• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
国内最古の温泉!「道後温泉」の人気日帰りランキングTOP15!

愛媛県「道後温泉」は、日本国内で最も古い3000年の歴史を持つ温泉です。今回は、日帰りでも楽しめる「道後温泉」をランキングで紹介します!ジブリ映画「千と千尋の神隠し」に登場する湯屋のモデルの1つにもなったといわれるお風呂もあるので、ぜひ参考に見ていただけたら嬉しいです。

このまとめ記事の目次

第15位 放生園(ほうじょうえん) / 松山市道後湯之町

道後温泉駅から商店街の入口に向かって右側に「放生園」があります。観光案内所が隣にあるので道後温泉を足湯で楽しんだ後、観光やグルメを楽しむのもいいですね!※足湯に入浴する際は、タオルなど拭くものをお忘れなく!
■営業時間■6:00~23:00
■料金■無料
■住所■愛媛県松山市道後湯之町6-7
■電話番号■089-948-6556
  • 愛媛県松山市道後湯之町
  • 089-948-6556

第14位 かんぽの宿 道後 / 松山市溝辺町

日帰りプラン(食事+広間利用+入浴)や日帰り入浴(毎月26日の風呂の日は入浴料金半額!)など、日帰りだけでも様々なプランがあります。また宿から観光地まで近く、道後温泉を湯めぐりする際にも便利な立地なので宿泊をおすすめします!宿泊プランの中にはワンちゃんと泊まれるお部屋もあります。「かんぽの宿 道後」は今年(平成27年)の8月いっぱいで営業終了してしまうので、ぜひ夏休みを利用してお泊りください。
■営業時間■6:30〜9:00と11:00〜20:00
■料金■12歳以上=400円、6歳以上12歳未満=300円
■住所■〒791-0101 愛媛県松山市溝辺町3-1
■電話番号■089-977-0460
  • 愛媛県松山市溝辺町3-1

第13位 メルパルク松山 / 松山市道後姫塚

「道後温泉本館」まで徒歩5分の近さなので、湯めぐりに行きやすく便利な立地です。日帰りプランは2コース(『お手軽3時間!ショートステイコース』と『ゆったり5時間!ロングステイコース』)あり、どちらも温泉+ランチ+客室休憩のお得なセットプランとなっています!
■営業時間■『お手軽3時間!ショートステイコース』客室休憩13時~16時
『ゆったり5時間!ロングステイコース』客室休憩11時~16時
■期間■平日・日曜限定(土曜・休前日・GW等繁忙期間を除く)
■料金■『お手軽3時間!ショートステイコース』1人3240円
『ゆったり5時間!ロングステイコース』1人4320円
■住所■〒790-0858愛媛県松山市道後姫塚123-2
■電話番号■089-945-6411

第12位 道後グランドホテル / 松山市道後湯之町

道後グランドホテルの日帰りプラン「デイユース◇お部屋ご利用無」は、3時間滞在できます。充実しているアメニティとタオルの貸し出しがあるので、手ぶらで温泉を楽しめるお得なプランです!
■営業時間■予約制(チェックイン15:00~ 19:00チェックアウト21:00)
■料金■大人(1人)980円 12歳以下(1人)780円
■住所■〒790-0842 愛媛県松山市道後湯之町16番21号
■電話番号■089-943-0075

第11位 古湧(こわく)園 / 松山市道後鷺谷町

日帰りは、入浴プラン(入浴のみ)と日帰りプラン(昼食+個室利用+入浴※1人2500円~)と宴会プラン(8名~※1人6000円~)があります。お風呂はサウナを含め7パターンあり、道後温泉めぐりも楽しいですが、ここだけでも満足できるお風呂となっています!
■営業時間■【入浴プラン】平日14:00~21:30 土曜日・日曜日・休前日12:00~21:30※ゴールデンウイーク、お盆、年末年始は除く
■料金■【入浴プラン】1000円(諸税別)・貸バスタオル、タオルセットつき
■住所■〒790-0836 松山市道後鷺谷町1-1
■電話番号■089-945-5911

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する