• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
全ての女性の憧れ!時代を築いた王女たちが愛した思い出の景色7選

世界中の女性が憧れる王女様たち。今回は、時代の流れに翻弄されながらも、強く華やかに生きた抜いた彼女達を支えた絶景を紹介していきます。華やかな王女にぴったりな美しい絶景ばかりです。きっとあなたも足を運んでみたくなりますよ。

このまとめ記事の目次

① マリー・アントワネット / フランス

最初に紹介する王女様は、マリー・アントワネットです。18世紀のフッションスターとして知られたマリー・アントワネットは、1775年にウィーンでオーストリア大公の十一女として生まれました。ルイ16世と結婚し、家庭的で良き妻、良き母として親しまれていました。

ヴェルサイユ宮殿

マリー・アントワネットの思い出の場所は、ヴェルサイユ宮殿です。マリー・アントワネットとルイ16世は、ここで結婚式をあげ暮らしていました。結婚当時の2人は夫婦としての絆がなくマリー・アントワネットとしては大きな不安がありました。そこで彼女は、夫婦として接することをルイ16世に約束させたと言われています。

詳細情報

② エリーザベト・アマーリエ・オイゲーニエ・フォン・ヴィッテルスバッハ / オーストリア

2人目に紹介する王女様は、エリーザベト・アマーリエ・オイゲーニエ・フォン・ヴィッテルスバッハです。エリザベート王女は、1836年にミュンヘンで生まれオーストリア皇帝の妻になりました。当時のヨーロッパ宮廷一の美貌とスタイルを持っていたと言われているほど美人な王女さまです。

エルジェベート橋

王に嫁いだエリザベートでしたが、幼少期から自由な生活をしていた彼女にとって王宮での生活は窮屈なものでした。そんなエリザベートの癒しの場所がハンガリーでした。エリザベートはハンガリー語を身につけ、現地の独立運動も理解したことでハンガリーから愛されていました。ハンガリーでは、彼女が暗殺された年に作られた橋に彼女の名前がつけられました。現在の橋は改築されていますが、とっても魅力的なスポットです。

③ ヤドヴィガ / ポーランド

3人目に紹介する王女は、ヤドヴィガです。ヤドヴィガは1373年に、ポーランド王としてハンガリーで生まれました。女性として王の称号を持つのは、ヨーロッパでもとっても稀まケースでした。ヤドヴィガは王女としてふさわしい教育をうけ、ドイツ語・ラテン語など6カ国語を話すことができました。

クラクフ中央広場

ヴァヴェル城

ヤドヴィガが愛したのは、クラクフという街です。クラクフは、ポーランド南部にある街で、17世紀に遷都するまでポーランドの首都として栄えたヤドヴィガ最期の地です。市街地にはヴァヴェル城があり、ヤドヴィガはヴァヴェル大聖堂の北側にあった黒い大きな十字架を大変好み、祈っていたといわれている。

詳細情報

  • Wawel 5, 31-001 Kraków, Poland
  • (012)4225155

④ ヴィクトリア / イギリス

4人目に紹介する王女は、イギリスのヴィクトリア女王です。1819年にイギリスで生まれたヴィクトリア女王は、初代インドの女帝として知られ、世界各地を植民地とすることを進め、その政治はヴィクトリア朝とも呼ばれた大英帝国を代表する人物です。

バルモラル城

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する