• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
仏教寺院と史跡のまち!ビエンチャンのおすすめ観光スポット15選

ラオスの首都、ビエンチャンのおすすめ観光スポットまとめです。歴史ある建造物があちこちにあるビエンチャンのおすすめ観光スポットをご紹介します!メコン川を臨むこの街の新しい魅力にあなたも引き寄せられるかも?

このまとめ記事の目次

ビエンチャンってどんなところ?

ビエンチャンは東南アジアにあるラオス人民民主共和国の首都である。人口は約70万人。仏教寺院や遺跡、仏塔等数々の文化財がある他、ラオスにおける政治の中心地にもなっている。

出典:freelifer.jp

メコン川の河口から上流の1584kmの左岸に位置し、タイとの国境をなすメコン川にのぞむ。 ヴィエンチャンとは白檀(ラオ語: ໄມ້ຈັນ)の都や月(ラオ語: ຈັນ)の都とする説がある。

出典:ja.wikipedia.org
中国やベトナムにカンボジア、タイとミャンマーにも囲まれた内陸国であるラオス。ビエンチャンは、その首都として政治的にも大きな力を持っている都市です。

熱帯モンスーンの気候により5月中旬から10月中旬の雨が多く降る雨季と、冷たく乾燥した風が吹く乾季、暑く乾燥した気候の暑季と1年に3回気候が変化するため、観光に訪れる時期には注意が必要です。

近くを流れるメコン川はタイとの国境となっていて、ラオス・キップというラオスの通貨のほかにタイの通貨であるバーツを利用することができます。現地の人々はラオス語とタイ語を主に用いていて、英語はあまり通じないようです。

ビエンチャンの見どころと言えば、やはり仏教寺院や史跡!フランス植民地時代の街並みが残るビエンチャンの観光に役立つおすすめスポットをご紹介していきましょう!

【1】Anousavary Patuxai(アヌサーワリー・パトゥーサイ)

ラオスのヴィエンチャンにある凱旋門。「アヌサーワリー」は「記念碑」、「パトゥーサイ」は「勝利の門」という意味である。

出典:ja.wikipedia.org

もともとは戦没者の慰霊碑として1960年から建設が始められ、新空港建設に使用されるはずだったセメントで建てられたものである。

出典:www.lao.jp
ビエンチャンの定番観光スポットとなっているのが、アヌサーワリー・パトゥーサイです。もともとフランスの植民地であったため、パリの街並みを参考にしてラーンサーン通りをシャンゼリゼ通りに見立て、エトワール凱旋門を彷彿とさせる建物として作られました。

アヌサーワリー・パトゥーサイは上まで登ってビエンチャン市内を見渡すことができるので、人気の観光客スポットとなっています。

基本情報

【住所】Lane Xang Ave, Vientiane
【料金】5000kip

【2】COPE Visitor Centre(コープ ビジターセンター)

ここはベトナム戦争中、ホーチミンルートに落とされたクラスター爆弾の現在まで続く被害の歴史がわかる所です。

出典:tokujiro.muragon.com

「COPE Visiter Center」は、なぜか「地球の歩き方」に一言も載っていない。だから、日本人観光客が行かないのではないかと思うのだが、行ってみるべき場所だと思う。知らなかった歴史的事実を知ることができる。

出典:ameblo.jp
実はラオスには地中に埋められた不発弾がまだまだ多く残っている国で、未だに多くの人が命を落としています。

ラオスやビエンチャンに起こった出来事や、ラオスの人々の暮らしを学ぶのに適した場所です。日本ではあまり知られていませんが、外国人観光客から人気を集めているおすすめの場所です。

基本情報

【住所】Boulevard Khouvieng | National Rehabilitation Centre, Vientiane, Laos
【電話番号】+856 (21) 218427
【営業時間】9:00〜18:00(不定休)

【3】Pha That Luang(タート・ルアン)

ラオスを代表する仏塔のひとつである。ラオスのシンボルであり、国章にもタート・ルアンが描かれている。

出典:ja.wikipedia.org

伝承では3世紀頃インドからの使いの一行がブッダの胸骨を納めるためにタート・ルアンを建立したと伝えられるが、定かではない。

出典:www.lao.jp
ラオスという国を象徴する代表的な建造物で、観光客も多く訪れるおすすめスポットです。

毎年11月に1週間にわたって開催されるタート・ルアン祭りでは、たくさんの屋台が立ち並び30万人にも及ぶ人で賑わいます。

基本情報

【住所】That Luang Road, Vientiane, Laos

【4】That Dam(タート ダム)

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する