• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
知れば旅行がもっと楽しくなる!覚えておきたい“フランスの文化”10選

海外旅行に行くとそこの国のマナーを守るのが大切になってきますよね。そこで、今回はヨーロッパの旅行先として人気の高いフランスの習慣やマナーをご紹介したいと思います。フランス旅行前に読めば、旅がもっと楽しくなること間違いなし!

このまとめ記事の目次

①あいさつは欠かせない

フランスではお店に入る時、スーパーでお会計をする時などにあいさつを大切にします。夕方までは「Bonjour(ボンジュール)」夕方以降は「Bonsoir(ボンソワール)」とあいさつを交わしましょう。
商品を購入した後は「ありがとう」という意味の「Merci(メルスィ)」、お店を出る際は「さようなら」という意味の「Au revoir(オ・ルヴォワール)」とあいさつをするのがスマートです。

②数の数え方には気をつけて

日本では指で数を数えるときは人差し指から始めますが、フランスでは親指から数え始めます。「1」のつもりで人差し指を出しても、フランスでは「2」と間違えられることがあるので、お店などでは注意が必要です。
また、1~10などの基本的な数は覚えておいたほうが役立ちます。1はun(アン)、2はdeux(ドゥ)、3はtrois(トロワ)。数字を口に出しながら、不安なときは手で表すと間違いも少なくなりますよ。

③チップは臨機応変に

フランスではチップは基本必要ありませんが、お店のサービスが気に入った際や、ホテルのベッドメイキングの際にはチップを1~2€ほど用意するのがオススメです。
ちなみにカフェなどで「Service Compris」とある場合は、サービス料が含まれた料金という意味。さらなるチップは必要ありません。

④右側通行が基本

外国へ行ったときに気をつけなければいけないのが、この左/右側通行の問題。日本では左側通行が基本ですが、フランスでは歩道やエスカレーターなどは右側通行です。
欧米諸国は基本的に右側通行が原則です。日本の習慣のままでいると、他人の迷惑になってしまうことがあるので気をつけてくださいね。

⑤トイレの多くは有料

日本では無料が当たり前のトイレ。ですがフランスの街中にトイレはあまりなく、公衆トイレやお土産店では有料のところが多いです。
主要な観光地は、有料の場合が多いです。飲食店や観光名所を訪れる際は、トイレはきちんと済ませておきましょう。

⑥カフェは席によって料金が違う

フランス文化を象徴するのがカフェ。都市部ではどこにいってもテラスのあるオープンカフェがあり、おしゃれな雰囲気ですよね。
カフェに限らず、フランスの飲食店ではテラスに席が多く置かれていますが、場所によってサービス料が変化します。カウンター席、テーブル席、テラス席の順に料金が高くなるので、参考までに覚えておくと便利ですよ。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する