• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
ナミビアへの旅行で絶対一度は行ってみたい!おすすめの都市や街7選

海外へ旅行するとなると気になるのがその国の観光地や都市です。特に、ナミビアへ旅行に行ったら一度は行ってみたいステキな都市や街おすすめの観光スポットがたくさんあります。その中でも今回はナミビアへの旅行の時にぜひ行きたくなるおすすめの都市や街やを7か所ご紹介します。

このまとめ記事の目次

① ウォルビスベイ/ナミビア

ナミビア共和国の沿岸中部に位置する港湾都市である。エロンゴ州に属し、大西洋に面する天然の良港を抱える。

出典:ja.wikipedia.org

もともとウォルビスベイがあるウォルビス湾は、1487年12月8日にバルトロメウ・ディアスが航海中に発見し「O Golfo de Santa Maria da Conceição」と名づけたものである。

出典:ja.wikipedia.org
最初に紹介するナミビアのおすすめ都市や街は、「ウォルビスベイ」です。ここは、ナミビアの港町として栄えています。港では世界のいろいろな国から船が来るので、貿易都市としても栄えています。大西洋に面する天然の良港をとしてナミビアではとても重要な都市となっています。観光もおすすめですよ。
◆地名:ウォルビスベイ
◆情報:1994年3月1日にナミビアに返還

② ツメブ/ナミビア

日本では見られない光景です。

日本では見られない光景です。

ツメブ鉱山では銅のほか、鉛、金、銀、砒素やゲルマニウムなど多数の鉱物が採掘される。

出典:ja.wikipedia.org

ツメブ最大の産業は鉱業である。ツメブ鉱山が存在するため、その採掘と精錬の拠点となっている。

出典:ja.wikipedia.org
次に紹介するナミビアのおすすめ都市や街は、「ツメブ」です。ここは、エトーシャ塩湖などの観光の拠点となっている都市です。エトーシャ塩湖は、とても幻想的な湖として世界的にも有名です。ナミビア切手の観光地なので、ナミビアへ旅行に行ったときは、エトーシャ塩湖がある爪部に行ってみましょう。
◆地名:ツメブ
◆情報:人口44,113人

③ スワコプムント/ナミビア

スワコプムントの街です。

1892年にドイツ領南西アフリカの主要港として建設された。

出典:ja.wikipedia.org

エロンゴ州の州都でもある。

出典:ja.wikipedia.org
ナミビアのおすすめ都市や街は、「スワコプムント」です。ここは、港が栄えている都市としてナミビア国内でも有名です。また、海があるので、ナミビアでは一番のビーチリゾート地です。夏になると、首都ウィントフックなどをはじめ国内からたくさんの人が多くの人が避暑に訪れます。
◆地名:スワコプムント
◆情報:人口28,552人

④ オカハンジャ/ナミビア

たくさんの自然が残っています。

たくさんの自然が残っています。

郊外のヴォン・バッホダムはウィントフックの水の大部分を賄う。屋外の骨董品市場が観光客を引きつけ、ヘレロ人の行政の中心地にもなっている。

出典:ja.wikipedia.org

アパルトヘイト時代の人種差別主義的なシステムに代わる新しい教育システムの構築を目指して組織された国立教育開発研究所 (NIED) が置かれている。

出典:ja.wikipedia.org
4番目に紹介するナミビアのおすすめ都市や街は、「オカハンジャ」です。ここは、ヘレロ語で「川の合流地点」と呼ばれている都市です。1909年に開業したトランスナミブの駅は、この地域の発展と開発をもたらしました。鉄道は「オカハンジャ」にとって大切な交通拠点となっています。
◆地名:オカハンジャ
◆情報:ナミビアのガーデンタウン

⑤ マリエンタール/ナミビア

サファリがあります。

サファリがあります。

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する