• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
台湾のウユニ塩湖?! 絶景『高美湿地』への行き方&ベストなタイミング

今、コアな旅人の間で話題の絶景スポット『高美湿地』をご存知ですか? 有名なボリビアの『ウユニ塩湖』のように、世界が湖面に映り込んで宇宙感たっぷり! 美しすぎて放心…。しかも台北っこにすら訪問を羨まれる「これから盛り上がる」感にも旅心くすぐられるでしょ。さぁ今こそ♬ 実際に辿った空港からの行き方と、訪れるのにベストなタイミングをご紹介いたします。

このまとめ記事の目次

台北の桃園空港から『高美湿地』への行き方

待ちに待った台湾旅行、限られた休日! 時間を有意義に使いたいものですね。
午前中に桃園国際空港に到着して、そのまま話題のスポット「高美湿地」へ移動するのはいかがですか? 空港から『高美湿地』への道筋はザックリこんな感じです。

【空港→(何らかの手段で)→台鉄の清水駅→(バス)→高美湿地】

大きな荷物はどこに預ける?

この行程では空港が基点になっているので、旅の荷物は全て持ったまま。観光に不要なものはどこかに預けるのがらくちんです。

台鉄の台中駅(町の中心)近くに宿をとった方は、まずはそこに荷物を預けるといいですね。おそらく、高美湿地を訪れる場合、多くの方が台中に一泊すると思います。せっかくですから、台中も楽しんでいただきたいです。おすすめスポットがたくさんありますよ。

また、台中駅には有人の荷物預かり所もあるし、ロッカーもあります。宿に寄る時間がなければ、そこに預けるのもいい作戦です。

なので、桃園国際空港から、まずは台中駅を経由する行程を考えましょう。




*その日のうちに台北へ行く方は、往復に高鉄を使い、荷物は高鉄の台中駅(町外れ)のロッカーに預けるのがスマートです。この場合、台鉄の台中駅は通りません。

台鉄の台中駅への交通手段を選ぶ

まずは台鉄の台中駅をめざします。主な行き方は2つ。乗車時間2時間のバスを使うか、1時間弱の高鉄(=台湾新幹線=台湾高速鉄道)に乗るか。

わたしは、バスを選びました。理由は2つです。


理由1.らくちん

バスを使う行程は、空港のバス乗り場から、台鉄の台中駅前へ、直接行け流のでスマート!

一方、高鉄は乗り換えが多いです。『空港→高鉄の桃園駅→高鉄の台中駅→台鉄の台中駅』まどろっこしいですね。しかも、乗り換えがあるので、結果的に所要時間はほとんど同じになります。

【時刻表】
台鉄はこちら→ http://www.railway.gov.tw/jp/
高鉄はこちら→ https://www5.thsrc.com.tw/jp/
理由2.料金

バスの料金は230元前後、高鉄は540元、バスは1/2ほどで済みます。

しかも、台湾の長距離バスは、イスはふかふか広々、内装はゴージャスなことが多いから、乗り心地抜群なのです、乗ってみるのもいい経験かも。
Photo by とまこ

台中行きのバス

でも、『台湾で新幹線に乗ったよ♪』と、言いたいですよね。乗ること自体がイベントみたいなもの、旅のいい思い出です。

そんな意味をこめて、高美湿地や台中の観光を終えてから、台北の街まで行くときには高鉄を使うのもいい案です。荷物の置き場所問題と、空港から高鉄桃園駅までの移動がないので、乗る価値が高くなります。

桃園空港のバス乗り場へ

では、桃園空港のバス乗り場へ行きましょう。入国して、バゲージをピックアップした後、『BUS』の表示に従って進めば簡単に着きます。

途中、エスカレーターを地下1階に降りたところに『Hi-Life』というコンビニがあります(写真奥)。そこを道なり左に進めば、すぐにバス乗り場。なので、バス車内用の飲食物は、この『Hi-Life』で購入しておくといいですね。
Photo by とまこ

桃園国際空港のバス乗り場への通路

バス乗り場にはいつくか台中行きのバス会社が並んでいますが、料金も所要時間も大差ありません。そのとき1番早く出発する便を選ぶといいと思います。
Photo by とまこ

バスのチケット売り場

さて、あとはバスを待つばかり。チケットを買ったときに教えてもらうバス乗り場の番号を確認したら、ベンチで待ちます。

ちなみに、ベンチ付近には無料のコンセントがあるので、飛行機でスマートフォンなどの充電池を使い尽くした方は、バスを待ちつつ、ここでチャージをどうぞ。
Photo by とまこ

バス乗り場のコンセント

台鉄の台中駅から清水駅へ

2時間ほど、快適に揺られたら台鉄の台中駅の近くに到着です。
Photo by とまこ

台鉄の台中駅

宿やロッカーに荷物を預けて身軽になったら、再び台鉄の台中駅へいきましょう。

ちなみに、清水駅までの路線は田舎なのであまり本数がないです。前もって時刻表を調べておくと乗りっぱぐれがありません。

【時刻表】http://www.railway.gov.tw/jp/
ホームはこんな感じののんびりぐあい。とたんに旅感がにじみ出ます。
Photo by とまこ

台中駅のホーム

ホームにはキオスクもありますよ。乗車時間は30分くらいですが、ドリンクやお菓子など必要であればここでもどうぞ。

ちなみにわたしは台中名菓の『太陽餅』を買いました。蜂蜜ジャムの入ったパイで、1個30元です。ぽろぽろパイ生地がくずれるから吸い込みながら食べてくださいね(笑)。
Photo by とまこ

太陽餅

清水駅に到着です。
Photo by とまこ

清水駅

帰りの電車の時間は、ネットの時刻表でも調べられるけど、ここで駅員さんに聞くのもありです。
Photo by とまこ

清水駅

清水駅から高美湿地へのバスの、停留所と番号

駅からはバスで高美湿地へ向かいます。バス停は、駅を出てまっすぐ進んだ初めの信号のある交差点です。向かいにファミリーマートがあるのが目印です。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

とまこ旅作家・料理冒険家。おしゃれパッカー部長。『世界一周旅ごはん』等既刊11冊。【離婚して、インド】【世界の国で美しくなる!】共に幻冬舎より2月発売★新作制作中 http://tomako.tv

このまとめ記事に関して報告する