• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
サンゴ礁と熱帯魚の楽園,宮古島のおすすめ観光スポットランキングTOP15

どこまでも広がる白砂のビーチ,そして透明な青い海。日本の憧れの楽園,宮古島でおすすめの観光スポットをランキングにまとめました。宮古島に行くなら一度は足を運んでおきたいおすすめの観光スポットばかりです。ぜひこのランキングを参考に,この夏は宮古島を訪れてみましょう!

このまとめ記事の目次

第15位 うえのドイツ文化村(うえのどいつぶんかむら)

ドイツの古城,マルクスブルグ城を再現した博愛記念館。

無料で園内には入場できる(ただし、建物内は有料)。園内にある浜辺は白砂で水もきれい。ちょとした水遊びには最適(?)。お城を背景にした景色が最高!

出典:www.tripadvisor.jp

マルクスブルグ城を模した博愛記念館には商船救助に関する資料や美術品が展示され、土産品コーナーや中世衣装体験コーナーが有る。

出典:www.tripadvisor.jp
宮古島でドイツ?と一見意外に感じますが,明治時代,台風により座礁したドイツ船を宮古島民が救助したという歴史があり,それにちなんで建てられた施設です。本物のベルリンの壁も展示されているので必見です。サンゴ礁や熱帯魚を眺められる半潜水式水中観光船が宮古島らしさを感じさせてくれて人気です。
【名称】 うえのドイツ文化村
【所在地】 沖縄県宮古島市上野字宮国775-1
【営業期間】  オープン:春夏 4月~8月 13:00~18:00 年中無休。
         {注}リフレッシュパークプールのみ営業期間あり。
            土日・祝・夏休み期間中は、10:00~18:00。
【料金】 博愛記念館/一般750円 子供400円
      キンダーハウス/一般210円 子供100円
      水中展望船シースカイ博愛/一般2,000円 子供1,000円
      リフレッシュパークプール/一般500円 子供350円

第14位 宮古島市総合博物館(みやこじましそうごうはくぶつかん)

歴史好きにはもちろん、そうでない方も、満足出来ます。 展示数が多いし、解説もついつい真剣に読んでしまいます。 プラネタリウムもどきまでありました。

出典:www.tripadvisor.jp

もっと歴史の部分が訪れるひとに興味を持ってもらうのがいいと思います。ここを訪れてもっと宮古島を知りたいと思いました。

出典:www.jalan.net
残念ながら雨に降られてしまったようなときには,ぜひ訪れたい施設。宮古島の歴史に触れることで,美しい海だけではない,宮古島の新たな一面を知ることが出来ます。
【名称】 宮古島市総合博物館
【所在地】 沖縄県宮古島市平良字東仲宗根添1166-287
【営業期間】 開館:9:00~16:30
         休館:月
        休館:祝日の翌日
         休館:6月23日
        休館:年末年始
【料金】 大人:300円

第13位 竜宮城展望台(りゅうぐうじょうてんぼうだい)

可愛らしい竜宮城のかたちをしています。それほど高さは無い展望台なのに、眼下に海そして今渡って来た橋、宮古島を眺める事ができます。

出典:www.tripadvisor.jp

来間大橋を渡ってすぐ右側にあるのですが、そこからの景色が絶景!
青い海が一面に広がり感動の声を出さずにはいられません(笑)

出典:www.rurubu.com
宮古島から来間大橋を渡った来間島にある展望台。宮古島とその間に広がる海が一望できる人気の名所です。コバルトブルーの海はまさに絶景で,宮古島に来たことを実感させてくれます。
【名称】 竜宮城展望台
【住所】  沖縄県宮古島市下地字来間
【公共交通】  宮古空港→車20分経路検索
【駐車場)】 なし
【料金】  入館無料
【時間】  見学自由

第12位 通り池(とおりいけ)

神秘的な雰囲気を漂わせる静かな池。

ガイドブックを見て行きましたが、実際見たほうが圧倒的に迫力満点です。池を見てると吸い込まれそうな独特の雰囲気。

出典:www.tripadvisor.jp

水中で海とつながっているそうで、人気ダイビングスポットとなっており、
時々ダイバーの人が顔を出すこともあります。

出典:www.jalan.net
二つの池が並び,地底が海にも通じているためダイバーに人気の観光スポット。宮古島からは伊良部大橋を渡って陸路で行くこともできます。コバルトブルーの水面は海とはまた違った雰囲気を湛えています。
【名称】 通り池(トオリイケ)
【所在地】 沖縄県宮古島市
【交通アクセス】 伊良部大橋から約11.4km、車で約15分
【駐車場】  有り(無料)

第11位 島尻マングローブ(しまじりまんぐろーぶ)

巨大なマングローブが広がります。

巨大なマングローブが広がります。

遊歩道を歩きながら間近に見られたのがよかったです。 それと干潮だったので、テレビでしか見たことのないシオマネキも見ることができて大満足です。

出典:www.tripadvisor.jp
宮古に分布するすべてのマングローブが観察できるスポットです。遊歩道が整備されているので,日数に余裕があればぜひのんびりと散策してみましょう。

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する