• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
とびっきりユニークな旅を!アフリカ大陸の楽園ケープタウンの魅力とは

あの『ニューヨークタイムズ』紙の「訪れたい都市」第1位にも選出された「ケープタウン」は、アフリカ大陸、最南端に位置する国際都市。周囲を海と山に囲まれ、圧倒的な大自然に触れられると同時に、各国からの商人と南アフリカに住む現地の人々との交流の結果として作り出された独自のエネルギッシュかつモダンな文化を味わえる場所でもあります。今回は、そんなケープタウンの魅力をご紹介します。

このまとめ記事の目次

アフリカ大陸、最南端の都市「ケープタウン」

shutterstock
アフリカ大陸には「成功者は南へと向かう」という言葉があるそうですが、アフリカ大陸のまさに最南端に位置する都市が「ケープタウン」。山と海に囲まれた自然豊かなケープタウンは、南アフリカ共和国(以下、南アフリカ)の玄関口ヨハネスブルグから南西に飛行機で2時間ほどの距離に位置します。
shutterstock
2014年には『ニューヨークタイムズ』紙の「訪れたい都市」第1位にも選出された世界的に人気の旅先でもあるケープタウンは、1652年以降、南アフリカ最大の貿易港として栄え、かつてのオランダ東インド会社の拠点ともなり、世界中から商人たちが集まりました。

その面影を今に残す「歴史的な都市」であると同時に、美食レストラン、おしゃれなカフェ、ワイナリーが集まる「モダンでおしゃれな都市」という魅力的な二面性を持っています。今回は、そんなケープタウンの魅力を一挙にご紹介します。

魅力1:新世界7不思議の一つ「テーブルマウンテン」からの絶景

shutterstock
その名のとおり、「テーブルマウンテン(Table Mountain)」は、まるで神々の食卓のような神秘的な形をしています。かつて海面下にあったとされており、新世界7不思議にも登録されている南アフリカで最も有名な観光名所の一つです。

1086メートルの高さがあり、頂上まではロープウェイで登ることもできますし、階段になったハイキングコースから登ることもできます。頂上と地上とでは気温に差があり、夏でも夕方は冷えるので、登る際は、なにか羽織れるものを持っていくことをおすすめします。
Photo by koheimuto
頂上から眺めるケープタウンのパノラマビューはまさに絶景。ケープタウンの気候は変動が激しいので、晴れたタイミングに逃さずに行くと良いでしょう。テーブルマウンテンの山頂部をきれいに覆う雲は「テーブルクロス」とも呼ばれているので、雲がかかっている時には、下からの景色も是非お楽しみください。
Photo by koheimuto
復路のロープウェイは通常日没後まで稼働しているので、テーブルマウンテンから日没を鑑賞することができます。
ケープタウンの中心地にほど近い「シグナルヒル」は、夕日と夜景のベストスポット。山側に座れば、テーブルマウンテンを街中からとは違った角度で眺められ、海側に座れば、大西洋と眼下に広がるケープタウンの街並みを見渡すことができます。 Photo by koheimuto

ケープタウンの中心地にほど近い「シグナルヒル」は、夕日と夜景のベストスポット。山側に座れば、テーブルマウンテンを街中からとは違った角度で眺められ、海側に座れば、大西洋と眼下に広がるケープタウンの街並みを見渡すことができます。

魅力2:とびきりフォトジェニックな「ボカープ」の街並み

shutterstock
南アフリカにおける民族コミュニティの一つ、ケープマレー文化の歴史的な中心地となっているのが「ボカープ(Bo-Kaap)」エリア。シグナルヒルの斜面に位置しているこの地は、重要文化財にも指定されています。
一説によると、かつて世界各地から連れてこられた労働者たちは、白い洋服のみを着ることが許されていましたが、アパルトヘイトが撤廃され自由位なったことを祝福してボカープエリアの住民達がカラフルに家を塗り始めたのが始まりと言われています。
Photo by koheimuto
このエリアにはかつてオランダ人によってマレーシアやインドネシアなどのアジアおよびアフリカ諸国から労働者として連れてこられたケープマレーと呼ばれる人々の子孫が集まっています。そのため、この地域にはモスクやケープマレー料理屋さんが多くあります。

魅力3:「V&A ウォーターフロント」からのサンセットクルーズ

Photo by koheimuto
かつて南アフリカ最大の貿易港として世界中から商人が集まったとされる「V&Aウォーターフロント(V&A Waterfront)」。現在は、多くの有名レストランやショップが集まる、観光客や地元の人々に人気のスポットとなっています。

港を眺めながらシーフードランチを堪能し、お土産探しが終わったら、サンセットクルーズで夕日に染まったケープタウンを鑑賞しながらシャンパンに酔う・・・なんて過ごし方ができる場所です。
Photo by koheimuto
ウォーターフロント内にあるショッピングセンターには、南アフリカ中から集まる工芸品がずらりと揃っており、お土産を探す際にはピッタリの場所。
隣接するフードマーケットには南アフリカ産ワインやチーズ、ビルトン(※)などが、ずらり。オシャレなカフェなどもあり、ショッピング後に一息つくにも最適です。※ビルトンとは、干し肉(ジャーキー)のことで、南アフリカ定番の人気おつまみです。種類が豊富で、ビーフはもちろん、鹿やダチョウ、インパラ、ワニなどもあるんです。日本で食べるジャーキーよりも、しっとりと柔らかく、塩、コショウ、コリアンダーのスパイシーな味付けが特徴です。是非食べてみてくださいね。 Photo by koheimuto

隣接するフードマーケットには南アフリカ産ワインやチーズ、ビルトン(※)などが、ずらり。オシャレなカフェなどもあり、ショッピング後に一息つくにも最適です。


※ビルトンとは、干し肉(ジャーキー)のことで、南アフリカ定番の人気おつまみです。種類が豊富で、ビーフはもちろん、鹿やダチョウ、インパラ、ワニなどもあるんです。日本で食べるジャーキーよりも、しっとりと柔らかく、塩、コショウ、コリアンダーのスパイシーな味付けが特徴です。是非食べてみてくださいね。

ショッピングと美食を堪能したら、いよいよサンセットクルーズに。様々な旅行会社がツアーを提供しており、ヨットからクルーザーまで船のタイプも多様な選択肢から選べます。ちなみにチケットは、事前にホテルもしくはウォーターフロント内にあるチケットオフィスで予約しておくと安心です。 Photo by koheimuto

ショッピングと美食を堪能したら、いよいよサンセットクルーズに。様々な旅行会社がツアーを提供しており、ヨットからクルーザーまで船のタイプも多様な選択肢から選べます。ちなみにチケットは、事前にホテルもしくはウォーターフロント内にあるチケットオフィスで予約しておくと安心です。

クルーザーから眺める夕日に赤く染まったテーブルマウンテン。自然が織りなす絶景を鑑賞しながらゆっくりと流れる海上での時間が楽しめます。 Photo by koheimuto

クルーザーから眺める夕日に赤く染まったテーブルマウンテン。自然が織りなす絶景を鑑賞しながらゆっくりと流れる海上での時間が楽しめます。

ウォーターフロント内にある観覧車。ここからケープタウンの夜景を堪能できるということもあって、観光客や地元のカップルに人気。食後は観覧車に揺られながら夜景を楽しみつつ一息つくのもよいでしょう。 Photo by koheimuto

ウォーターフロント内にある観覧車。ここからケープタウンの夜景を堪能できるということもあって、観光客や地元のカップルに人気。食後は観覧車に揺られながら夜景を楽しみつつ一息つくのもよいでしょう。

関連するリンクこの記事に関連するリンク