• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
夫婦で夢の世界一周! 一緒に体験すべき5つのこと

「いつか夫婦で世界一周をしてみたい」「将来は旦那(嫁)と世界を巡りたい!」そんな風に思っている人は多いのではないでしょうか。今回は、『将来のライフプランを考えること』をテーマに2カ月間で10カ国14都市を巡ったアラサー夫婦が、2人で一緒に体験すべき5つのことをご紹介します。

このまとめ記事の目次

どんなルートで巡ったの?

2カ月間で周ったのは、10カ国14都市。世界一周旅行券を使って、オセアニアから入り、南米、ヨーロッパ、北欧、アジアを旅しました。
【ルート】
東京→メルボルン→ウェリントン→ピクトン→クライストチャーチ→シドニー→イースター島→ポルト→デュッセルドルフ→ミュンスター→アムステルダム→アントワープ→ストックホルム→ヘルシンキ→北京→東京

移動中の機内で落書きしたルートマップ。

このように、2カ月間でこれだけ多くの場所を巡る、盛りだくさんの旅でした。さあ、それでは早速「夫婦で一緒に体験すべき5つのこと」をご紹介します。

1. メルボルンでウェディングドレスを購入する(オーストラリア)

結婚式はこれからという人に是非おすすめしたいのが、海外でのドレス購入。海外では、レンタルではなく購入する人が多く、デザインも様々。オーストラリアのメルボルンは、アメリカの西海岸のようにリラックスした、ユニーク且つシンプルなデザインのドレスショップ(お値段もお手頃!)が沢山あります。旅の前にいくつか目星を付けておいて、事前にメールでアポイントをとればOK!私たちも予算内でお気に入りの1着を見つけることができました。

お気に入りの1着を見つけたお店「Cathleen Jia」でのショット。

日本ではあまりみないようなデザインばかり。

■詳細情報

2. マウントクックで脱デジタル!星空を眺める(ニュージーランド)

ニュージーランドでは、キャンパーバンを借りてキャンプをしながら9日間で南島を一周。中でも一押しの場所は、マウントクックの麓にあるフッカーバレートラックです。神々しい山々を眺めながら、歩くハイキングコースは圧巻の景色!夜は麓のキャンプ場に泊まって、全ての電気を消して、星空を眺める。ただ、それだけで2人の距離がぐんと縮まった気がします。いつもなら暇つぶしにいじってしまう携帯電話だって必要ありません。
肉眼で見る方が何倍も綺麗なんです!

肉眼で見る方が何倍も綺麗なんです!

フッカーズバレーのトレッキングコースからの景色。

出典:www.youtube.com

Hookervalley's track in NewZealand - YouTube

トレッキングコースの橋から眺める絶景。

■詳細情報

3. ストックホルムで子育ての環境を知る(スウェーデン)

スウェーデンは、福祉、教育、子育ての制度が整っていることでも有名です。18歳以下の子どもの医療費や7歳~16歳までの義務教育が全て無料、育児休業の補償も日本よりしっかりしているといいます。実際に、ストックホルムに住む3人の現地の友人に話を聞くと、それぞれがこの素晴らしさを語っていました。また、トラムやバスでの移動が主流の市内では、年頃の若者がお年寄りや子どもへ自然に席を譲っている姿をみて、とても感心しました。住む場所だけではなく、環境を選ぶことが大切だと改めて実感。

Airbnbサービスで宿泊したホストの赤ちゃん。

4. ミュンスターでオクトーバーフェストに参戦する(ドイツ)

ドイツに来たからには、と参加したビールの祭典「オクトーバーフェスト」。ドイツの伝統衣装に身を包み、肩を組んで民謡を歌うお客さんで会場は大盛り上り。お酒の力も借りて(?)乾杯の掛け声や歌を教えてもらった私たちは、その場で沢山の友達を作ることができました。なんと、翌日はその友達がホームパーティーに招待してくれ、更に友達の輪が広がりました。勇気がなくて、一人では話しかけられないことも、夫婦揃うと積極的に行動できるものです。

オクトーバーフェストの会場。

この友達の家へ翌日お邪魔することに…。

■詳細情報

5. ヘルシンキで本場のサウナを体験する(フィンランド)

フィンランドのソウル文化のサウナ。国民の人口540万人に対し、サウナの数は200万、つまり3人に1人の割合で普及しているほど、フィンランド人にとっては当たり前の存在です。日本のサウナとは違い、老若男女が、ビール片手に語り合ったり、ゆったり過ごしたり…。その光景は公園のような温かい雰囲気。100度近いサウナに入ったあとは、外の湖や海で寒中水泳をして熱を冷まします。その水温なんと3度!「郷に入っては郷に従う」精神で挑戦。何事もまずはチャレンジしてみることによって、2人の可能性が広がります。

水温3度にも関わらず、余裕の笑みを浮かべる地元っこたち。

出典:www.youtube.com

experience of real sauna in Helsinki! - YouTube

サウナから海へと飛び込む瞬間を撮影してみました。寒い!

■詳細情報

今後の2人の人生に役立つこと間違いなし

いかがでしたか?夫婦で行くからこその楽しみ方をご紹介しました。自由気ままなアラサーだから踏み出せたことかもしれません。今しかできないことをしっかりと。皆さんも、ぜひ勇気を出してパートナーと旅に出てみてください。きっと2人の人生の糧になるはずです。

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する