• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
次の週末はどこに行こう?関東で人気の動物園ランキングTOP15

せっかくの休みが雨…なんて日々が続くと、だんだん参ってしまいますよね。そんな憂鬱な気分を吹き飛ばすために動物園に出かけましょう!関東地方にはオススメの動物園がたくさんあるんですよ!今回はそんな関東の動物園をランキングでご紹介します。意外と知らないスポットもあるかもしれないので、ぜひランキングをチェックしてみてくださいね。

このまとめ記事の目次

第15位:那須サファリパーク/栃木県那須郡

那須サファリパークではライオンなどの肉食動物の生態を身近で見ることができるんです!
スリル満点なのでデートにもおすすめですよ!草食動物に対しては、動物の体温を感じながら、直接餌やりをすることもでき、子どものみならず大人も楽しめます。
2015年7月にライオンの赤ちゃんが誕生したばかりで、この時期だけのふれあい体験をすることができるので、お近くに立ち寄った際はぜひ行ってみてくださいね!
【動物園名】那須サファリパーク
【住所】栃木県那須郡那須町高久乙3523
【営業日/営業時間】8:00~17:00(入園受付16:30まで)
【休園日】年中無休
【入場料】中学生以上:2,600円 3歳~小学生:2,100円 65歳以上:1,800円
【アクセス】JR宇都宮線黒磯駅から東野交通那須湯本方面行きバスで17分、下守子下車、徒歩5分

第14位:かみね動物園/茨城県日立市

「日立市かみね動物園」はすごくリーズナブルな入場料にもかかわらず、象・ライオン・キリンなどの大きな動物から、モルモットやウサギなどの小さな動物など多くの種類の動物が生活しています。入場料がもともと510円とかなりお得なのに、年間パスポートだと3回行けば元が取れるそう!夏休みなどはイベントも多く開催されるので、それも要チェックです!最近ではカピバラの赤ちゃんが誕生したようなので、成長を見守るのもいいですよね。
【動物園名】日立市かみね動物園
【住所】茨城県日立市宮田町5-2-22
【営業日/営業時間】3月~10月 9:00~17:00  11月~2月 9:00~16:15
【休園日】12月29日~1月1日
【入場料】高校生以上64歳以下:510円 4歳~中学生:100円
【アクセス】
・お車をご利用の場合
常磐自動車道日立中央ICから国道6号線経由(約5分)

・公共交通機関をご利用の場合
JR常磐線日立駅から日立電鉄バス(日立駅中央口バス停2番)に乗車し、神峰公園口下車(約10分)

第13位:金沢動物園/神奈川県横浜市

Photo by tsukunepapa
関東地方の中でものんびりとまわることができることで人気の「金沢動物園」。
4つの大陸に分けて動物たちが展示されているので、1日いても飽きることはありません。「金沢動物園」で人気なのがコモンウォンバットのヒロキくん。
日本で見られる場所はあまりないので、関東地方でウォンバットが見たいと思った時にはココがおすすめです!しかし、夜行性で日中はほとんど寝ているそうなので、起きているところ見れたらラッキーかも!
【動物園名】金沢動物園
【住所】神奈川県横浜市金沢区釜利谷東5-15-1
【営業日/営業時間】9:30~16:30 入園は16:00まで
【休園日】月 (月曜祝日の場合はその翌日)・12月29日~1月1日
【入場料】大人:500円 高校生:300円 小・中学生:200円
【アクセス】
・京急バス「野村住宅センター」行
京浜急行金沢文庫駅西口・バス乗り場1番より乗車し約12分、バス停「夏山坂上」下車、動物園入口まで徒歩6分。

第12位:市川市動植物園/千葉県市川市

Photo by jetalone
関東・千葉でランキング入りしたのは「市川市動物園」!
この動物園は小動物がとても魅力的なんですよ。大きく目玉となるような動物はいませんが、小動物との触れ合いが楽しめるのもうれしいポイント。特にカワウソのコーナーでは、「握手コーナー」や「流しカワウソコーナー」など楽しめる要素も満載!また、レッサーパンダも多く飼育されており、人気となっています。
動物との距離も近いので、小さいお子さんも大興奮ですね!
【動物園名】市川市動植物園
【住所】千葉県市川市大町284
【営業日/営業時間】9:30~16:30(入園は16:00まで)
【休園日】月曜日(ただし月曜日が祝日の場合は翌日),年末年始
【入場料】大人:430円  小中学生:100円
【アクセス】

・ JR本八幡駅からバスで30分「動植物園」行きバス(土・日・祝日のみ運行)
- 終点「動植物園」から徒歩で1分

・北総線大町駅から徒歩で15分

第11位:こども動物自然公園/埼玉県東松山市

Photo by kkctys
埼玉県の「こども動物自然公園」は寒くなってくるとカピバラたちが温泉につかっている様子も見られると話題の動物園です。パンダやゾウなどの大型動物はいませんが、ほかの場所ではあまり見られない動物たちの生態を間近で見ることができます。なかなか広いので、ピクニックも兼ねてという感じでもいいかもしれません。家族連れでもいいですが、デートでまったり過ごすのも良いですよね。
【動物園名】こども動物自然公園
【住所】埼玉県東松山市岩殿554
【営業日/営業時間】12月1日~2月28日 9:30~16:30 3月1日~11月30日 9:30~17:00
【休園日】月 祝日の場合は翌日 12月27日~1月1日
【入場料】大人:500円 子供:200円
【アクセス】
・東武東上線高坂駅から鳩山ニュータウン行きバス(大人190円(現金運賃):所要時間約5分)に乗車し、「こども動物自然公園」停留所下車。

・徒歩の場合は、東武東上線高坂駅から徒歩、約30分

第10位:市原ぞうの国/千葉県市原市

『市原ぞうの国』では「ぞうの国」の名に恥じないくらいのたくさんのゾウたちと触れ合うことができます。ぞうの上に乗ったり、鼻にぶら下がったりなど、ここでしか味わえない貴重な体験をすることもできます。一頭一頭、個性があるので、違いを探すのも楽しいですよ。ゾウだけがいるかと思いきや、ほかにもカビパラなどのさまざまな動物と触れ合えるみたい!日本じゃなかなかできない、ゾウとの触れ合いができるのも嬉しいですよね!
【動物園名】市原ぞうの国
【住所】千葉県市原市山小川937
【営業日/営業時間】9:00~17:00
【休園日】木 春夏冬休み中、祝日は営業
【入場料】大人:1800円 小学生:900円 幼児:500円
【アクセス】
・JR内房線五井(ごい)駅乗り換え、小湊鉄道 「高滝駅」より無料送迎バス有

・市原鶴舞バスターミナルよりタクシーまたは無料送迎バスにて約10分

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する