• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで

このまとめ記事の目次

⑦GLAYのTERUも紹介「やごし本舗」のドンデマカロニ

函館出身のアーティスト、GLAYのTERUさんがTwitterで紹介したところ、人気爆発に。一時期、入手困難になったという函館土産の“新定番”が、「やごし本舗」の「DON de MACARONI(ドンデマカロニ)」。乾燥マカロニを専用の圧力釜に入れて膨張させて、砂糖やバターで味付けした菓子で、サクサクとした食感が特徴です。 提供:やごし本舗

函館出身のアーティスト、GLAYのTERUさんがTwitterで紹介したところ、人気爆発に。一時期、入手困難になったという函館土産の“新定番”が、「やごし本舗」の「DON de MACARONI(ドンデマカロニ)」。乾燥マカロニを専用の圧力釜に入れて膨張させて、砂糖やバターで味付けした菓子で、サクサクとした食感が特徴です。

ユニークな名前は、北海道では「ポン菓子」を「ドン菓子」と呼ぶのが由来。他に似たもののない独特の食感に加え、北海道産ビートを使用したこだわりの砂糖の味も魅力で、後を引くおいしいさなんです。 提供:やごし本舗

ユニークな名前は、北海道では「ポン菓子」を「ドン菓子」と呼ぶのが由来。他に似たもののない独特の食感に加え、北海道産ビートを使用したこだわりの砂糖の味も魅力で、後を引くおいしいさなんです。

⑧運河沿いの光景がロマン溢れる「金森赤レンガ倉庫」

金森赤レンガ倉庫
明治後期に立てられた赤レンガ倉庫をそのまま利用したショッピングモール「金森赤レンガ倉庫」は、観光客の多くが訪れる大人気スポット。ショップやレストラン、スイーツ店など個性的なショップが47店舗も並び、土産物さがしに食事にと1日楽しめます。
提供:金森赤レンガ倉庫
施設内に運河も流れる金森赤レンガ倉庫では、明治15年頃まで主流であったフランス流のレンガ積みと、以降に主流となったイギリス流のレンガ積みの両方が見られます。

夕刻からのライトアップされた景色も、とてもロマンチック。施設内には、金森の屋号「かねじゃく」をモチーフにした「幸せの鐘」も。大切な人と一緒に運河に向かって金を鳴らすと、幸せが訪れるかも…

⑨工場併設だからできるお菓子が魅力の「和創菓ひとひら」

ひと休みするなら、オススメは、地元産の食材にこだわった和洋のお菓子がいただける「和創菓ひとひら」。できたてふわっふわのどら焼きは絶品。季節おりおりの果物を使った季節のフルーツ大福「ひととき」は、お土産として購入し、全国に発送することも可能ですが、作りたてを店内のイートインスペースで食べて帰ることも。子どもづれでも安心のゆったりとしたスペースには、無料のドリンクもあり、心ゆくまで気になるお菓子を食べられます。 提供:和創菓ひとひら

ひと休みするなら、オススメは、地元産の食材にこだわった和洋のお菓子がいただける「和創菓ひとひら」。できたてふわっふわのどら焼きは絶品。

季節おりおりの果物を使った季節のフルーツ大福「ひととき」は、お土産として購入し、全国に発送することも可能ですが、作りたてを店内のイートインスペースで食べて帰ることも。子どもづれでも安心のゆったりとしたスペースには、無料のドリンクもあり、心ゆくまで気になるお菓子を食べられます。

店内には、本店でしか食べられない菓子などがたくさんあり、目移り。写真は、“ひとめぐりバウム”シリーズの人気商品「チーズイン」と「カスターイン」。店内で焼いている様子を見ることもできるバウムクーヘンの生地に、とろりと入ったチーズクリームがおいしいんです。事前にお願いすれば工場見学もさせてもらえるとのこと。 提供:和創菓ひとひら

店内には、本店でしか食べられない菓子などがたくさんあり、目移り。写真は、“ひとめぐりバウム”シリーズの人気商品「チーズイン」と「カスターイン」。店内で焼いている様子を見ることもできるバウムクーヘンの生地に、とろりと入ったチーズクリームがおいしいんです。事前にお願いすれば工場見学もさせてもらえるとのこと。

⑩最上階から街のきらめきを望む「夜景バー エステラード」

ホテル最上階にある「夜景バー エステラード」は、カウンター正面に函館山を見上げる好ロケーションで、右手に函館湾、左手に津軽海峡を望みます。夜景評論家が監修したというエステラードの夜景は、光ファイバーやLED照明による演出もあいまって、まさにSNS映えすること間違いなし。鳥賊漁の時期には夜景に加え、漁火の光も合わさって、ここでしか見られない景色を楽しめちゃうんです。豊富なオリジナルカクテルなを片手に寛ぎましょう。 提供:夜景バー エステラード

ホテル最上階にある「夜景バー エステラード」は、カウンター正面に函館山を見上げる好ロケーションで、右手に函館湾、左手に津軽海峡を望みます。夜景評論家が監修したというエステラードの夜景は、光ファイバーやLED照明による演出もあいまって、まさにSNS映えすること間違いなし。鳥賊漁の時期には夜景に加え、漁火の光も合わさって、ここでしか見られない景色を楽しめちゃうんです。豊富なオリジナルカクテルなを片手に寛ぎましょう。

エステラードが所在するホテルは、函館初となるインターナショナルブランドに生まれ変わった「フォーポイントバイシェラトン函館」。快適な滞在をコンセプトとして、函館の魅力と日本の和心を組み合わせた洗練された空間のホテルとなっています。 提供:夜景バー エステラード

エステラードが所在するホテルは、函館初となるインターナショナルブランドに生まれ変わった「フォーポイントバイシェラトン函館」。快適な滞在をコンセプトとして、函館の魅力と日本の和心を組み合わせた洗練された空間のホテルとなっています。

⑪北海道を握る!という職人の技が光る「函太郎 宇賀浦本店」

お得に本格的な寿司をいただくなら「函太郎」。函館近海で獲れた新鮮のネタが常時100種類以上も揃っていて、「北海道を握る!」という職人さんの意気込みで毎日、握られる寿司は、大満足のお味。新鮮なネタと、オリジナルでブレンドした道産米のシャリとのバランスも最高です。 提供:函太郎 宇賀浦本店

お得に本格的な寿司をいただくなら「函太郎」。函館近海で獲れた新鮮のネタが常時100種類以上も揃っていて、「北海道を握る!」という職人さんの意気込みで毎日、握られる寿司は、大満足のお味。新鮮なネタと、オリジナルでブレンドした道産米のシャリとのバランスも最高です。

旬のネタを大きめに、シャリを小ぶりに仕上げた函太郎バランスが嬉しいポイント。宇賀浦本店は、目の前に津軽海峡、立待岬を望むことができ、季節には漁火も見ることができます。1皿120円からと、お値段もリーズナブルで地元函館でも愛され続ける「鮮・味・技」をぜひ楽しんでくださいね。 提供:函太郎 宇賀浦本店

旬のネタを大きめに、シャリを小ぶりに仕上げた函太郎バランスが嬉しいポイント。宇賀浦本店は、目の前に津軽海峡、立待岬を望むことができ、季節には漁火も見ることができます。1皿120円からと、お値段もリーズナブルで地元函館でも愛され続ける「鮮・味・技」をぜひ楽しんでくださいね。

⑫伝統的な味を楽しめる「五島軒」

1879年から続く「五島軒」でぜひいただきたいのが伝統的なカレー。遠方、地元関わらずファンが多く、長く愛される味わいが人気です。自宅でもこのカレーの味を楽しめるようにおみやげもあり、函館に行った際にはぜひ買って帰りたいですね。 提供:五島軒

1879年から続く「五島軒」でぜひいただきたいのが伝統的なカレー。遠方、地元関わらずファンが多く、長く愛される味わいが人気です。自宅でもこのカレーの味を楽しめるようにおみやげもあり、函館に行った際にはぜひ買って帰りたいですね。

さらに、五島軒でもう1つ人気なのがスイーツ。特に「Bouquet(ブーケ)」はぜひ食べてほしい味。初代料理長が長崎のカステラを手本に作り上げたソフトケーキで、長い歴史の中で姿を消してしまっていた幻のケーキの復刻版なんです。その他にもチョコレートやケーキなど様々なスイーツが楽しめ、おみやげにもピッタリです。 提供:五島軒

さらに、五島軒でもう1つ人気なのがスイーツ。特に「Bouquet(ブーケ)」はぜひ食べてほしい味。初代料理長が長崎のカステラを手本に作り上げたソフトケーキで、長い歴史の中で姿を消してしまっていた幻のケーキの復刻版なんです。その他にもチョコレートやケーキなど様々なスイーツが楽しめ、おみやげにもピッタリです。

いかがでしたか?

マルヤマ商店
いかがでしたか? おいしいものや、楽しいことでいっぱいの北海道・函館に、皆さんも是非、いらしてくださいね。