる。

出典:cycling.ashika.jp
旭川では旧函館本線跡を利用したサイクリングロードが整備されており、旧神居古潭駅舎
は休憩所として開放されています。レンタサイクルで神居古潭を始めとする旭川の大自然を満喫する、というのもオススメです。

「神居古潭」のイベント 、”こたんまつり”

アイヌの人々の聖地であり数々の伝説が残される神秘の地 「神居古潭(かむいこたん)」で毎年秋分の日に行われています。景勝地である神居古潭の魅力や地域特産物のPR、アイヌ文化の伝承を目的とした 秋の旭川を代表する催しです。

出典:www.atca.jp

商店の店先では近隣でとれた産物を売っています。ゆでとうきびを買って食べてみましたが、めちゃうま×めちゃうま=激うまでした!寒暖の差がこんなに美味しいとうきびを作るのでしょうね。

出典:blog.goo.ne.jp
神居古潭では、毎年秋分の日に「こたんまつり」というイベントを開催しています。様々なアイヌ文化を体験できるイベントが実施され、地元特産物を味わうこともできます。紅葉鑑賞と合わせて、秋の旭川で体験しておきたいイベントです。
■基本情報(※平成27年開催時の情報)
【日時】平成27年9月23日(水・祝) 10:30~15:30
【場所】旭川市神居町神居古潭 旧駅舎周辺
【電話】0166-23-0090

「神居古潭」のアクセス情報

【住所】北海道旭川市神居町神居古潭
【電話】0166-25-7168 (旭川市観光課)
【交通アクセス】
 ・道央道深川ICから国道12号経由13km 15分
いかがでしたか?神居古潭はアイヌの伝承と手付かずの自然、鉄道の歴史を体験できる人気スポットです。旭川エリアで自然の神秘を体感したいのであれば、神居古潭がオススメです!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する