• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
アフリカ大陸未開の国ジブチ、隠れたおすすめ観光スポット5選

ジブチには沢山のおすすめ観光スポットがありますが、まだまだ日本人にはなじみのない国です。そんなジブチのおすすめ観光スポットを紹介いたします。アフリカに旅行に行ってきたって言うと、みんなから注目の的間違いなしです。これであなたも旅上級者の仲間入りですね。

このまとめ記事の目次

1.タジューラ

現在は国内第3の都市ということですが、それでも人口は5万ぐらい

出典:furafuramachiaruki.blog.fc2.com

ここではフランス人と思われる観光客がシュノーケリングを楽しんでいました。タジューラは古くから栄えたイスラムの港町で、今でもスルタンが存在し宗教的権威を持っているそうです。

出典:www.ne.jp
タジュラはジブチで3番目に大きくもっとも古い都市です。首都ジブチ市とはタジュラ湾を挟んで向かい合っている都市です。ジブチ市からフェリーで日帰りができる距離にあることから、ツアーなどで組み込まれていることが多いです。昔の繁栄を偲ばせる街並みが人気のおすすめスポットです。

基本情報

【名称】タジューラ
【エリア名】タジューラ
【住所】ジブチ 南部

2.アッベ湖

湖岸のあちこちからは温泉の蒸気が吹き上がり、それによって形成された噴気孔の石灰華の奇岩群が湖畔に立ち並ぶ。

出典:karapaia.livedoor.biz

このタワーは煙突の形をしていることから現地ではchimneyと呼ばれており、30mくらいの高さになるものもあります。

出典:outofoffice.hatenablog.com
エチオピアとの国境にまたがっているアッベ湖は、猿の惑星のロケ地となったことで一躍有名になったおすすめスポットです。トラバーチンと呼ばれる50メートルもの高さの岩々が連なり、火山の噴煙が立ち込め、高温の温泉が湧き出ている絶景が広がります。一度は見てみたい名所です。

基本情報

【名称】アッベ湖
【エリア名】ディキル
【住所】ジブチ 西部

3.アッサル湖

もちろん塩の湖なので、塩がとれるのは当たり前ですが、この湖の塩のユニークなところがその形なんです。

出典:blog.livedoor.jp

ここは、世界で3番目に海面下の低いところ、海面より153mも下にある湖です。

出典:blog.livedoor.jp
ジブチで絶対に訪れたいおすすめの観光スポット3つ目は「アッサル湖」です。世界で最も塩分濃度が高い火口湖。この湖面はアフリカ大陸の最低標高地点で、水源は10km離れた地下水脈で潤っています。

基本情報

【名称】アッサル湖
【場所】ジブチ中部

4.アリ・サビエ

バラ砂漠のバラとは砂埃という意味で、その通り砂埃でつむじ風が舞う中、野生のガゼルが走り回る姿も見られました。

出典:www.ne.jp

小高い岩山に囲まれた過ごしやすい町 です。

出典:www2.aia.pref.aichi.jp
ジブチのアサビリエは全ての辺で花崗岩の山々に囲まれた盆地で砂漠地帯、エチオピアとの国境に位置しています。海抜756メートルの高地に位置し、暑い乾燥地域である割にはすごしやすい気候となっているおすすめスポットです。

基本情報

【場所】ジブチ
【アクセス】ジブチの南東部に位置する。

5.タジュラ湾

タジュラ湾 紅海を快適に船は走る。天気が良いので甲板で過ごす

出典:ameblo.jp

東西方向に伸びている湾であり、東側に開けている

出典:ja.wikipedia.org
ジブチで絶対に訪れたいおすすめの観光スポット「タジュラ湾」。巨大なジンベイザメと一緒に遊べるスキューバダイビングのメッカともいわれています。エメラルドグリーンとコバルトブルーの美しい海を満喫して下さい。

基本情報

【名称】タジュラ湾
【場所】ジブチ中部

いかがでしたか?

ジブチで絶対に訪れたいおすすめの観光スポットを紹介いたしました。ジブチは交通機関が日本のように発達していないので、入念な計画を立てて観光スポットを訪問することをおすすめします。隠れた名スポットを発見できるかもしれませんね。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する