• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
中国ツウのライターが厳選!見どころたっぷりおすすめスポット8選

約2500年の歴史を有する中国の古都・南京。明の時代には中国全土の政治、経済、文化の中心として繁栄、また近代には中華民国の臨時政府も置かれました。今回は、そんな中国・南京ならではの豊かさが感じられる代表的な観光スポットをご紹介します。

このまとめ記事の目次

約2500年の歴史を有する古都・南京には見所がいっぱい

中国の南部、長江下流域に所在する江蘇省都の南京は、約2500年の歴史を有し、その間、いくつもの王朝が都を置き、栄えてきました。特に、明の時代には中国全土の政治、経済、文化の中心として繁栄。また近代には、中華民国の臨時政府も置かれました。

今回は、そんな中国・南京の、長く豊かな歴史を感じられる代表的な観光スポットを厳選してご紹介します。

①秋の紅葉や早春の梅の時期がオススメの「明孝陵」

南京観光の中心となるのは町の東にそびえる紫金山一帯の「鐘山風景区」。その定番中の定番の一つが、紫金山の南麓にある「明孝陵」。明を建国した朱元璋とその皇后の合葬陵墓で、1381年から32年もの歳月をかけて完成した大規模な陵墓で、ユネスコの世界遺産にも指定されています。
圧倒的なスケール感の明孝陵に加え、フォトジェニックなスポットとして観光客に人気なのが、明孝陵に至る「神道」。6種12対の獣の石像と1対の墓標、4対の武将と文官の石像が配され、陵墓を守っています。なかでも注目は、「カイチ」という名の一角獣。人が争った際、正しくない方を角で突くといわれています。この神道のベストシーズンは秋。長い参道が赤や黄色の紅葉で染まり、とっても見事なんです。
もう一つのオススメシーズンが、早春。神道の北側にある「梅花山」は梅の名所。2〜3月には、紅白の梅やしだれ梅など多種多様な梅が咲き乱れ、とってもきれいなんです。梅は南京市の花でもあり、開花時期には梅祭りも開催されます。

ちなみに梅花山の一角には「孫権墓」も。孫権は、あの『三国志』で呉を築いた英雄。ファンのみなさんは、必見ですね。

②中国の“国父”孫文が眠る「中山陵」

提供:
続けてご紹介するのは「中山陵」。明孝陵と同じ「鐘山風景区」に所在し、中国の近代民主革命で活躍した孫中山(孫文)が眠る場所です。辛亥革命を起こし、「国父」「中国革命の父」とも呼ばれる孫文、本人の遺言により、彼の遺体を南京に埋葬するために作られました。国内では“中国近代建築史上の第一陵”と評価されているのだそう。

③天然のペンダント!プラタナスの並木に彩られた「美齢宮」

提供:南京市観光委員会
こちらも同じく鐘山風景区にある「美齢宮」。国民政府主席官邸として、蒋介石の妻であった宋美齢が贅沢に暮らしていたことから美齢宮と呼ばれるようになりました。

この場所を訪れるのであれば是非、知っておきたいのが、南京市街から山腹にある美齢宮に至るプラタナスの並木道が作り出す天然の“ペンダント”。季節により、夏はグリーン、秋は黄金色に輝くペンダントが見事です。ペンダントトップの真ん中にあるのが美齢宮。
美齢宮の屋根は緑色の瑠璃瓦で覆われ、その上に1000もの鳳凰の彫刻があります。龍が皇帝の象徴で、鳳凰は皇后の象徴。

多くの要人を招いてのパーティーが行われるなど華やかな政治舞台でもあった館内はモダンな造りで、当時の最新設備が整っています。写真は、贅を尽くした料理が供されたメインダイニング。地下には宋美齢専用の厨房もありました。

④ハトの寝ぐら!?「音楽台」のもうひとつの楽しみ方

美齢宮から北に上がっていったところ、中山陵広場の南側にある「音楽台」は、1933年に建てられた野外音楽堂です。舞台の後ろにある大きな壁が反響板となって音が反射し、舞台を取り巻く半円形の会場に届きます。舞台の前には三日月形の蓮花池が。夏場には会場の芝生の緑や会場上の木々の回廊に花が咲き、美しい光景が広がります。

そして何よりも有名なのが音楽台に住むハトたち。会場の椅子下を寝ぐらとする多くのハトが飛びまわっています。そんなハトも構図に入れ、ウェディング写真を撮影する人も!

10元程度で売られている餌を買い、ハトと戯れるのが、音楽堂のもうひとつの楽しみ方です。

ちなみに広大な鐘山風景区を巡る際、留意したいのが先にランチスポットを確保しておくこと。一帯には、ほとんどレストランがないので要注意です。オススメは明陵神道の南側にある国際青年旅館の中のレストラン。
ウッディなホテルの2階にあり、江南料理の数々を堪能できます。

関連するリンクこの記事に関連するリンク