• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
「弾丸京都旅」に出かけよう!“1泊2日”でも楽しめるプランはこれだ

京都といえば日本を代表する、多くの世界遺産のある大人気の観光地ですよね。京都を楽しむには、2泊など連泊が必要なのではないかと思う方が多いのではないでしょうか。今回は、筆者の敢行した”弾丸一泊二日”の楽しい京都旅行のおすすめをご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

このまとめ記事の目次

日本の心の都「京都」を楽しもう!

みなさん、京都に行ったことは一度はあるでしょうか?ここ京都は懐かしい古都の風情を残す、日本だけではなく世界中で人気の観光地。今回ご紹介するのは「京都・弾丸一泊二日旅」です。
今回筆者は1日目の深夜に夜行バスで東京を出発し、2日目の午後6時30分頃の新幹線で東京へと戻りました。そんな弾丸でも、心行くまで楽しめた今回おすすめする旅の全貌をご紹介します。

《1日目》

【7:30】京都駅到着

夜行バスで東京を出発して約7時間半で京都に到着。初の夜行バスだったのですが、思っていたよりも快適で熟睡できました。早い時間から京都を楽しむことができ、さらに料金も新幹線や飛行機に比べてとても安いので夜行バスはおすすめです。
京都は、バスや電車を使えば色々な観光地に行くことができます。筆者は電車専用の「歩くまち・京都レールきっぷ」を購入しました。発売期間や、有効期限があるので、公式ホームページでご確認ください。主にバスの利用を考えている方には、バスのみの「市バス・京都バス一日乗車券カード」もおすすめです。

【8:30】龍安寺へ到着

京都駅からJR山陰本線と嵐電(京福)北野線 を乗り継いで、約30分で龍安寺駅に到着しました。駅から龍安寺までは約10分ほど歩きます。まだ時間が早いので、有名なこの石庭を見に行くと観光客はそれほどおらず、ゆっくり石の数を数えたり、心を落ち着かせたりすることができました。
石庭の裏側にあるこの蹲踞(つくばい)。水戸黄門として知られる「徳川光圀」が送ったものだそうです。実はこの蹲踞の持つ意味の中に、深いなあと感じるものがありました。それはご自身の目で確認してみてくださいね。
龍安寺というと石庭が有名ということでそこばかりを見てしまいますが、庭園がとても広くてきれいでした。朝なので、庭園内を掃除されている姿を見ることも出来ました。静かにお寺を楽しみたい方は朝の時間帯がおすすめです。

詳細情報

  • 京都府京都市右京区龍安寺御陵ノ下町13
  • 0754632216

【10:00】金閣寺へ到着

京都観光で絶対に行っておきたいのは金閣寺。龍安寺からは市バスで移動することができます。何度見ても感動する美しさでした。金閣寺の前の撮影スポットは、まだ午前中でしたが混雑していましたので、ゆっくりと写真を撮りたいなどという方は、もう少し早く金閣寺に行くことをおすすめします。
金閣寺に入るときに頂けるのは、このご利益がありそうなお札。ファイルなど挟むものがないと曲がってしまうので、京都観光の際には拝観券を入れる用のファイルや本を持っていると役立つかもしれません。観光したところの思い出として残すことができます。

金閣そふと

金閣寺の名物となったこの「金閣そふと」。このソフトクリームは、珍しく賞味期限が7日間。フレッシュなソフトクリームを楽しめます。スリーブには和紙を、注目を集める金箔は、純金箔を贅沢に使用しています。
  • 京都市北区衣笠北天神森町33

詳細情報

  • 京都府京都市北区金閣寺町1
  • 0754610013

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • 最近SNSでじわじわ人気を博してきている「#プリ活」ってご存知ですか?ウニ...

  • その土地でしか楽しめないものを楽しむ、それが旅行の醍醐味のひとつですよね。...

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する