• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
定番スポットから穴場まで!SNS映えする北海道・函館のスポット12選

世界三大夜景の一つにも数えられる函館山からの絶景に、星型の造形がフォトジェニックな五稜郭、開国当時の趣を今に残す洋館の数々など、魅力的な観光スポットでいっぱいの北海道・函館。今回は、さまざまな見どころのある函館の中で是非、訪れたいスポットを定番から穴場まで、厳選してご紹介。新鮮な魚介にジンギスカン、スイーツなどおいしいものもいっぱいですよ!

このまとめ記事の目次

北海道・函館と言えば?

北海道の人気観光地の一つ、函館と言えば? 香港、ナポリと並び“世界三大夜景”の一つにも数えられる函館山からの美しい夜景? 星型の造形がフォトジェニックな五稜郭? あるいは開国当時の趣を今に残す素敵な洋館の数々?今回は、さまざまな見どころのある函館の中で是非、訪れたいスポットを定番から穴場まで、厳選してご紹介します。 PIXTA

北海道の人気観光地の一つ、函館と言えば? 香港、ナポリと並び“世界三大夜景”の一つにも数えられる函館山からの美しい夜景? 星型の造形がフォトジェニックな五稜郭? あるいは開国当時の趣を今に残す素敵な洋館の数々?

今回は、さまざまな見どころのある函館の中で是非、訪れたいスポットを定番から穴場まで、厳選してご紹介します。

①函館駅から徒歩1分、海鮮卸問屋の直営店「函館ダイニング雅家」

まずは、こちら。函館駅から徒歩1分というアクセスの良さも魅力の「函館ダイニング雅家」は、海鮮卸問屋の直営店。地元に根強い人気があり、長くから愛される海鮮料理を、ランチ、ディナーともに提供しています。注文を受けてからさばくという函館名物の活イカは、是非、食べて帰りたいものの一つ。店内の広いいけすでのびのびと泳いでいます。 提供:函館ダイニング雅家

まずは、こちら。函館駅から徒歩1分というアクセスの良さも魅力の「函館ダイニング雅家」は、海鮮卸問屋の直営店。地元に根強い人気があり、長くから愛される海鮮料理を、ランチ、ディナーともに提供しています。

注文を受けてからさばくという函館名物の活イカは、是非、食べて帰りたいものの一つ。店内の広いいけすでのびのびと泳いでいます。

活カニもいけすから調理。老舗だからできる熟練の技で「焼き」「茹で」「刺身」と好みの食べ方で楽しめます。このほか、旬の魚がこれでもかというほど豪勢に盛られた舟盛りも是非、注文してみてくださいね。 提供:函館ダイニング雅家

活カニもいけすから調理。老舗だからできる熟練の技で「焼き」「茹で」「刺身」と好みの食べ方で楽しめます。このほか、旬の魚がこれでもかというほど豪勢に盛られた舟盛りも是非、注文してみてくださいね。

②仕入れたての海鮮をいけすから豪快に!「函館海鮮料理 海寿」

水産会社直営の「函館海鮮料理 海寿」では、その日に仕入れたばかりの新鮮な活いかや活がにを、店内のいけすから市場でいただくようにして自分で選び、刺身や焼き物にしてもらって食べられます。テーブルの横に設えられた水槽がダイナミック!旅行気分が否が応でも盛り上がります。 提供:函館海鮮料理 海寿

水産会社直営の「函館海鮮料理 海寿」では、その日に仕入れたばかりの新鮮な活いかや活がにを、店内のいけすから市場でいただくようにして自分で選び、刺身や焼き物にしてもらって食べられます。テーブルの横に設えられた水槽がダイナミック!旅行気分が否が応でも盛り上がります。

函館名物・活イカの刺身は、テーブルに来たらシャッターチャンス。注文を受けてからさばくため、お皿の上でも踊ります。地元出身の料理長を中心に、長年、研鑽を積んだ板前さんは包丁の腕も確か。「せっかくの函館旅行で海鮮を食べてガッカリ、なんて方は絶対に作りたくない!」との熱い想いで作られる料理の数々を、是非、堪能しつくしてくださいね。 提供:函館海鮮料理 海寿

函館名物・活イカの刺身は、テーブルに来たらシャッターチャンス。注文を受けてからさばくため、お皿の上でも踊ります。地元出身の料理長を中心に、長年、研鑽を積んだ板前さんは包丁の腕も確か。「せっかくの函館旅行で海鮮を食べてガッカリ、なんて方は絶対に作りたくない!」との熱い想いで作られる料理の数々を、是非、堪能しつくしてくださいね。

③函館山を眺めながら入る露天風呂「天然温泉 七重浜の湯」

「天然温泉 七重浜の湯」は、晴れた日には函館山を一望できる露天風呂も自慢のリラクゼーション施設。露天風呂以外にも岩風呂やジャグジー風呂、蘇命薬湯など多彩な浴槽を備えており、炭酸ガスが溶け込んだ高濃度炭酸泉の湯は、血行が促進され、また細かな泡が皮膚にも良いと言われています。 提供:天然温泉 七重浜の湯

「天然温泉 七重浜の湯」は、晴れた日には函館山を一望できる露天風呂も自慢のリラクゼーション施設。露天風呂以外にも岩風呂やジャグジー風呂、蘇命薬湯など多彩な浴槽を備えており、炭酸ガスが溶け込んだ高濃度炭酸泉の湯は、血行が促進され、また細かな泡が皮膚にも良いと言われています。

キッズコーナーやマンガコーナー、多様なサイズの宴会場などお休みスペースも充実。宴会は最大100名まで対応していて、家族パーティーから女子会、社員旅行、法事まで様々に利用できます。おトクな宴会プランもあるので、お出かけ前に要チェック。ちなみにカフェスペースでは函館初登場のコールドストーンのアイスバーも発売しているそう。 提供:天然温泉 七重浜の湯

キッズコーナーやマンガコーナー、多様なサイズの宴会場などお休みスペースも充実。宴会は最大100名まで対応していて、家族パーティーから女子会、社員旅行、法事まで様々に利用できます。

おトクな宴会プランもあるので、お出かけ前に要チェック。ちなみにカフェスペースでは函館初登場のコールドストーンのアイスバーも発売しているそう。

④ジンギスカンならここ!地元民も選ぶ人気店「炭火亭」

提供:炭火亭
ジンギスカンを食べるなら、地元民も通う人気店「炭火亭」に。通常のジンギスカン鍋はもちろん、網焼きでも楽しめるのが特徴。秘伝の2種類のタレに、薬味として玉ネギ・ニンニクをお好みで入れて飽きることなく食べられます。肉厚ながら、柔らかくジューシー、臭みも少ないのでジンギスカン初心者も安心。
提供:炭火亭
網焼きジンギスカンは、余計な脂が落ちてヘルシー!炭の香りで更に臭みもなくなり食べやすいです。ちなみに五稜郭公園前の店舗に加え、末広町には分店「串焼居酒屋 炭火亭 末広店」があり、こちらではラム肉を使った串焼きや唐揚げ、焼きそばなどを楽しめます。

⑤買うも良し食べるも良し!函館朝市の「マルヤマ商店」

函館朝市の目抜きスポットに所在する「マルヤマ商店」は、カニをはじめ北海道ならではの海の幸を買うもよし食べるよしのお店。採れ採れのカニは、焼きガニや刺身、浜茹でなど店内で好みの食べ方に調理してもらい、いただけます。 提供:マルヤマ商店

函館朝市の目抜きスポットに所在する「マルヤマ商店」は、カニをはじめ北海道ならではの海の幸を買うもよし食べるよしのお店。採れ採れのカニは、焼きガニや刺身、浜茹でなど店内で好みの食べ方に調理してもらい、いただけます。

函館朝市の中では珍しく、20時まで営業しているので朝食やランチだけではなく、夕食にも。カニ以外にも、様々な海鮮がありますが、お店のオススメはほっけや宗八かれい、ほたて貝に秋刀魚など季節おりおりの魚の炭火焼。ガス火で焼くのと異なり、独特の香りと風味が野趣に溢れ最高なんです。 提供:マルヤマ商店

函館朝市の中では珍しく、20時まで営業しているので朝食やランチだけではなく、夕食にも。カニ以外にも、様々な海鮮がありますが、お店のオススメはほっけや宗八かれい、ほたて貝に秋刀魚など季節おりおりの魚の炭火焼。ガス火で焼くのと異なり、独特の香りと風味が野趣に溢れ最高なんです。

⑥海鮮丼を食べるならココ!地元でも評判の「きくよ食堂」

提供:きくよ食堂
同じく函館朝市で海鮮丼を食べるなら、ウニ、イクラ、ホタテの載った元祖“函館巴丼”の「きくよ食堂」がオススメ。昭和31年創業の老舗で、道南産特A「ふっくりんこ」のごはんの上に、函館ならではの新鮮な魚介が所狭しと盛られます。
提供:きくよ食堂
海鮮丼専門店の朝市店以外に本格海鮮居酒屋のベイエリア店もあり、こちらはランチはもちろんディナーも営業。市内の人気ホテルからのアクセスも良く、帰りを気にせず思いきりお酒を飲みながら、和洋折衷手作り料理が味わえます。2016年11月には新千歳空港にも店舗がオープンしたので、こちらもチェックです!