• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで

このまとめ記事の目次

⑤京町茶屋

江戸時代に時を知らせた時鐘楼の前に建つ、京町茶屋。佐渡奉行所・版画村・京町通りなど風情ある街並みを歩く、京町の街歩きが人気です。疲れたらここで一休み。海が見えるテラス席、窓際席のほか、大きなテーブル席、和室もあります。
人参2本をしぼっただけの砂糖も塩も加えないシンプルなジュースです。250円。京町茶屋の名物になっています。Photo by sadotabi

一番人気!人参ジュース

人参2本をしぼっただけの砂糖も塩も加えないシンプルなジュースです。250円。京町茶屋の名物になっています。

Photo by sadotabi

京町茶屋 店内

京町茶屋

所在地:新潟県佐渡市相川

⑥古道具とカフェ 山のねまりや

佐渡弁で座る、ゆっくりするという意味を持つねまるが店舗名につくねまりや。その名の通り、気持ちの良い空気が流れゆっくりしていたくなる素敵なカフェです。島内や北前船で集められた小道具や生活雑貨の販売や、自然食のランチ・コーヒーやチャイ、野草スイーツが楽しめます。
Photo by sadotabi

山のねまりや

Photo by sadotabi
Photo by sadotabi

山のねまりや

小道具とカフェ 山のねまりや
所在地:新潟県佐渡市平清水826-5
営業時間:11時~16時(LO15時30分)
営業日:金曜日・土曜日
  • 新潟県佐渡市秋津526-1
  • 0259232619

⑦プトー・アンディカティール

佐渡の羽茂エリアは温暖な気候で果物が多く栽培されている。プトー・アンディカティールも果樹園の中にあるカフェ。 建物の目の前には、歴史を物語る一里塚が残されている。女性主人のつくる果物いっぱいのケーキが人気。
ランチは、ビーフカレーやシーフードカレーなど。人気のスイーツは日替わりで用意されている。予約をしてゆっくり時間をとって訪れたいお店。Photo by sadotabi

予約して出かけよう。

ランチは、ビーフカレーやシーフードカレーなど。
人気のスイーツは日替わりで用意されている。予約をしてゆっくり時間をとって訪れたいお店。

江戸時代、相川から小木まで金を運んだ道沿いにある。今でいうキロポストである一里塚が目の前にあることから、フランス語で一里塚(プトー・アンディカティール)という名前をつけたのだそう。Photo by sadotabi

江戸時代、相川から小木まで金を運んだ道沿いにある。今でいうキロポストである一里塚が目の前にあることから、フランス語で一里塚(プトー・アンディカティール)という名前をつけたのだそう。

新潟県の情報誌、キャレルの2014年5月号 農家食堂。の特集で、プトー・アンディカティールのケーキが表紙を飾りました。Photo by sadotabi

新潟の情報誌の表紙を飾る、こちらのケーキ!

新潟県の情報誌、キャレルの2014年5月号 農家食堂。の特集で、プトー・アンディカティールのケーキが表紙を飾りました。

プトー・アンディカティール

所在地:新潟県佐渡市羽茂村山2186−79
問合せ:0259-88-1227
営業時間:11:00〜18:00
定休日:水・木曜日
  • 新潟県佐渡市羽茂村山2186-79
  • 0259881227

⑧えんやMY CAFE

真野湾を見渡す、のんびととした時間が流れるカフェ。目の前には、順徳上皇が着岸された“恋が浦”がある。豆乳や雑穀、佐渡産米粉など素材にこだわったカラダにも優しい料理やスイーツがある。家族連れにも。
えんやは、複合施設になっておりカラダとココロを癒す様々な取組がなされている。1階のカフェでは穏やかな海を眺めながら食事やお茶ができる。Photo by sadotabi

カラダとココロに優しい、ほっとステーション

えんやは、複合施設になっておりカラダとココロを癒す様々な取組がなされている。1階のカフェでは穏やかな海を眺めながら食事やお茶ができる。

昔、佐渡では味噌造りが盛んであった。この地、真野でも味噌づくりが行われており北前船で北海道まで佐渡の味噌が輸出されていた。現在は味噌づくりは行われていないが、当時を彷彿させるギザギザ山型屋根の建物が並ぶ一角で、カフェを営んでいる。Photo by sadotabi

史跡の町、真野。味噌蔵跡に佇む景色のよいカフェ

昔、佐渡では味噌造りが盛んであった。この地、真野でも味噌づくりが行われており北前船で北海道まで佐渡の味噌が輸出されていた。現在は味噌づくりは行われていないが、当時を彷彿させるギザギザ山型屋根の建物が並ぶ一角で、カフェを営んでいる。

えんやマイカフェ

所在地:新潟県佐渡市豊田50
問合せ:0259-55-2544
  • 新潟県佐渡市豊田50 えんや
  • 0259552544

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

sadotabi新潟佐渡の旅行情報を発信。ほぼ体験記。
■温泉入浴指導員/温泉ソムリエ
■うまさぎっしり新潟コンシェルジュ/調理師
■国内旅行業務取扱管理者
http://sado-tabi.blog.jp/

このまとめ記事に関して報告する