• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
美しい海と景色!ニューカレドニアの大人気の観光スポット15選!

大人気の観光地、ニューカレドニア。ニューカレドニアといえば、なんといっても美しい海です。そして、南国のフランスと呼ばれるヌメアの街並みはとても素敵なスポットがたくさんあり、パリの街を歩いているかのような気持ちになります。そんなニューカレドニアの定番大人気の観光スポットをまとめてご紹介します。

このまとめ記事の目次

ニューカレドニアとは

ニューカレドニアは、ニューカレドニア島とロワイヨテ諸島からなるフランスの海外領土です。ただのリゾート地ではなく、世界の四分の一のニッケルを有している島であり、資源大国です。

1946年、ニューカレドニアは植民地的な地位から、フランス海外領土として認められます。その結果、人種に関係なく住民は、本国と同等のフランス国籍を持つことになりました。

出典:www.newcaledonia.jp

美しい海のイメージが強いニューカレドニアですが、実は世界のニッケル資源4分の1を埋蔵するといわれる資源大国でもあります。
戦前、日本からも多くの人たちがニッケル採掘のためにニューカレドニアに移り住みました。

出典:www.newcaledonia.jp

ニューカレドニアへのアクセスと気候

日本からのアクセスはエアカラン(エア・カレドニア・インターナショナル航空)による直行便が便利です。日本⇔ニューカレドニア間は直行便でおよそ8時間半(約7,000km)の空の旅です。

出典:www.newcaledonia.jp
成田空港と関西国際空港からひとっ飛び!直行便で行けるので、アクセス抜群です!

ニューカレドニアは亜熱帯気候に属し、年間平均気温24℃前後で初夏のさわやかさが1年中続く、大変すごしやすいところです。

出典:www.newcaledonia.jp
ニューカレドニアは、日本の梅雨のような雨季はありません。中でも雨の少ない時期は、9月から11月までです。1年の気温の変化が比較的少なく一年を通じて温暖で過ごしやすく、観光するには最高です。

【1】ココティエ広場

ヌメアおよび南部州観光案内所もココティエ広場にあり、英・仏・日3ヵ国語のパンフレットやヌメアの情報誌「ピクニック」などが手に入ります。ぜひ、一度訪れてみましょう。

出典:www.newcaledonia.jp

広々とした公園で、みんなの休憩スペースという感じです。日陰のあるところに座ってのんびりしていました。ヌメア市街でお買い物をするのにも、ココティエ広場を基準に考えて行けば迷うことはありませんでした。

出典:www.tripadvisor.jp
ココティエ広場は、ヌメアの中心にあり、地元の人たちの憩いの場となっています。毎週木曜日の夜には、イベントが開催されます。地元の人たちがにぎわうお祭りで、出店とショーがメインです。開催時間は、17:00-20:00です。
ココティエ広場
【住所】Place Des Cocotiers, Noumea

【2】ニューカレドニア博物館

ニューカレドニアの歴史、おもにメラネシア系の人々の生活や文化、芸術作品等を展示。バヌアツやパプア・ニューギニアなど別の南太平洋諸国の民芸品も見られます

出典:www.newcaledonia.jp

魔よけとしても利用されていた木彫りの作品をはじめ、カヌーや生活用品、農業道具、アクセサリーなどを展示、保存している。週末は特別イベントが行われることもある。

出典:www.rurubu.com
メラネシア人の伝統文化や芸術に触れられる、ニューカレドニア博物館。メラネシアの世界を感じることが出来ます。ニューカレドニア以外のオセアニアの島国の物も沢山展示されていて、素晴らしいセンスの物やユニークなものまで幅広く、とても興味深いです。
ニューカレドニア博物館
【住所】45 avenue Marchel Foch, Quartier Latin, Noumea
【開館時間】9:00-11:30,12:15-16:30
【休業日】火曜日、祝日
【入場料】大人200CFP,学生(12才-17才)50CFP,子供(11才以下)無料

【3】F.O.Lの丘

エフオーエルと呼ばれる文化センターが高台にあり、ヌメア市街の絶景が広がる。右側にココティエ広場、左側にアンスバタ地区、目の前にはサン・ジョセフ大聖堂、さらにその奥にはモーゼル湾のヨットハーバーと、ヌメア市街が一望できる。

出典:www.jtb.co.jp

町を一望できます!ヌメアの中心街を一望でき、かなりキレイです!
協会の鐘の音も聞こえて幻想的でした。

出典:www.tripadvisor.jp
セント・ジョセフ大聖堂の裏側にある小高い所が、F.O.Lの丘です。ガイドブックなどで必ず載っている場所はここです!ヌメアの町を一望することができてオススメです。
F.O.Lの丘
【住所】Rue Pasteur Marcel Ariege

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する