• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
世界はこんなにも美しい!死ぬまでに見たいヨーロッパの国別世界遺産10選

現在、世界遺産の数は1000件以上。その多くがヨーロッパにあるのをご存知でしょうか?古くから文化や文明が発展してきたヨーロッパでは、それぞれ国ごとに特徴を持った遺産が沢山残されています。今回は死ぬまでに見ておきたいヨーロッパの世界遺産を国別にご紹介していきたいと思います。

このまとめ記事の目次

多くの世界遺産が見られるヨーロッパ

現在、世界遺産の数は1000件以上。その多くがヨーロッパにあるのをご存知でしょうか?古くから文化や文明が発展してきたヨーロッパでは、それぞれ国ごとに特徴を持った遺産が沢山残されています。今回は死ぬまでに見ておきたいヨーロッパの世界遺産を国別にご紹介していきたいと思います。

1. ヴェネツィア / イタリア

まず初めに紹介するのは、イタリアにある「ヴェネツィア」。1987年に、街全体と潟が世界遺産に登録さた「ヴェネツィア」は、"水の都"とも呼ばれています。10世紀には強力な海運共和国として貿易で栄えていました。
ヴェネツィアには街中に美しい建造物がずらりと立ち並びます。車は街の入口までしか入れず、街中の移動手段は船か徒歩のみ。迷路のような小道を散歩したり、舟に乗って運河からの景色を眺めて楽しむことができます。

2. モン・サン・ミッシェル / フランス

3. サグラダ・ファミリア / スペイン

次に紹介するのは、スペインにある「サグラダ・ファミリア」。首都バルセロナの中央に建つ、巨大な教会です。設計を手掛けたのは建築家アントニ・ガウディ。 1882年から始まったこの建築計画は未だ続いており、2026年ごろに完成予定なのだそうです。
Photo by ikemenlove
お城のような教会の内部は、天井にまで細やかな装飾がなされています。時間によって光の色が変化するステンドグラスも圧巻の美しさ!完成したサグラダ・ファミリアが、今から待ち遠しいですね。

スポット詳細

4. ストーンヘンジ / イギリス

次に紹介するのは、イギリスにある「ストーンヘンジ」。約5000年前に建てられたと言われる巨石のモニュメントです。最大50トンもの重さがある石を使ってできたこの古代遺跡。誰が、どういった目的で作ったのかは解明されておらず、未だ多くの謎が残っています。
広大な草原の中に凛とたたずむ「ストーンヘンジ」。実際にこの遺跡を目の前にするとその迫力に思わず息を飲んでしまうこと間違いなしです。

スポット詳細

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する