• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
落ちたらそこは別世界?地球の神秘を感じる"世界にある驚きの穴"7選

世界には、あっと驚く”穴”があるのをご存知ですか?思わず別の惑星に行けそうだと錯覚してしまいそうな、ユニークな”穴”の数々に目が離せません。できた理由はそれぞれ違って、規模も形も異なるそんな”穴”についてご紹介します。

このまとめ記事の目次

《1》言わずと知れた炎の穴、トルクメニスタンの”地獄の門”

観光地としても有名なトルクメニスタンの「地獄の門」は、1971年にソビエト連邦の科学者たちが重機を使って採掘を進めていたところ、地下の空洞に行き当たり、落盤事故が起きたことによってできました。有毒ガスが放出されることを懸念してガスに火を放った科学者たちは、すぐにガスは燃え尽きて火は消えると見込んでいましたが、40年以上経過した今でも燃え続けています。
夜中でも何キロも先から見える不気味な光は、夜になるとよりその迫力が増し、その燃え盛る姿を見ようと多くの人が訪れています。さらに、地中にある硫化水素が燃えていることにより、その匂いはかなり強烈。訪れるには覚悟が必要ですが、人生に一度は実際にみてみたくなるような、不支持な魅力があります。

詳細情報

  • Gas Crater, Darvaza, Turkmenistan

《2》”カリブの宝石”と呼ばれた美しさ、ベリーズのグレートブルーホール

中央アメリカのベリーズにあり、ベリーズ珊瑚礁保護区として世界遺産に登録されているグレートブルーホールは、“カリブの宝石”と呼ばれ、世界で有名な絶景スポットとなっています。この写真を見たことのある方も多いのでは?
そんな“カリブの宝石”・グレートブルーホールは、約65000年前に形成され、直径は313m、深さはなんと125mという超ビッグスケールな穴なんです。

詳細情報

《3》人口の巨大穴、シベリアのミールヌイダイヤモンド鉱山

ロシアの国土のちょうど中心の位置に近い場所にあるミール鉱山は、世界最大のダイヤモンド鉱山です。ぽっかりあいた巨大な穴は、現実のものとは思えないほどで、その巨大さから、上空に下降気流ができるため、ヘリコプターでの飛行は禁止されています。気流に巻き込まれる可能性があるからです。
サハ共和国の首都ヤクーツクから西へ820キロの位置にあるこの鉱山を含むミールヌイは、ロシアのダイヤモンド生産の99%を担い、ロシアのダイヤモンド産業の中心地といえます。ミール鉱山は露天掘りの操業は終了しましたが、現在では地下に坑道を掘って採掘は続けられています。まだ工事が続いているなんて、想像もつかないですよね。

詳細情報

《4》水泳だってできちゃう、オマーンのビマー・シンクホール

オマーンといえば、あの伝説のシンドバットの故郷として知られています。そんなオマーンのオマーン湾から内陸に約1キロほどいったところにあるのが「ビマー・シンクホール(Bimmah Sinkhole)」です。石灰岩が浸食されてできたこの陥没穴は、深さ20m、幅40m程の大きさ。穴にたまっている水は鮮やかな緑色をしており、現在ではスイミングスポットとして多くの人が訪れます。
水が驚く程透き通った色をしていて、自然と形成されたことからも、自然の広大さを肌で実感し、楽しむことのできる場所です。たしかにここで泳げたら、とっても気持ちが良さそうですよね!

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

s_k可愛いもの大好き♡
よく寝てよく食べよく遊ぶ、常にBE HAPPY!!!

このまとめ記事に関して報告する