• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
【終了】冬の庭園が輝く!「箱根ガラスの森美術館」にガラスのクリスマスツリー登場

神奈川県の箱根にある「箱根ガラスの森美術館」では、2016年11月1日(火)~12月25日(日) ※予定の期間限定で、七色に輝くクリスタルガラスのクリスマスツリーが登場。冬の庭園を、約8万5千粒のクリスタル・ガラスでできたツリーとキャンドルの暖かい光で照らします。

このまとめ記事の目次

冬の庭園に光り輝くクリスタルガラスのツリー

神奈川県の箱根にある「箱根ガラスの森美術館」では、2016年11月1日(火)~12月25日(日) ※予定 の期間限定で、七色に輝くクリスタルガラスのクリスマスツリーが登場。冬の庭園を、約8万5千粒のクリスタル・ガラスでできたツリーとキャンドルの暖かい光で照らします。

日本初のヴェネチアン・グラス専門の「箱根ガラスの森美術館」

温泉のイメージが強い「箱根」。この地に来たほとんどの人が立ち寄るのが、ここ「箱根ガラスの森美術館」。日本初の"ヴェネチアン・グラス"専門の美術館であり、今もなおその美しいガラスの作品は多くの人々を魅了しています。"ヴェネチアン・グラス"とは、一体何なのでしょうか。
"ヴェネチアン・グラス"とは、紺碧のアドリア海に面した北イタリアの水の都ヴェネチアで作られるガラス工芸品のことです。古代ローマ時代のローマン・グラスの発明にその起源を発するともいわれ、当時すでにイタリア半島全域には多くのガラス工房が作られていました。
1291年には現在のヴェネチア共和国の「ガラス製造業者および工人・助手、家族等のすべてをムラノ島に移住させ、島外に脱出する者には死罪を課す」という強力な保護政策により、人々はムラノ島へと移ります。
今日に至るまで、ムラノ島は"ヴェネチアン・グラス"の中心地であり、ムラノ島の人々は、ヴェネチアン・グラスと運命を共にしてきたのです。

七色に輝くクリスタルツリーが作り出す幻想的な世界

開催期間:2016年11月1日(火)~12月25日(日) ※予定

そんな人気観光スポットである「箱根ガラスの森美術館」で、2016年11月1日(火)~12月25日(日) ※予定 の期間限定で、クリスタル・ガラスで作成されたクリスマスツリー「フラッシュツリーアベーテ」が登場。
高さ約10mと巨大なもみの木をイメージして作られたこの作品。約8万5千粒のクリスタルガラスの粒が夜にはライトアップされて、七色の光で冬の庭園を照らします。
見所は、夜のライトアップだけではありません。昼間のクリスタルツリーも、夜とはまた違った表情を見せてくれます。1日を通して、昼間の色鮮やかな輝きから、ライトアップされた幻想的な姿へと移り行く様を楽しむことができます。
さらに2016年12月1日(木)~12月25日(日)の間には「トワイライト・キャンドル」も同時開催。午後4時頃から庭園内のテラスや橋、通路などに置かれた約500個のキャンドルが、優しく暖かい光で庭園一面を灯します。※雨天中止

この冬最高の輝きを、大切な人と一緒に見に行こう

いかがでしたか?クリスタルガラスのクリスマスツリーによる鮮やかな輝きと、キャンドルの暖かい光のコラボレーション・・・どんなイルミネーションよりも感動すること間違いなし!この冬最高の輝きを見ることができるでしょう。是非、大切な人と一緒に行ってみてくださいね。

詳細情報

期間:2016年11月1日(火)~12月25日(日) ※予定
(トワイライト・キャンドルは12月1日(木)~12月25日(日)
場所:箱根ガラスの森美術館 冬の庭園
料金:一般:大人 1,500(1,200)円、大高生 1,100(900)円、小中生 600(500)円
   ※( )内は団体料金
  • 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原940-48 箱根ガラスの森美術館
  • 0460-86-3111

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する