• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
ここだけはハズせない!鳥取県の人気おすすめ観光スポットTOP20

日本3大影の薄い県に選ばれるほど、忘れられがちな鳥取県…。しかし、来てみれば自然と歴史に育まれた素敵なスポットが満載!今回はそんな鳥取県のおすすめスポットをどーんとご紹介!とても日本とは思えない名所もあり、家族とでもデートでも満喫して頂けること請け合いですよ。早速見ていきましょう。

このまとめ記事の目次

第20位 江島大橋

もう日本三大“影の薄い県”なんて言わせない!ここだけはハズせない「鳥取県」の人気おすすめ観光スポットランキング第20位は、「江島大橋」。CMでもおなじみのあのベタ踏み坂がこの「江島大橋(えしまおおはし)」。まるでCGで作ったような急勾配が話題になりましたが、いまでは全国区の知名度になり鳥取の新しい観光スポットにもなっています。一度は登ってみたい坂の一つですね!
  • 鳥取県境港市渡町字中小堀1903-1
  • 0859-42-3705

第19位 妖怪神社

もう日本三大“影の薄い県”なんて言わせない!ここだけはハズせない「鳥取県」の人気おすすめ観光スポットランキング第19位は、「妖怪神社」。水木しげるロードにある、その名も「妖怪神社」。ゲゲゲの鬼太郎の世界から飛び出してきたような世界観のある神社です。妖怪神社の目玉はなんといっても目玉おやじ。水の中にぷかぷか浮いている目玉おやじは必見です!
  • 鳥取県境港市大正町62-1
  • 0859470520

第18位 大山

もう日本三大“影の薄い県”なんて言わせない!ここだけはハズせない「鳥取県」の人気おすすめ観光スポットランキング第18位は、「大山」。写真をみると「え、これ富士山?」と思う方もいるかもしれませんが安心してください。これは富士山ではなく『大山(だいせん)』です。大山は標高1,729mの火山で中国地方で最高峰の山です。
形も富士山と似ており「東の富士山、西の大山」とも言われるほどで郷土富士などと呼ばれることも。古来より日本四名山にも数えられている山です。
  • 鳥取県西伯郡大山町大山
  • 0859-52-2502

第17位 白兎海岸

もう日本三大“影の薄い県”なんて言わせない!ここだけはハズせない「鳥取県」の人気おすすめ観光スポットランキング第17位は、「白兎海岸」。ここ、「白兎海岸(はくとかいがん)」も鳥取観光では外せません。日本最古の歴史書である「古事記」に残っている、「因幡の白兎」のラブストーリーは白兎海岸が発祥といわれています。日本最古のラブストーリーとも言われています。約1300年以上も前のラブストーリー発祥の地ということもあり、恋人の聖地としても人気の観光スポットです!
  • 鳥取県鳥取市白兎
  • 0857-59-0047

第16位 鳥取東照宮

もう日本三大“影の薄い県”なんて言わせない!ここだけはハズせない「鳥取県」の人気おすすめ観光スポットランキング第16位は、「鳥取東照宮」。元は樗谿神社(おおちだにじんじゃ)という名前で平成24年から名前が変わった「鳥取東照宮」。国の重要文化財にも登録されていて、境内は厳かな雰囲気です。さらに初夏の時期には境内に流れる樗谿川に棲息する源氏ボタル・平家ボタル・ヒメボタルの3種の蛍が光り輝き幻想的な世界をみることができます!
  • 鳥取県鳥取市上町87
  • 0857-22-3318

第15位 植田正治写真美術館

もう日本三大“影の薄い県”なんて言わせない!ここだけはハズせない「鳥取県」の人気おすすめ観光スポットランキング第15位は、「植田正治写真美術館」。ここ「植田正治写真美術館」は、世界的写真家、植田正治氏の作品を収蔵、展示するミュージアムで定番の観光スポットです。山陰の自然を愛し、写真をとり続けた彼ならではの、被写体をオブジェのように配置する独特のアングル技法が魅了します。
建物もスタイリッシュで、飽きることがありません。アート気分のデートなんかにもお勧めですよ。誰でも写真が簡単に撮れる今、彼の技法を真似てみるのも面白いと思います。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する