• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
2016年新シリーズ始動!一度は訪れたいハリー・ポッターのイギリス・ロンドンロケ地5選

ハリー・ポッター新シリーズが始まった2016年、あらためて映画を見返す人も多いのではないでしょうか?そんなハリー・ポッターファンのみなさまに、物語の始まりであるキングス・クロス駅を始めとしたロンドンからアクセスしやすい、イギリス・ロンドンに来た際には外せない!そんなロケ地をご紹介させていただきます。

このまとめ記事の目次

1.レドンホール・マーケット(漏れ鍋入口 / BANK駅徒歩約5分)

Photo by lnevay
ハリーとハグリッドがダイアゴン横丁へ入るために訪れたパブ「漏れ鍋」に行く時に使われたマーケットです。14世紀にできたロンドン最古であるレドンホール・マーケットは歩くだけでも全身で歴史を感じることができるでしょう。

「漏れ鍋」として使われたお店は青い入口が目印ですよ。あなたは魔法界への入り口を探すことができるでしょうか?

ダイアゴン横丁 (ハリー・ポッターと賢者の石)

レドン・ホールマーケットはビクトリア建築を代表する豪華で華やかな装飾のされた屋根が特徴の古風なショッピングアーケードです。日本の商店街のように様々なショップや飲食店が入っているのでウインドーショッピングなどももってこいです。

ロンドンの金融街シティのど真ん中にある事もあり、昼夜問わずスーツ姿のサラリーマンらしき人たちでパブは大賑わいです。
レドンホール・マーケット(Leadenhall Market)
住所:Gracechurch Street, London EC3V 1LR,イギリス
料金:無料
アクセス:地下鉄「Bank」下車。Royal Exchangeを左手に道なりに進み広い通りに出たら右に曲がり、少し進むとすぐそば左手にマーケットの入口があります。徒歩約6分。
  • Gracechurch Street, London EC3V 1LR,イギリス

2.バラマーケット(ナイトバス / London Bridge駅徒歩約4分)

世界に誇る食物市場であるバラマーケット。撮影に使われたのは、マーケット入口横のストーネイストリート。漏れ鍋の入口になったのは、高架下のお店。パブとして使われたのは、同じ通り沿いの角にある「マーケット・ポーター・パブ」。

にぎやかでオシャレなマーケットでB級グルメを楽しみつつ、お店の入り口を目指しましょう!

濡れ鍋の外観 / ナイトバス (ハリー・ポッターとアズカバンの囚人)

ローカルな雰囲気を味わえる、おしゃれなマーケットです。新鮮な野菜やフルーツはもちろん、焼き立てのパンやカップケーキなどのスイーツも販売されています。
お腹が空いているときでも空いていないときでもディスプレイだけで楽しめるお店がほとんどで、ついつい写真を撮りたくなってしまうことでしょう。
バラマーケット(Borough Market)
住所:8 Southwark Street, London SE1 1TL,イギリス
営業時間:水・木 10:00~17:00、金 10:00~18:00、土 8:00~17:00
休業日:日〜火
料金:無料
アクセス:地下鉄「London Bridge」駅下車。高架下沿いを徒歩約4分。

3.ウェストミンスター駅/スコットランドヤード(魔法省入口)

Photo by Gene Hunt

ウェストミンスター駅 (ハリー・ポッターとアズカバンの囚人)

Photo by gre.ceres
『アズカバンの囚人』でハリーはロンのパパと一緒に魔法省に向うとき、マグルの交通手段として地下鉄を使いました。ロンのパパが切符の使い方が分からずおろおろしていたところこそまさにここ、ウェストミンスター駅です。

スコットランドヤード (ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団)

スコットランドヤードはウェストミンスター駅から徒歩圏内。『不死鳥の騎士団』で、魔法省の入り口として使われた場所です。

映画の中で登場した赤い電話ボックスは実際にはありませんが周辺は実際に荘厳な雰囲気の建物が多く、まるでハリーたちが生きた時代にいるような気持ちになれます。

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する