• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
列車はここまで豪華になれる!日本の凄すぎる特別列車ランキングTOP5

列車は単なる移動手段?いいえ、そんなことありません。乗ること自体が目的になる、素敵な列車が日本にはたくさんあるんです。豪華寝台列車から、足湯つき車両が魅力の鉄道まで。厳選した5つの列車を、勝手にランキング形式でご紹介します。

このまとめ記事の目次

【第5位】豪華寝台列車トワイライト・エクスプレス

レトロなデザインが魅力なのはもちろん、鉄道マニアのみならず、多くの旅好きが一度は乗ってみたいと熱望するトワイライトエクスプレス。
歴史、ラグジュアリー感、風格、どれをとっても天下一品です。

まるでホテルのバーラウンジ!4号車の「サロンデュノール」

高級ホテルにも引けをとらない内装。
こんな車両が存在するなんて知りませんでした。
披露宴会場と見紛う高級感。食事にも期待できそうですね。

食堂車「ダイナープレヤデス」これが列車の中だなんて…!

披露宴会場と見紛う高級感。食事にも期待できそうですね。

【悲報】そんなトワイライトエクスプレス、なんと、2015年3月12日で運転終了に・・・!

けれど、心配無用。
平成29年には『トワイライトエクスプレス瑞風』として、
完全リニューアル予定!その端正なルックスがこちら!
未来を感じさせるソリッドなデザインと、印象的なグリーンを継承したカラーリング。内装はまだ明かされていませんが、とんでもないことになっているのでしょう・・・。2017年6月からの営業開始が楽しみですね。今現在は乗れないということを加味して、第5位!

これが、2017年完全リニューアル後の「トワイライトエクスプレス瑞風」

未来を感じさせるソリッドなデザインと、印象的なグリーンを継承したカラーリング。
内装はまだ明かされていませんが、とんでもないことになっているのでしょう・・・。
2017年6月からの営業開始が楽しみですね。

今現在は乗れないということを加味して、第5位!

【4位】リアル銀河鉄道!?SL銀河

古き良き蒸気機関を彷彿とさせるルックスに、モダンなブルーのカラーリング。」これが「銀河鉄道」と呼ばれる列車です。その風格から、かなりの期待が持てます。
1号車には、列車では世界初となる「光学式プラネタリム」を搭載。オリジナルのプログラムが楽しめます。

なんと・・・車内にプラネタリウムが!まさに「銀河鉄道」という名前がピッタリ!

1号車には、列車では世界初となる「光学式プラネタリム」を搭載。
オリジナルのプログラムが楽しめます。

宮沢賢治の写真が、銀河鉄道の世界観をより引き立ててくれます。耳をすませば、ジョバンニ&カムパネルラの話し声が聞こえてくるかも…?

レトロな車内も大きな魅力。

宮沢賢治の写真が、銀河鉄道の世界観をより引き立ててくれます。
耳をすませば、ジョバンニ&カムパネルラの話し声が聞こえてくるかも…?

【第3位】レストラン鉄道「TOHOKU EMOTION」

青森と岩手を結ぶ八戸線(八戸〜久慈間)を走る
「東北エモーション」は、全席がレストラン空間。
車窓に広がる海岸線を横目に新しいグルメ体験を。

出典:www.jreast.co.jp

続いては、「全席がレストラン」というコンセプトの、レストラン鉄道。
シートのブルーとカトラリーの白が美しく清潔なコントラストを描き、背筋を伸ばして食事をしたくなります。

画像ではご紹介できませんでしたが、敷かれたレットカーペットの上を歩いて乗車します。こんな体験、人生で何度できるでしょうか。貴重な体験です。写真はシェフが手ずから料理を盛り付けている様子。期待が高まりますね。

乗車の際は、ドアのところにレッドカーペットが敷かれます。

画像ではご紹介できませんでしたが、敷かれたレットカーペットの上を歩いて乗車します。
こんな体験、人生で何度できるでしょうか。貴重な体験です。
写真はシェフが手ずから料理を盛り付けている様子。期待が高まりますね。

東北の美しい風景の中を走る、白い車体。乗って楽しむことはもちろん、外から眺めても素敵なんです。内装は温かみもありながら、清潔なキッチンを連想させるデザインで、どこか未来を感じさせながら、親しみやすい居心地のよさを感じさせます。

モダンなデザインとカラーリングも大きな魅力。風景との調和まで計算されています。

東北の美しい風景の中を走る、白い車体。乗って楽しむことはもちろん、外から眺めても素敵なんです。
内装は温かみもありながら、清潔なキッチンを連想させるデザインで、どこか未来を感じさせながら、親しみやすい居心地のよさを感じさせます。

車内でのライブクッキングもあり。移動手段という枠を軽々と飛び越える、これぞエンターテイメントといった列車体験です。

気になる料理ももちろん期待を裏切りません。

車内でのライブクッキングもあり。
移動手段という枠を軽々と飛び越える、これぞエンターテイメントといった列車体験です。

【第2位】足湯鉄道!とれいゆつばさ

長時間の移動で疲れた…。そんな悩みにおさらば。足湯鉄道のご紹介です。

スタイリッシュな外見の列車ですが、内装は畳が配されたモダン×和テイスト。
普通に乗るだけでも心が和みそうですが、やっぱり目玉は……

長時間移動につきものな足のむくみが、この足湯のおかげでまったく気になりません。旅を思いっきり楽しむということを考えても、この足湯は魅力的!また、女子旅にも、グループ旅行にもぴったりな対面式の座席。座席はピンクの桜色とカラーリングもかわいくて、テンションが上がりますね。

なんといっても、この足湯!車窓を楽しみながら足湯に浸かれるなんて最高すぎる!

長時間移動につきものな足のむくみが、この足湯のおかげでまったく気になりません。
旅を思いっきり楽しむということを考えても、この足湯は魅力的!

また、女子旅にも、グループ旅行にもぴったりな対面式の座席。
座席はピンクの桜色とカラーリングもかわいくて、テンションが上がりますね。

足湯に浸かり、おしゃべりを楽しみ、地酒・地ワインを嗜む。目的地到着を前に、こんなに癒されちゃっていいの…?癒しのトレイントリップが第2位です!

バーカウンターには並ぶ山形ワインや地酒が並びます。

足湯に浸かり、おしゃべりを楽しみ、地酒・地ワインを嗜む。
目的地到着を前に、こんなに癒されちゃっていいの…?

癒しのトレイントリップが第2位です!

【第1位】究極豪華!ななつ星in九州

重厚な外観は風格たっぷり。ゴールドづかいが高級感を演出しています。

艶っぽい質感に金のパーツ。
違いのわからない私でも一目でわかる、ラグジュアリーな雰囲気に圧倒されます。

これは本当に列車の中なのか…?細かな装飾の数々、車内を暖かく照らすライト、高級ソファと見紛う座席…。想像を絶する絢爛な車内です。内装に使用されているエッチングガラスに施されたのはAGCの硝子細工技術に裏打ちされた、細かなデザイン。ぜひ本物に触れてみたいと思わせる美しさです。

息を呑むほどの豪華絢爛な内装。

これは本当に列車の中なのか…?

細かな装飾の数々、車内を暖かく照らすライト、高級ソファと見紛う座席…。
想像を絶する絢爛な車内です。

内装に使用されているエッチングガラスに施されたのはAGCの硝子細工技術に裏打ちされた、細かなデザイン。
ぜひ本物に触れてみたいと思わせる美しさです。

3泊4日モデルコースは4種類用意されており、九州を満喫できそう。

九州一周の豪華を極めた旅。
絶対に忘れられない旅っていうのはこういうことなのかもしれません。

いかがでしたか?

今回は豪華列車についてお伝えしました。
何か気になるものはあったでしょうか?

どれも大人気のコースですので、なかなか予約も取れないようですが、いつかは一度体験してみたいものばかりでしたよね。
自分へのご褒美に、友達との旅行に、家族との記念に、恋人と一緒に、ぜひ豪華列車の旅を楽しんでみてくださいね♪

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する