• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
ずぶ濡れ覚悟の大迫力!ザンビア・ジンバブエの絶景「ビクトリアの滝」とは

ナイアガラの滝、イグアスの滝と並んで「世界三大瀑布」に数えられる「ビクトリアの滝(ビクトリアフォールズ)」は、ザンビアとジンバブエの国境に位置した巨大な飛瀑です。今回はそんなビクトリアの滝の大迫力の絶景をご紹介します。

このまとめ記事の目次

世界三大瀑布の一つ、ビクトリアの滝

ナイアガラの滝、イグアスの滝と並んで「世界三大瀑布」に数えられる「ビクトリアの滝(ビクトリアフォールズ)」は、ザンビアとジンバブエの国境に位置する巨大な飛瀑です。その大迫力の姿と深い渓谷に守られた大自然は1989年に世界自然遺産に登録されました。
「ビクトリアの滝」とは、1855年に探検家デビッド・リビングストンが、母国イギリスの女王にちなんで「ビクトリア」と命名しました。その他にも古くから現地の言葉で「モシ・オ・トゥニャ(雷鳴轟く水煙)」とも呼ばれています。

レインコートは必須!

滝から落ちる水量は三大瀑布の中でも随一と言われており、雨季には噴煙と見紛うほどの水煙が垂直に800~1000mほども立ち上がります。落下する膨大な水が空気を巻き込み、滝壺付近では風速20mもの風が吹いています。
by kay
また、常に水煙が降り注ぐ周囲には熱帯雨林が形成されています。周辺地域は特異な生態系を成していますので、滝以外の周辺環境も魅力の一つ。

スリル満点の「デビルズプール」

ザンビア側から滝を見に行くコースに「デビルズプール」と呼ばれる場所があります。ここは、滝の端っこにできた天然のプールのような場所で「デビルズ(悪魔の)」という名の通り、すぐ目の前は切り立った崖と滝のスリル満点!
すぐに落ちるということはないようですが、かなりスリリングなので観光には必ずガイド同行のツアーに参加することをおすすめします。

乾季が始まった直後がベスト!

ビクトリアの滝は、一年を通して観光を楽しめますが、雨季と乾季では水量に大きな差があります。雨季のピークの時期は、水量が増え過ぎて立ち上がる水煙で滝が見えなくなる場合も。その一方で、乾季のピークの時期には水量が激減し迫力に欠けることもあります。そのため、4~6月の乾季が始まったあたりの頃がベストシーズンです。

まずはヨハネスブルグを目指して!

日本からビクトリアフォールズを目指すには、アジアかヨーロッパの都市で乗り継ぎ南アフリカのヨハネスブルグへ。ヨハネスブルグからも空路で、ジンバブエ側のビクトリアフォールズ空港もしくはザンビア側のリビングストン空港へ向かいます。どちらも空港から車で約20分ほどでビクトリアフォールズに到着します。

大自然・大迫力の絶景!

いかがでしたか?大迫力の巨大な飛瀑、ビクトリアの滝。訪れる際にはずぶ濡れになることを覚悟しておいてくださいね!

スポット情報

  • Mosi-o-tunya Road, Livingstone, ザンビア

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する