• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
インディージョーンズのロケ地!世界一入場料が高い世界遺産「ペトラ遺跡」とは

多くの人が海外旅行へ行く今、みんなと違う旅行先にしたい!なんて方も多いのではないでしょうか。今回はそんなあなたにおすすめ、インディージョーンズのロケ地にもなった、ヨルダンにあるペトラ遺跡の魅力をご紹介します。

このまとめ記事の目次

ペトラ遺跡があるヨルダンってどんな国?

ヨルダンと聞いてどのようなイメージを思い浮かべますか?パレスチナやイスラエルと隣接するヨルダンに対して、治安が悪い・不安定な国などといった印象を持っている人が多いと思います。しかし、一般的にヨルダンの治安は安定しており、欧米やその他の地域と比べてスリなどの犯罪率も低いなど、比較的旅行しやすい国なんです!
ヨルダンとイスラエルの国境にある死海も、ヨルダンと聞いて思い浮かべる観光地の一つではないでしょうか。古くからの遺跡が多く存在するヨルダンは、親日家の多さでも知られています。王道な観光国にはちょっと飽きた、なんて方にヨルダン旅行はぴったりかもしれません。

詳細情報

世界一高い入場料を誇る「ペトラ遺跡」?

数多く存在するヨルダンの遺跡の中でもとりわけ有名なのが、死海とアカバ湾の間に位置する「ペトラ遺跡」です。ペトラとは、ギリシア語で「岩」を意味し、その名の通り荘厳な岩でできたこの遺跡は、1985年にユネスコによって世界遺産に登録されました。
2000年以上も前から貿易の中継都市として栄えてきたペトラ。天然岩を加工して作られた偉大な姿は、訪れた人々の心を圧倒します。赤みのある岩と晴れ渡った真っ青な空のコラボレーションはまさに絶景!あの有名な映画「インディージョーンズ」のロケ地としても使用されたことでも有名です。
見事な景観を楽しむことができるペトラ遺跡ですが、有名の秘訣は景色だけじゃないんです。ペトラの絶景を楽しむために必要な“入場料”が世界一高いことでもとっても有名なのです。一日入場券は50JOD(ヨルダンディナール)。1JODは、日本円にして160円相当なので、計算してみると一日ペトラ遺跡を楽しむために約8000円の入場料が必要ということになります。(レートによる)
入場料に一万円近く払うなんてありえない!と思う方もいるかもしれませんが、一日で回りきることができないほど壮大なペトラ遺跡を堪能するために払う価値はあるはず。ちなみに、2日券、3日券も販売されており、1日券よりお得になっているんだとか。じっくり遺跡を堪能したい方は、それらの券を購入することをおすすめします。

ヨルダンの魅力は遺跡だけじゃない!

たくさんの遺跡があるヨルダンですが、旅行の際にとっても重要なのは料理が口にあうかどうか、ですよね。ヨルダン料理と聞いて具体的なメニューが出てくる方はほとんどいないのではないでしょうか。
ムスリムの国、ヨルダンでは基本的に豚肉を食べることはありません。肉として食べられるのは一般的に羊肉。パン、サラダ、豆、羊肉などがヨルダンでよく食べられる食事なんだとか。豆やトマトをじっくり煮込んだ、いわゆる煮込み料理も多く食べられています。
中東というとスパイスたっぷり!というイメージを抱くと思いますが、ヨーグルトや豆をたくさん使用したヨルダン料理はまろやかな味わいのものが多く、日本人の味覚に合うものがたくさん。また、食事を大勢でとることが多いヨルダンでは、大皿料理を取り分けて食べることがよくあるんだとか。現地の人と、楽しくヨルダン料理を味わってみたいですね。

いかがでしたか?

世界一高い入場料を払ってでも見る価値のあるペトラ遺跡にいってみたくなりましたか?電動機持ち込み禁止の遺跡内では、徒歩や馬やラクダに乗っての移動しかできません。晴れ渡った青空のもとで、荘厳な遺跡をめぐり、その後は美味しいヨルダン料理を堪能しましょう!

詳細情報

  • Wadi Musa, Petra
  • +962 3 215 6060

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する