• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
この季節限定の“紫のカーテン”!春にしか見られない「藤の名所」10選

春にはやっぱり春らしく桜やネモフィラなど、可愛くて綺麗なお花を見に行きたくなっちゃいますよね!今回ご紹介するのは、日本の固有種でもある“藤”が見られるスポットです。紫色に咲く藤の花は、春にしか見られない美しい景色を見せてくれますよ。(※掲載されている情報は2018年4月に更新されたものです。必ず事前にお調べください。)

このまとめ記事の目次

1. 白毫寺(兵庫)

まず初めにご紹介する藤の名所は、兵庫県丹後市にある「白毫寺(びゃくごうじ)」です。JR福知山線・市島駅より、タクシーで8分ほどの場所にあります。こちらでは「九尺藤」という藤を見ることが出来ます。

例年の見頃:5月上旬〜中旬

「九尺藤」とは園芸品種名で、花穂の長い藤のことを言うんだそう。今までで一番長いものでは、約180センチを記録しているんだとか!長い藤が咲くその様子は、まるで紫のカーテンのようで美しいと評判です。通常5月初旬から中旬にかけて咲くそうです。

詳細情報

  • 兵庫県丹波市市島町白毫寺709
  • 0795-85-0259

2. あしかがフラワーパーク(栃木)

こちらは、栃木県足利市にある「あしかがフラワーパーク」です。佐野藤岡ICより車で18分ほどの場所にあります。こちらでは、「世界の夢の旅行先10ヶ所」に選ばれたこともあると言う、素晴らしい紫の絶景を見ることが出来ます。

開放時期:2018年4月18日(水)~5月20日(日)

樹齢150年にも及ぶ600畳敷きの藤棚を持つ「大藤」や、長さ80メートルにもなるという白藤のトンネル、キバナ藤のトンネルなど、350本以上の藤を楽しむことが出来ます。2018年は4月18日(水)~5月20日(日)の期間で開放されるそう。また、4月21日(土)~5月13日(日)の17:30~21:00の期間限定でライトアップもされるそうですよ。

詳細情報

  • 栃木県足利市迫間町607
  • 0284-91-4939

3. 河内藤園(福岡)

こちらは、福岡県北九州市の「河内(かわち)藤園」です。都市高速大谷ICよりほど近い場所にあるこちらでは、20種類以上の藤の花を見ることが出来ます。「日本の最も美しい場所31選」にも選ばれたことのある美しい景色です。

開園時期:4月中旬~5月中旬

開花状況に応じて4月中旬~5月中旬の開放となります。様々な色・種類の藤の花が見せてくれるこの美しい景色を見ようと、毎年国内外から多くの観光客が訪れます。混雑が予想される2018年4月21日(土)~5月6日(日)は、コンビニチケットが必要となるのでご注意ください。

詳細情報

  • 福岡県北九州市八幡東区河内2-2-48
  • 0936520334

4. 中山の大藤(福岡)

こちらは福岡県柳川市の「中山の大藤」です。中山熊野神社で毎年「中山大藤まつり」が行われており、2018年で15回目の開催となるそう。このお祭りは、毎年多くの方が訪れる大人気イベントです。

開催予定:2018年4月14日(土)~4月29日(日)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • 世界には、我が目を疑うほど美しすぎる絶景がいくつも存在します。そのような絶...

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する