• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
【終了】【2016-2017】冬休みに行きたい!東京都内の年末年始のイベント10選

いよいよ2016年が終わりを迎えようとし、2017年も近づいてきています。今回は、東京都内の年末年始の人気&おすすめイベントをまとめました。今だけのイルミネーションや、グルメイベントなどなど盛りだくさんです。冬休みは寒さに負けず、ぜひおでかけしてみてください。

このまとめ記事の目次

①【渋谷】青の洞窟 SHIBUYA

開催期間:2016年11月22日(火)〜2017年1月9日(月・祝)

まず最初に紹介する冬休みに行きたい東京都内の年末年始のおすすめイベントは、渋谷公園通りから代々木公園ケヤキ並木にて開催中の『青の洞窟 SHIBUYA』です、今年一番人気のイルミネーションと言っても過言ではありません。クリスマスまでの開催ではないので、まだいけるチャンスはありますよ!
2014年の冬に実施し、話題になったイルミネーションイベント『Nakameguro青の洞窟』の第二弾となるイルミネーションイベントで、場所を変えて渋谷で復活します。渋谷公園通りから代々木公園ケヤキ並木まで約750mもの距離を青のイルミネーションが渋谷の新たな冬の風物詩となるような想いを込めて彩ります。
そんな大人気イルミネーション“青の洞窟 SHIBUYA”が、大好評につき大晦日の終夜点灯『青の洞窟 SHIBUYA NEW YEAR WALK』の開催を決定しました!2016年12月31日(土)17:00~2017年1月1日(日)05:00のオールナイト点灯です。青の洞窟が行われる通りは、渋谷スクランブル交差点から初詣の行われる明治神宮を繋ぐ通りでもあるため、イルミネーションのあと、明治神宮へ初詣へ行くコースもおすすめですよ。

詳細情報

▼青の洞窟 SHIBUYA
【実施エリア】渋谷公園通りから代々木公園ケヤキ並木まで約750m
【点灯時間】 17:00~23:00
      ※点灯時間は変更となる場合がございます。
【点灯期間】 2016年11月22日(火)〜2017年1月9日(月・祝)
▼青の洞窟 SHIBUYA NEW YEAR WALK
【実施エリア】渋谷公園通りから代々木公園ケヤキ並木まで約750m
【点灯時間】 2016年12月31日(土)17時から2017年1月1日(日・祝)5時
       ※通常時の点灯時間は17時から23時です。
       ※点灯時間は変更となる場合がございます。

②【丸の内】東京ミチテラス 2016

開催期間:2016年12月24日(土)~12月28日(水)

2番目に紹介する冬休みに行きたい東京都内の年末年始のおすすめイベントは、東京・丸の内エリア恒例、冬の風物詩の「東京ミチテラス」です。2016年12月28日(水)までの貴重なイベントですよ。
本年の展開テーマは”Harmonious”(ハーモニアス)で、1999 年の「東京ミレナリオ」の開催以来、時代とともに進化を遂げてきた東京・丸の内エリアのイルミネーションは、2020 年に向けて新たな一面を見せるんだとか。

詳細情報

開催日:2016年12月24日(土)~12月28日(水)
※一部イベントは 12月12日(月)より開始予定
点灯時間:未定
開催場所:東京・行幸通り/丸の内エリア

③【渋谷】TOKYO ART CITY by NAKED

開催期間:2016年12月21日(水)〜2017年1月12日(木)

3番目に紹介する冬休みに行きたい東京都内の年末年始のおすすめイベントは、ネイキッドが企画・演出を手掛けるアート展『TOKYO ART CITY by NAKED』です。『TOKYO ART CITY by NAKED』は、変化し続ける“東京”をテーマに多様な人びとの営みが集積する“都市”を、「都市とはアートである」のコンセプトのもと、様々な形で表現していくプロジェクトだそうです。
このイベントでは、その第一回目として、巨大模型による『TOKYO HIKARI VISION』の再現をはじめとした東京のランドマークの模型に、“都市”の集積を表す粒子をイメージした光が融合した空間が登場。人の営みが集積し、時間軸を超え変化し続ける都市の街並みに、建築物・光・映像・音、時間軸を超えた“東京”の姿が広がるそうですよ。

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する