• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
作った人は天才か?断崖絶壁にあるバリ島「ロックバー」が凄すぎる!

インドネシア・バリ島にインド洋の絶景を臨める凄いバーがあるって知ってました!? フォーブストラベルガイドの「眺めの良い世界のベストバー」ほか各国で数々の賞にも輝いた「アヤナ リゾート&スパ バリ」の「ロックバー」の知られざる魅力に迫ります!

このまとめ記事の目次

まるでテーマパーク!崖肌をつたうケーブルカーで海上に

フォーブストラベルガイド「眺めの良い世界のベストバー」
CNNトラベル「世界のベストビーチバー」
グレートワインニュース「ベストオーシャンサイドワインエクスペリエンス」

など数々の賞に輝いた「ロックバー」は、インドネシアにあるバリ島の人気リゾート「アヤナ リゾート&スパ バリ」内に所在します。
週末にはリゾートの駐車場から大渋滞。素晴らしいサンセットを眺めようと観光客だけではなくバリ島に住む人々も列を作ります。
垂直にせりたったゴツゴツの崖肌を特設のケーブルカーで降りると忽然と現われるそこは、岩に囲まれた自然景観の美しさと、現代的でミニマルなデザインとが印象的な、特別すぎる空間。100メートルにわたり続くコーラルリーフ上を荒々しく砕ける波の音や姿を「水の花火」と呼ぶ人もあるんだとか。
最上層のこのバーカウンターは宿泊者専用。垂涎の的になること間違いなしの特別席です(C)Maaya Ishimine

最上層のこのバーカウンターは宿泊者専用。垂涎の的になること間違いなしの特別席です
(C)Maaya Ishimine

インド洋から14メートルの海上の天然岩の上に作られたオープンエアのバーは日本のデザインスタジオSPIN・小市泰弘氏の手によるもの。太陽光の加減で時々刻々と色彩の変わるバーカウンターはガラス作家・鳥毛清喜氏がリサイクルガラスを何千層ものレイヤーにふき仕上げたものだそう。
(C)Maaya Ishimine

(C)Maaya Ishimine

もともとの地形を活かし複数階に分けて作られたスペースで、思い思いに過ごしながらサンセットの瞬間を待ちます。

とにかく感動的なサンセットタイム!240席が瞬く間に満席に

メインバーを中心に幾つものテラスが広がり、240席程度が用意されているにも関わらず、すぐに満席になってしまう人気ぶり幾つもの段差に細かくスペースが分かれているのは、なるべく環境破壊をせず、自然の美しさを残し、多くの人がわざわざでも来てくれる場所を作りたいというオーナーの意向を反映した結果なのだそう。

メインバーを中心に幾つものテラスが広がり、240席程度が用意されているにも関わらず、すぐに満席になってしまう人気ぶり

幾つもの段差に細かくスペースが分かれているのは、なるべく環境破壊をせず、自然の美しさを残し、多くの人がわざわざでも来てくれる場所を作りたいというオーナーの意向を反映した結果なのだそう。

言葉にできないくらい素晴らしい夕日をゆっくり飲みながら観ることが出来ます。

出典:www.tripadvisor.jp
頭上から流れるサウンドは岩が突き出したわずかなスペースに作られたDJブースから!波の音とスピーカーから流れる音楽とか交じり合い、絶妙な空気感を醸しています。

頭上から流れるサウンドは岩が突き出したわずかなスペースに作られたDJブースから!波の音とスピーカーから流れる音楽とか交じり合い、絶妙な空気感を醸しています。

いよいよ日の入り。はてしなく続く海面を沈む太陽が鮮やかな色に変えていきます。遠く見えるバリの伝統的な漁船までもが一幅の絵のよう。

いよいよ日の入り。はてしなく続く海面を沈む太陽が鮮やかな色に変えていきます。遠く見えるバリの伝統的な漁船までもが一幅の絵のよう。

(C)Maaya Ishimine

(C)Maaya Ishimine

会話も忘れ、写真撮影に夢中になっちゃうのも、わかりますよね!
もちろん日が沈んでからの時間も極上。満天の星空の下、DJのチョイスに耳を傾け、パートナーや友人と会話の興じる豊かな時間が流れていきます。

もちろん日が沈んでからの時間も極上。満天の星空の下、DJのチョイスに耳を傾け、パートナーや友人と会話の興じる豊かな時間が流れていきます。

名前に「ロック」を冠した絶品オリジナルドリンクの数々!

(C)Maaya Ishimine

(C)Maaya Ishimine

そんなロックバーのカクテルをデザインするのは国際的なバーコンサルタント、セバスチアン・ボンフォイ氏。選び抜いたリキュールに地元産のフルーツやハーブ、スパイスなどをブレンドしたトロピカル感たっぷりのドリンクは、どれもめちゃくちゃおいしい!

ワインやスピリッツのセレクションも充実しています。

夜景はキレイだし、カクテルを作る音も心地よく、店員さんもジョークを言ってくれたりしてとても楽しめました。

出典:www.tripadvisor.jp
メニューには「ロック(Rock)」の文字がたくさん!

メニューには「ロック(Rock)」の文字がたくさん!

ウォッカやグランマニエに柑橘系のジュース・コブミカンの葉などを合わせた「ロック・マイ・ワールド(Rock My World)」・絞り立てのオレンジやレモンにミントの葉やパッションフルーツのシロップを合わせた「ロッキート(Rockito)」など、名前に「ロック」を冠したカクテルの数々が素敵。
パイナップルなどリゾートが所有するオーガニック農場から収穫したものも使っているんだとか。
(C)Maaya Ishimine

(C)Maaya Ishimine

フードメニューも充実。写真のチキンは揚げたてにオリーブオイルと特製のミックススパイス、ライムを絞っていただきます。