• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
美しいキラキラの世界!「多治見市モザイクタイルミュージアム」が気になる

皆さんモザイクタイルをご存知ですか?さまざまな色で彩色された小型の装飾用タイルのことで、最近DIYの流行によって注目され始めている注目のアイテムなんです。そんなモザイクタイルの奥深さを知ることができる岐阜県の博物館をご紹介したいと思います。

このまとめ記事の目次

多治見市モザイクタイルミュージアムとは

多治見市モザイクタイルミュージアムとは、施釉磁器(ゆうやくじき)モザイクタイル発祥の地である岐阜県多治見市に作られた、タイルの新しい可能性を生み出すミュージアムです。

建物の形もとってもユニーク

特徴的な形の建物は建築家の藤森照信氏がデザインしたものです。すり鉢状に傾斜した地面と、そこに立つ土の壁はタイルの原料を掘り出す採掘場をイメージしています。壁にはタイルが少しずつ散りばめられてあります。

白を基調とした展示ルーム

建物の最上階にあるこちらの展示ルームは、藤森照信氏がセレクトしたモザイクタイルが随所に散りばめられてあります。白を基調としており、洗練された印象。タイルミュージアム1番の見どころです。

キレイなタイルのオブジェ

部屋の中央にあるモザイクタイルでできたオブジェはそのままでもキレイなのですが、太陽の光と合わさるとさらに美しさが増します。ついガラスに間違えそうになりますが、全部モザイクタイルでできているんですよ。
部屋には他にも、モザイクタイルでできたたくさんの絵やテーブルなどの展示品が飾られてあります。トイレもタイルでできているとどこかオシャレに見えますよね。

他にもたくさんの展示品が

館内には他にもタイルの製造工程や歴史を示した展示物がたくさんあり、モザイクタイルの種類なども知ることができます。体験型の展示品などもあるので、楽しみながらモザイクタイルの奥深さを知ることができます。

手づくり体験もできる

モザイクタイルミュージアムには体験工房も併設してあるので、オリジナルコースターやフォトフレームを作ることができます。モザイクのかやりブタづくりなど期間限定のイベントも開催されています。

美しいタイルの世界を見に行こう

きっとここを訪れたら、タイルの魅力にハマること間違いなしです。今度のお出かけにぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

詳細情報

  • 岐阜県多治見市笠松町2082-5
  • 0572-43-5101

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する