• はてぶ
  • あとで
今年の夏は日本の自然を感じよう。日本国内の美しすぎる離島7選

みなさんはもう今年の夏休みの予定を決めましたか?もし決まっていないのなら、日本国内の離島を訪れてみることをおすすめします。美しい自然と海が調和した風景に、きっとあなたも感嘆の声をあげるはず。今回はおすすめの離島7つを紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめいたします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①神津島(東京都)

まず初めに紹介するのは、「神津島」です。こちらは東京都に属している離島であり、竹芝から船で約3時間45分ほどで着くことができます。この島は、なんといってもその美しい海で有名なんです。東京都とは思えないほど透き通った海で泳いでみたいですよね。
崖なども多い島の特徴を利用した「赤崎遊歩道」では、飛び込みができたり、シュノーケルグができたりと、楽しみがたくさん!美しい星空が見える展望台や温泉など、本当に内容満載で夏休みにぜひ遊びに行きたいスポットになっています。

詳細情報

②屋久島(鹿児島)

次に紹介させていただくのは、1993年に世界遺産に登録された鹿児島県の「屋久島」です。縄文杉で有名ですよね。屋久島には、今の日本で失われつつある美しい手付かずの自然や生き物が数多く生息しており、死ぬまでに一度は訪れてみたい島として有名です。
とにかく景色が美しく、そして夏も涼しく快適であるため、夏の旅行には断然おすすめです!神秘的な縄文杉や、ヤクシカなどのこの地でしか見ることができない動物に出会いに、一度訪れてみてはいかがですか?

詳細情報

③直島(香川県)

続いて紹介するのは、「直島」です。こちらの離島は香川県に属している、瀬戸内海にあるもの。アートの島として近年大変人気で、観光客も毎年増加しています。アートの島と呼ばれるわけは、島中に現代アートが飾られているからなんです。その中には有名なアーティストのものもあるんですよ。
アートを楽しめるのはもちろん、瀬戸内海で獲れた新鮮な海鮮を食べることができたり、昔ながらの民宿などで泊まることもでき、日々の忙しさを忘れさせてくれるような島なんです。今年は直島を含んだ瀬戸内海の島々で芸術祭も開催されているので、ぜひチェックしてみてください。

詳細情報

④青ヶ島(東京都)

続いてご紹介させていただくのは、東京都の「青ヶ島」です。東京都にこんなに美しい離島があるなんて、驚きですよね!しかしこちらの青ヶ島、「選ばれた者だけがたどり着ける」と揶揄されるほど上陸するのが難しいんです。交通手段は1日1便、しかも定員9名のヘリコプターか、就航率50パーセントほどの船のみなんです。
しかし、そのファンタジーの世界の島のような見た目から人気は急上昇していて、実際に訪れた人は島の自然の美しさに驚くそう。しかも星空が本当に美しいので、それを見るためだけに訪れる価値すらあります。ぜひ夏の旅行先にいかがですか?

詳細情報

⑤田代島(宮城県)

猫好きの方にぜひおすすめさせていただきたいのは、宮城県にある「田代島」です。別名「猫の島」とも呼ばれ、とにかく猫がたくさんいる島なんです!猫好きにはたまりませんね。しかもこちらの島の猫は島民にかわいがられているので、よく人になついています。気軽に触ることができちゃいますよ。
見渡す限り猫、猫、猫で、猫を探しに行かなくてもそこら中に猫がいます。どの猫も自由で幸せそうに暮らしていて、人間と動物のあるべき共生の姿を思い出させてくれますね。究極の癒し空間、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

詳細情報

宮城県石巻市田代浜仁斗田

3.31 1281

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

⑥伊良部島(沖縄)

人生で一度は訪れていただきたい島が、沖縄県にある「伊良部島」です。白い砂浜と真っ青な海のコントラスト、そして珊瑚礁の美しさ、すべて一生に一度は見たい光景です。この島に訪れると、透明度の高い海というのは本当に川の水のように透き通っていることを確認できます。
さらに、伊良部島にはとっても美しい「青の洞窟」が存在します。こちらのスキューバダイビングは本当におすすめで、ここが日本とは思えなくなるほど幻想的な経験ができますよ!夏にぴったりのスポットですね。

詳細情報

⑦与論島(鹿児島)

最後にご紹介させていただくのは、鹿児島県にある「与論島」です。この透明度の高いビーチ、まるでCGのように美しいですよね!与論島には60ものビーチが存在しており、そのどれもが真っ白な砂浜と透明な海で、まるで天国のような島なんです。
また、こちらの島には、2016年にベストビーチ賞を獲得した「百合ヶ浜」があるんです!この百合ヶ浜は干潮時にだけ姿を現す幻のビーチで、こちらで年齢の数だけ星砂を拾えば幸せになれるという言い伝えも残されています。これはぜひとも行ってみるしかないですね!

詳細情報

この夏は美しい離島に行こう!

いかがでしたか?日本国内の離島にも、自然や美しいビーチの残されている島はたくさんあるんです!ぜひ今年の夏休みは、離島を訪れてみてください。きっと想像以上の感動と最高の思い出が待っています。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

banana-mukuyoアルコールと春と秋と夜が好きなんです

このまとめ記事に関して報告する