• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
ドイツ観光を学ぶ1泊2日!TABIPPOが主催する旅大学でドイツについて学んできた。

10月末に開催された1泊2日のドイツ観光を学ぶ旅大学。世界中のユースホステルの中でも最も快適なユースホステルの一つと言われる京都の宇多野ユースホステルで開催されました。 ドイツで発祥し世界中に広まっていったユースホステルに集まった仲間90名と共にドイツについて学んだ2日間。今回はその内容をご紹介します!

このまとめ記事の目次

ドイツ好きなゲストによるトークライブ

女子目線でロマンチック街道を中心にかわいいドイツを紹介してくださった南さん。お城や車やサッカーなど男のイメージなドイツですが、南さんのお話で女子にもより身近なものになったのではないでしょうか。

ドイツ観光局との仕事でドイツのロマンティック街道を訪れた経験を語る南まいさん

女子目線でロマンチック街道を中心にかわいいドイツを紹介してくださった南さん。お城や車やサッカーなど男のイメージなドイツですが、南さんのお話で女子にもより身近なものになったのではないでしょうか。

ドルトムントでのサッカー観戦を始め西ドイツについて語る篠原輝一さん

主要都市はほぼ制覇しドイツは第二の故郷のようだという篠原さんは、ご自身の好きなサッカーも絡め、現地の方々との写真と共にドイツの魅力を語ってくださいました。現地の方の笑顔が印象的でした。

協力企業によるトークセッション

今回の旅大学では、ドイツ観光局・日本ユースホステル協会・ユーレイルの3社による後援の下、運営されていたので、各社の専門とされている領域についてのトークセッションを南さんや篠原さんを交えながら実施。

ドイツ観光局の大畑さんとアンナさん

ロマンチック街道を具体例として旅行メディアの戦略のお話をしてくださったドイツ観光局の大畑さん。ターゲットを決め、テーマをもった物語を作り旅先の魅力を伝えるメディアのお話は興味深いものでした。

日本ユースホステル協会の池田さん

ドイツで発祥し現在全世界に4,000あるという「若者の旅を応援する宿泊施設」ユースホステル。発祥の地ドイツにはそのうち488のユースホステルがあります。そう語った日本ユースホステル協会の池田さんはドイツをはじめ、スウェーデンの飛行機に泊まれるユースホステルやカナダの牢屋に泊まれるユースホステルなど、世界中のユニークなユースホステルを紹介してくださいました。

ユーレイルの中川さん

一枚でヨーロッパ28カ国の国鉄に乗り放題になるユーレイルパス。その種類や特典などの解説をしてくださったユーレイルの中川さん。ヨーロッパの鉄道旅という新たな可能性を見ることができました。

ドイツの魅力を伝える旅番組を考えるワークショップを開催

ワークショップのルールを説明され、いよいよワークショップ開始!

トークセッションが終わるとワークショップの始まりです。14チームに分かれ与えられたテーマに沿ってワークを行いました。ちなみに今回のテーマはこちら。

「もしあなたが旅動画/旅番組の制作チームだったら、ドイツの何を取材したいですか?インパクトのある企画書を作ってください。」

各チームに分かれ、今回のトークライブなどの情報やドイツ観光のパンフレットを参考に考え、企画の説明を3分間のムービーにして提出します。そして14チームから選ばれた5チームが翌日の決勝プレゼン発表に進むことができます。それぞれ面白い企画を考え提出期限ぎりぎりまで作業をしていました。どのチームが選ばれるのかドキドキです。

各グループに分かれて企画を考える

夕食は宇多野ユースホステルのドイツ人スタッフとシェフが考案したドイツ料理!

ワークショップを一時中断し、みんなで夕食のドイツ料理を食す

夕食は、ドイツの「食」を学ぶ。ということで、ドイツ式ハンバーグやスープなどドイツを感じられる内容でした。いただきますもみんな揃ってドイツ語で、”Guten appetit!”
このメニューは宇多野のユースホステルのドイツ人スタッフが考案したものらしく、まさに本場のドイツ料理を味合うことができました。

ドイツの魅力を発信!ワークショップ決勝プレゼン

2日目はいよいよワークショップの決勝プレゼン。昨日提出した企画動画から選ばれた5チームが自分たちの考えた企画をプレゼンしました。「オトコの浪漫街道 ~騎士になる~」や「ドイツ全国 現地の子どもにインタビュー!」などそれぞれ個性的な企画ばかりでとても面白かったです。
チームで深夜までプレゼン資料作りに励み、発表直前までプレゼン準備をしていました。自分たちでドイツのことを調べ1つの企画にまとめることでよりドイツについて知る良い機会になりました。

さらに決勝進出チームにはTABIPPOや協力企業からの景品も!TABIPPOから出版されてる書籍や、ユースホステル会員証、ユーレイルトラベルグッズなどをいただきました。

ちなみにドイツ観光局賞は・・・

ドイツ観光局賞を見事GETしたグループ

BSにて放送している「吉田類さんの酒場放浪記」からインスパイアされて考案した、様々なドイツビールを飲みながらローカルな人と関わり旅していく番組を発表したチームに軍配が上がり、ドイツビールとドイツソーセージがプレゼントされました。

おめでとうございます!!

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する