• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
芸術を肌で感じたい。”シェイクスピア”の世界を体験できる6つの旅行先

世界最大のオンライン宿泊予約サイト Booking.com (ブッキング・ドットコム)が、史上最も著名な詩人/劇作家、ウィリアム・シェイクスピアの没後400年を記念して、「シェイクスピアの世界を体感できる人気の旅行先」をまとめました。その注目の6つの旅行先をご紹介します。

このまとめ記事の目次

みなさん”シェイクスピア”ってご存知ですか?

シェイクスピアといえば、イングランドの劇作家、詩人であり、イギリス・ルネサンス演劇を代表する人物として有名ですが、みなさんはご存知ですか?
作品には、四大悲劇「ハムレット」、「マクベス」、「オセロ」、「リア王」をはじめ、「ロミオとジュリエット」、「ヴェニスの商人」、「夏の夜の夢」、「ジュリアス・シーザー」など多くの傑作があります。

▽シェイクスピアを体験できる旅行先がこちら

《1》スコットランド(イギリス)

突然ですが、シェイクスピア作品の四大悲劇の中の「マクベス」には、実はモデルとなった人物が存在することをご存知ですか?そのモデルとは、11世紀のスコットランド王。彼は、自国スコットランドて、シェイクスピアが書いた悲劇の主人公同様、 殺人、 裏切り、 ドラマに満ちた人生を過ごしました。そんなことを知ったら、行きたくなる旅先ですよね。
本当にモデルがいたり、実際にあった話が含まれていなんてしらなかったですよね。現実味が増して、ますます行ってみたくなります。

《2》ヴェネツィア(イタリア)

シェイクスピアの戯曲のうち、13作品の一部またはすべてがイタリアを舞台にしていたことは有名ですよね。例えば、『ヴェニスの商人』と『オセロ』は傑作として有名です。両作品にリアルト市場やサン・マルコ広場が登場し、 地元の慣習などの細かい描写から、 シェイクスピアが一定期間をヴェネツィアで過ごした経験がある可能性は高いと言えます。
そんな彼の愛したヴェネツィアは、アドリア海に面した湿地の潟にある100以上の小島の上に築かれ、まさにシャイクスピアの作品の舞台そのものです。

《3》ヘルシンゲル(デンマーク)

シェイクスピア悲劇の中で最も愛され、 最も頻繁に上演されている作品のひとつ、 デンマーク王国を舞台にした『ハムレット』。 コペンハーゲンから北に1時間行くと、 『ハムレット』の舞台となったために「ハムレット城」と改名された、 ユネスコの世界遺産のクロンボー城があります。
劇中でクロンボー城はエルシノアと呼ばれており、 そのため現在エルシノアはヘルシンゲルという地域の英語名となっています。 毎年行われるシェイクスピア・フェスティバルの一環として、 1816年以来シェイクスピア作品がクロンボー城で上演され、 ローレンス・オリヴィエ、 リチャード・バートン、 ケネス・ブラナーなど、 世界トップクラスの俳優陣が多く出演してきました。

《4》ヴェローナ(イタリア)

「おお、 ロミオ、 ロミオ!あなたはどうしてロミオなの?」ジュリエット・キャピュレットはシェイクスピアの物語に過ぎないかもしれませんが、 美しきヴェローナにあるカペレッティ家の紋章を掲げた13世紀の家は想像ではありません。
「ジュリエットの家」として愛され、 ジュリエットに捧げられたさまざまな芸術品のコレクションを収める家を訪れ、 バルコニーに立って最高のラブシーンを再現する旅はいかがでしょうか。 多くのロマンチストが訪れるという、 恋愛運がアップすると噂のジュリエットの銅像に触れるのもいいでしょう。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

s_k可愛いもの大好き♡よく寝てよく食べよく遊ぶ、常にBE HAPPY!!!

このまとめ記事に関して報告する