• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
一度は食べておきたい!京都のご当地グルメランキングTOP15

休み期間のレジャーにはやっぱりどこかに旅行に行きたいですね!旅行の一番の楽しみといえばなんといってもご当地グルメ!でも初めて行く京都だとちょっとよくわからなくて不安…。そんなあなたに、そこに行かなきゃ食べられない!手に入らない!そんな今話題の京都のご当地グルメをランキング形式でまとめてみました。愛知県を訪れるときには何としてでも食べてみたいと思うような地元でもおすすめの逸品揃いのランキングです。

このまとめ記事の目次

第15位 にしんそば

身欠きニシンをみりんだけで甘く煮付け、そばの上に乗せていただくニシンそばは、京都を代表する名物そばです。

出典:recipe.bioweather.net

もともと北海道から輸送されたニシンを使用した名物蕎麦として知られる。山に囲まれた京都市は、乾燥させた保存食を戻して使う技術も進歩し、棒鱈を戻した芋棒もそのようにして出来た料理のひとつ

出典:ja.wikipedia.org
京都のご当地グルメとして昔から人気のある「にしんそば」は、上手に炊いた甘い味付けのにしんと上品なお出しのコンビネーションで誰にでも愛される美味しいお蕎麦です。寒い季節には特にたまりません!
【名称】総本家にしんそば松葉 (そうほんけにしんそばまつば)
【予約】 075-561-1451
【住所】京都府京都市東山区川端町192 南座西隣
【アクセス】四条河原町駅より徒歩5分
【営業日/営業時間】10:30~21:30
【定休日】水曜日(祝日の場合は営業)
  • 京都府京都市東山区川端町192南座西隣
  • 0755611451

第14位 千枚漬(せんまいづけ)

千枚漬(せんまいづけ)とは京都の漬物のひとつ。現在販売されているものは概ね蕪(かぶ)を薄く切って昆布、唐辛子とともに酢漬けにしたもの

出典:ja.wikipedia.org

江戸時代末期に大膳職の大藤藤三郎という人が宮中の献立として考案したとされています。これが殿上人の評判となったことから、藤三郎はめでたさを表す青松に見立てた壬生菜を添え、千枚漬と名付けました。

出典:www.jakyoto.com
京都といえば漬物、中でも最も人気のあるもののひとつで有名なのがこの千枚漬。京野菜の蕪をしっとり漬けて上品な味わいの中にピリッとした刺激!定番のご当地グルメでお土産にも最適です。
【名称】千枚漬本家 大藤 麩屋町本店 (だいとう)
【予約】075-221-5975
【住所】京都府京都市中京区麩屋町通り錦小路下る東側町528
【アクセス】河原町駅から316m
【営業日/営業時間】8:30~18:00
【定休日】木曜日
  • 京都府京都市中京区麩屋町通り錦小路下る東側町528
  • 0752215975

第13位 そばぼうろ

京都で生まれたぼうろ「蕎麦ぼうろ」。ぼうろはもともとカステラや金平糖などとともに海外から伝わった南蛮菓子です。

出典:www.kbs-kyoto.co.jp

ぼうろ(ボーロ)は、ポルトガルやオランダから伝えられた焼き菓子であった。その後、明治の末、京都の(なんと)蕎麦屋「河道屋」が、蕎麦粉をぼうろに加えて梅型に焼いて売り出したのが「蕎麦ぼうろ」の始まり

出典:www.tabetayo.com
昔ながらの素朴な味わいが長い人気を保っている京都名物の「そばぼうろ」。一見なんてことのない簡単なお菓子に思えますが、長い歴史と秘伝が伝わる奥深い和菓子で、地元でも公表のご当地グルメです。
【名称】丸太町かわみち屋 本店
【予約】075-231-2146
【住所】京都府京都市上京区丸太町通河原町西入信富町331
【アクセス】京阪電鉄「神宮丸太町駅」より徒歩5分
【営業日/営業時間】9:00~17:30
【定休日】元旦、火曜日 (祝日、8月・12月の繁忙期は除く)
  • 京都府京都市上京区丸太町通河原町西入信富町331
  • 0752312146

第12位 七味唐辛子(しちみとうがらし)

江戸時代から親しまれてきた唐辛子。中でも、京都の唐辛子は、京料理の繊細な味に合わせて、風味豊かな七味や一味として育まれていきました。

出典:www.ochanokosaisai.com

京都では、繊細なだしの風味を引き立てるよう「香り」を重視したブレンドへ。西にゆけば香り高くなる

出典:bonnokubo.boo.jp
上品ではんなりした味付けが信条の京料理に密かなアクセントをつける名脇役がこの「七味唐辛子」。元々唐辛子の生産地だった京都で、香り高いブレンドが好まれてきました。今ではご当地グルメ/お土産の超人気商品です。
【名称】七味家本舗
【予約】075-551-0738
【住所】京都府京都市東山区清水二丁目221
【アクセス】清水五条駅から1,108m
【営業日/営業時間】8:30~18:00 (冬期は9:00~17:00)
【定休日】026-232-3966
  • 京都府京都市東山区清水二丁目221
  • 0755510738

第11位 柴漬(しばづけ)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する