• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
味なら絶対に間違いない!大阪で本当においしい餃子オススメ7選

今回は大阪で絶対にはずさない餃子屋さんをご紹介します。勝手に焼き始めてしまうお店や、シャンパンと一緒に餃子を出してくれるお店など大阪らしい個性的なお店がたくさんありました!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどで事前確認することをおすすめします)

このまとめ記事の目次

①丸正餃子店 本店《住道駅》

丸正餃子店 本店 (マルショウギョウザテン)

こちらはなんと25時まで開店している餃子屋さんです。一日中お客さんがひっきりなしにやってきては、みなさん餃子を食べていかれます。中にはお持ち帰りをするお客さんもいて、多くに人から愛されている餃子屋さんです。大阪でもかなり有名なお店です。

丸正餃子店 本店

餡にたっぷり使われた野菜の甘みを噛みしめるごとに味わうことができます。いくつでも食べれてしまう軽さと食べてて飽きの来ない餃子です。餡を包む皮は薄皮で、パリッとした食感を楽しめます。程よくショウガが効いているこの餃子は最高のビールのあてです。

詳細情報

【住所】大阪府大東市三住町1-35
【営業時間】16:00~翌1:00
【定休日】水曜日
  • 大阪府大東市三住町1-35
  • 072-872-0776

②スタンドシャン食《北新地駅》

スタンドシャン食

続いてご紹介するお店は、なんと餃子とワインを一緒に出しているのです。「餃子といったらビールじゃないの?」そう思われた方も多いのではないのでしょうか?実際に私もそう思います。しかし意外や意外、餃子とワインは合うそうなんです。

スタンドシャン食

餡は、シャンパンと相性のいい豚肉とキャベツと玉ねぎというシンプルなものですが、この餃子をつけるソースにこだわりが。4種類ものソースに、トリュフオイルと塩をつけていただくという餃子なんです。多くの人が想像する普通の中華料理店の餃子とは一線を画すここの餃子は、ビールではなくシャンパンやワインに合う餃子です。

詳細情報

【住所】大阪府大阪市北区曽根崎新地1-5-9 谷安プレジールビル 1F
【営業時間】
[月~土] 17:00~25:30
[日・祝]16:00~22:30
【定休日】基本的に無休
  • 大阪府大阪市北区曽根崎新地1-5-9谷安プレジールビル1階
  • 0661472498

③餃子の店 もも《昭和町駅》

餃子の店 もも

夫婦で切り盛りしている餃子屋さんです。特徴はなんといっても席に座った瞬間、有無を言わさず女将さんが「餃子焼きますねー」と言うことですかね。注文の手間が省けます。個人で好みに合わせたタレを作れるのも魅力的。自分の一番好きな味のタレを作っていっぱい餃子を食べましょう。そのほかにも岩塩で食べるというのもなかなか通の食べ方。

餃子の店 もも

個々の餃子はなんとスダチがついてきます。ピリリと辛い餃子はそのまま食べるのもよし、添えられているスダチを絞ってさっぱり食べるのもよしです。もちろん酢醤油につけて食べるのも絶品です。

詳細情報

【住所】大阪府大阪市阿倍野区阪南町1-46-8
【営業時間】17:00~23:00
【定休日】水・木・日
  • 大阪府大阪市阿倍野区阪南町1-46-8
  • 0666228063

④11点《北新地駅》

11点

みなさん「11点」という店名の由来が気になるのではないでしょうか?大阪には「点天」というお土産餃子がありまして、そこを超えた味という意味合いを込めて「10+1=11(点)」となったそうです。では実際にそのお味の方はどうなんでしょうか?

11点

11点の看板メニューである焼き餃子は若干小ぶりですが、具材がぎっしり詰まっており、その具材を包む皮もパリッと香ばしきく焼かれています。小ぶりで美味しいということもあり、思わずお箸が進んでいまう餃子です。

詳細情報

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する