• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
ボツワナ 世界遺産オカバンゴの町、マウンのバックパッカー向け安宿まとめ

世界最大の内陸デルタ、世界遺産オカバンゴ・デルタの玄関口になる町、マウンは観光地として栄えています。旅費が高くつくことでも有名なボツワナですが、ここでは比較的安く泊まれるバックパッカー向けの宿を紹介します!!

このまとめ記事の目次

オールドブリッジ・バックパッカーズ

イチオシするのはオールド・ブリッジ・バックパッカーズ(Old Bridge Backpackers)。
欧米からの旅行者やボツワナ在住者に人気抜群の宿で、いつも賑わっています。
宿泊費安く、ベッディドテント、ドミトリーが選べます。
また、ここのバーのご飯は美味しく、地元の人も食べにきています。
この川辺の席でビール飲みながら過ごすのも気持ちがよくて最高。
写真上がベッディドテントのスタンダード ツインです。
オールドブリッジ・バックパッカーズ (Old Bridge Backpackers)
(1プラ=10〜11円)

キャンプサイト 80プラ/1人1泊
ドミトリー 150プラ/1人1泊
シングル ベッディドテント スタンダード 330プラ/1人1泊
ツイン ベッディドテント スタンダード 200プラ/1人1泊
シングル ベッディドテント エンスイート 480プラ/1人1泊
ツイン ベッディドテント エンスイート 290プラ/1人1泊
ダブル ベッディドテント エンスイート 290プラ/1人1泊

エンスイートは浴室有り、スタンダードは風呂トイレが共同になります。
※2017年1月の情報です

予約は下記Webサイトのコンタクトページから、メールで可能です。(英語)
ゲームドライブ等の手配もこちらのサイトからできます。

オカバンゴ・リバー・ロッジ

オカバンゴ・リバー・ロッジはタマラカネ川のほとりにあるロッジです。
シャレーとベッディドテントがあります。
お値段安いのに、ロケーションが良く、のんびりできます。
オカバンゴ・リバー・ロッジ (Okavango River Lodge)

キャンプサイト 100プラ/1人1泊

ベッディドテント シングル 180プラ/1テント
ベッディドテント ダブル  300プラ/1テント
ベッディドテント 川側 シングル 220プラ/1テント
ベッディドテント 川側 ダブル  350プラ/1テント

シャレー シングル 330プラ/1棟
シャレー ダブル  460プラ/1棟
ファミリーシャレー 600プラ/1棟

※2017年1月の情報です

予約は下記サイトよりできます。(英語)
ゲームドライブなども下記サイトより申し込みできます。

セディア・リバーサイド・ホテル

通常のホテルの客室もありながら、
キャンプサイトと常設のテントを用意しているホテルです。
なぜか、ここのキャンプサイトを日本のバックパッカーがよく利用しています。
マウンの中心地から近く交通の便が良いのが特徴です。
セディア・リバーサイド・ホテル (Sedia River Side Hotel)

キャンプサイト 60プラ/1人1泊
ベッディドテント 300プラ/1テント

※2017年1月の情報です

予約は下記ウェブサイトのEメールより。
玄関手前右手にサファリ会社があるので、ゲームドライブなどはここから手配できます。

モツェーベ・バックパッカーズ

モツェーベ・バックパッカーズ(Motsebe Backpackers)は前述の
セディア・リバーサイドホテルよりさらにマウンの中心街に近く便利な立地で、
キャンプサイトから川が見えるのが特徴です。
ベッディド・テントは
家具がしっかり備え付けられたシャワー・トイレ付きのラグジュアリーと
通常のテントがあります。
ベッディドテントはお値段がちょっと高いです。

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

HiromiAme2014-2017ボツワナ国立博物館配属、2017-現在はパラオ国際珊瑚礁センター配属のデザイナーです。

このまとめ記事に関して報告する