• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
台湾の新スポット!村が丸ごとアートな『彩虹眷村』がハイテンションすぎる。行き方をどうぞ

やばいですね。村中がこんな風にペイントされてるって信じられますか⁉︎ このエネルギッシュで奇想天外なアートが、まさか当時86歳の黄じいさんただひとりで始められ、その後数年描き続けたという事実をどう受け止めますか!? もう、神がかりとしか言いようがないですね。そんな謎とパワーで満ちたスポット、彩虹眷村の概要と、行き方をご案内いたします。

このまとめ記事の目次

『彩虹眷村』はこんなとこ。スゴイ、笑える、とりあえず見て!

世にも稀すぎるこのアートが生まれた理由は、まさかの……!

『彩虹眷村』は、スーパーハイテンションで、キッチュな絵が、村を埋めつくしている、世にも珍しい村。

彩虹眷村はどこから見てもこんな感じ(笑)

この絵は全て、ここの住人「黄じいさん」ただひとりの作品だとは、とんでもない熱量ですね。しかもじいさんが描き始めたのは2008年で、86歳だったというから、またびっくり。その後数年間、描き続けていたそうです。さらには描き始めた理由がまたすごい。

『暇だったから』。

訳わかりません(笑)。

彩虹眷村の外観

ちょっとココロを落ち着けて、モチーフの詳細を見だすと、全てが摩訶不思議生物すぎて笑えてきます。躊躇や臆病はスパッとスルー。思うままに描いて描いて、打算もきっかりスルーした結果の、打算みたいなのが痛快です。エネルギー高すぎます。元気しか出ません!

彩虹眷村の家の外壁

しかも、このアグレッシブすぎる村の住人さんが、数人のお年寄りだけとか。なんか全てが笑えてハッピーです。

彩虹眷村の外観

彩虹眷村の外観

彩虹眷村の外観

彩虹眷村の外観

彩虹眷村の外観

ついでに?! 恋愛成就祈願もできる

粋な黄じいさんは、カップル写真の背景用に『永結同心』『LOVE』『百年好合』なる言葉を添えた撮影スポットも描きました。いかにも恋愛運アップにつながりそうなです? 信じて撮影すれば、いいことあるかもしれません。

彩虹眷村の恋愛成就撮影スポット

彩虹眷村の夜がまたいい、別世界

夜のしっとりした空気が、キッチュでエネルギッシュな村を包み込むと、なんとも異次元的な空間に見えてきます。美しいような、楽しいような、神がかっているような、不気味なような……。昼とは全く趣の違う姿を見せてくれるなんて、とても魅力的な村ですね。

彩虹眷村の周り

彩虹眷村の外観

彩虹眷村の外観

彩虹眷村の外観

彩虹眷村の夜は、別世界

彩虹眷村の夜は、別世界

彩虹眷村の外観

黄じいさんご本人にあえるかも?!

村の中でハンチングのご老人を発見しましたよ。もしや?!
はい、彼こそは、絵を描き続けた当の本人、黄じいさんでした。神がかった方なのか、ちょっと近より難いアーティストなのとか、いろんな想像をしましたが、とっても気さくな方でした。
ニコニコしながら名刺を配りまくっておられましたし(笑)。

彩虹眷村の黄じいさん

しかも黄じいさんは、ご自身の絵がモチーフになったお土産グッズに埋もれていました。
ポストカードやステッカー、ノートやらTシャツに傘に……種類が豊富! どれもポップでキッチュでかわいい仕上がりです。ひと味違う台湾土産として喜ばれそうです。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

旅作家 とまこおしゃれパッカー部長。文と写真とドローン空撮。 TVと講演。『離婚して、インド』『世界の国で美しくなる!』(共に幻冬舎) など既刊12冊。2017年9月20日『台湾で朝食を 日常よ、さようなら!』発売

このまとめ記事に関して報告する