• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
“今一番行きたい国”の気になる裏側!「キューバ」で見つけた10の真実

日本の旅人はもちろん、世界中の旅人から今注目を集めている島国「キューバ」。カリブ海の真珠と呼ばれているこの国には、まるでタイムスリップしたかのような懐かしさや、未だ開発されていない手づかずの自然が存在しています。しかしそれは“リアルなキューバ”のほんの一部に過ぎません。今回は先日キューバを訪れた筆者が見聞きして感じた、カリブ海の真珠の10の真実をお届けします。

このまとめ記事の目次

今、世界中の旅人を魅了している「キューバ」

美しきカリブ海に浮かぶ島国「キューバ」。世界でも稀な社会主義の国であり、街には未だにクラシックカーが走っているという、少々変わった国というイメージのある場所です。そんなユニークさや、まるで時が止まったままのような景色を求めて、世界中から多くの観光客が訪れている国でもあります。
そんな人気の観光大国は一方で、様々な黒歴史も持ち合わせています。例えばコロンブスがこの地を発見して以降18世紀までは、スペインの支配下に置かれており、現在の首都であるハバナは、アフリカ系の人々の貿易の港として栄えていたという歴史が。さらに記憶に新しいことと言えば、1961年にアメリカと国交を断絶したこと。2015年に国交正常化を果たしましたが、未だアメリカの経済制裁の名残もあり、経済は疲弊したままなのです。
今回はキューバを実際に旅した筆者が、この国で見たリアルな現状をご紹介。光と影が入り混じる美しき島国キューバには、こんなにもたくさんのカルチャーショックが存在していました。それでは、ご覧あれ。

【1】開発はほんの一部。ちょっと街を離れると大自然の宝庫

キューバというと、イメージするのはおそらくハバナの旧市街やそこに走るクラシックカー。古い街並みが見所な国でもありますよね。しかしそんな都会から1時間ほど車を走らせただけで、広大な土地と無数に生える木々が出迎えてくれます。観光客が見ているのは、キューバのほんの一部にすぎないんですね。
そして特筆すべきはキューバの海。カリブ海に浮かぶキューバにはいくつもの絶景ビーチが存在しているのです。写真はキューバで最も有名な「バラデロビーチ(Varadero Beach)」。周辺はリゾート地として開発されていますが、真っ青なビーチは昔のまま。広々とした空とキラキラと輝くカリブ海のブルーの景色は、本当に感動ものです。

【2】大半は気さく!だけど、写真を撮る時はチップを払う

キューバの観光スポットにいる現地人って、やたらおしゃれな服を着ていて絵になるんです。思わずカメラを向けてしまうほど素敵。だけど写真を撮ろうものなら、必ずチップを請求されます。キューバ以外でも撮影するのにチップを要求されたことは何度かありますが、この国のチップ要求度はちょっと異常です。
この写真も・・・
このワイルドなおばさんも・・・
みーんなチップを払いました!(一人当たりにつきおよそ1CUC)

ちなみにこの2人もそれぞれチップを。さすが観光客が落とすお金で国の経済を動かしているだけあり、現地人も観光客からお金を貰おうとする姿勢はある意味見事です。
一方でキューバの子供達は無償で写真を撮らせてくれました。無邪気な笑顔がとっても可愛いですよね。撮影後は「俺、イカしてる?」と言って写真チェックをする子供達も。とても癒されました。

【3】便座が・・・ない。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

arianaventiヴェンティー

このまとめ記事に関して報告する