• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
春の訪れを身体いっぱい体感する!沖縄離島のおすすめツアー5選!

新年を迎えた1月の沖縄の平均気温は、なんと17℃! 1月下旬からはカンヒザクラが咲き始め、ひと足早い春の訪れを感じることができます。2月に入り桜の季節が終わると、緑豊かな沖縄の山々は新しい芽が息吹く、新緑の季節。この頃の沖縄は、自然を満喫できるアクティビティを楽しむにはもってこいの季節です。 「ちょっと先にある、もうひとつの楽園」をコンセプトに、魅力あふれる沖縄の離島を紹介する観光情報サイト「リトハク」では、そんな春の沖縄離島旅行にぴったりなコンテンツを公開しました!

このまとめ記事の目次

春の訪れを身体いっぱいに体感できる、おススメのツアーやスポットをご紹介します。

【1】島旅をライフワークとする沖縄CLIPフォトライター桑村ヒロシがおすすめする 「沖縄離島の祭りをきっかけに島旅をしてみよう」

大小160の島々が存在する沖縄県。そのうち有人離島が39と言われていますが、その39島すべてに足を運ぶほど、離島フリークの桑村ヒロシが春の島旅で紹介するのは、本島北部にある本部港からフェリーで約30分に位置する自然豊かな素朴な島、伊江島です。4〜5月には「伊江島ゆり祭り」が開催され、10万株のテッポウユリが広がる景色に誰もが感動を覚えます。
沖縄の2〜4月は「うりずん」とも呼ばれ、最も天候が安定している季節。八重山(やえやま)諸島や宮古諸島などでは、ひと足はやく「海開き」のイベントも開催されます。その他、沖縄離島では年間を通して様々な伝統行事や、各シーズンならではのイベントが盛りだくさん。島の祭りやイベントへの参加を目的に旅をするのも、もともとある島の日常が垣間見れて、より一層特別な旅の思い出となることでしょう。

【2】西表島の自然を五感で体感!早朝コースタルトレッキングツアー

島全体が国立公園として指定され、2018年の世界自然遺産の候補地とされている、自然や希少生物の宝庫、西表島(いりおもてじま)。石垣島から、更にフェリーを利用して渡ります。ジャングルのようにうっそうとした広い森は沖縄でも珍しく、圧倒的な迫力です。
西表島にある、数あるトレッキングコースのなかでも、「早朝コースタルトレッキングツアー」は、夜から朝へと変化する神秘的な瞬間を体験できるツアーとして人気。マングローブが生息する浅瀬を歩き、時間が経つにつれてだんだんと空の色が朝の顔へと変化して行く大自然のその瞬間を、五感を使い身体全体で感じるように楽しむことができます。

【3】伊良部島で蟹蔵と行く!マングローブ蟹漁体験ツアー

宮古諸島のひとつ伊良部島(いらぶじま)は、宮古島の隣に位置します。宮古島からは橋で気軽に渡ることができるため、ドライブコースとしても人気。島の魅力をたっぷりと詰め込んだ体験も定評があり、多くの人が島を訪れます。その中でも今回こちらで紹介するのは、オリジナリティ溢れる「宮古島ひとときさんぽツアー」のひとつ、マングローブに生息するガザミ(ワタリガニ)の漁を体験し食するツアーです。
蟹漁のガイドをしてくれるのは、「ガザミは世界一美味しい蟹」と話す、伊良部島で育ちガザミの保護活動や養殖などを行う吉浜さん。蟹漁を行いながら、ツアーの最中に見かける入り江の生き物たちやマングローブの生態系についても教えてもらえます。宮古島が誇る雄大な自然のなか、大人も子供も楽しめる蟹漁のワクワクな体験は、きっと、思い出深い貴重な体験となるはずです。

【4】渡嘉敷島自慢のケラマブルーの海でシーカヤック&無人島体験ツアー

のんびりとした集落の雰囲気が心地よい渡嘉敷島(とかしきじま)は、慶良間(けらま)諸島に点在する島のひとつ。この地域特有の鮮明な青い海を称する、美しい「ケラマブルー」が見られることで広く知られています。そんな渡嘉敷島で、今回紹介するのは、海の魅力を存分に満喫する「シーカヤック&無人島体験ツアー」。
珊瑚礁が連なる阿波連(あはれん)ビーチを拠点に、シーカヤックで無人島のハナリ島を往復していきます。透明度が高く、息をのむほど美しい海を堪能しながら、カヤックでゆったりと向かい、上陸後は眩しいほどきらめく白い砂浜をお散歩。無人島へ渡るという、夢のような体験ができます。知識豊富なガイドさんがしっかりといることで、安全に冒険が楽しめるのもうれしいですね。

【5】久米島シーサイドパークゴルフ場で久米島ならではのコースを満喫!

沖合に細長く浮かぶ、砂浜だけの砂洲「ハテの浜」。そのハテの浜をはじめ、畳石やミーフガーなど美しい景勝地が多いことで久米島は知られています。そんな久米島は、本島から飛行機で約30分とアクセスも便利。美容に良いとされる海洋深層水を使った温浴施設「バーデハウス久米島」などの施設も充実していることで、今、女子旅で注目を集めている場所です。
久米島の美しい海を眺めながら春の陽気を浴び、身体をリフレッシュさせるスポットとして紹介したいのは、「久米島シーサイドパークゴルフ場」。海を広く見渡せるコースは、開放感抜群です。世代を超え誰もが楽しめるコース設定も、久米島シーサイドパークゴルフ場ならでは。春休みなどの休暇を、家族や仲間たちと存分に楽しみたい!と言う、その希望にも大満足に応えてくれます。
2月に入っても暖かい沖縄では、ひと足早く春を楽しむイベントが県内各地で開催されます。特に2〜4月は、自然の表情がさらに豊かになるおすすめの季節! 今回ご紹介したトレッキングなどアクティビティを堪能しながら、春の沖縄離島を思う存分楽しんでみてはいかがでしょう。

2017年2月13日〜2017年2月26日までの期間中は、10万円の沖縄離島旅行券が当たる嬉しいキャンペーンも開催! 今後も沖縄離島観光情報サイト「リトハク」をチェックしてくださいね。

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

沖縄CLIP沖縄の隠れた魅力を、地元在住のライターが独自取材した記事で発信しています。

このまとめ記事に関して報告する