• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
旅をよりエンジョイしたい!中国・南京に行くなら泊まりたいホテル8選

中国四大古都の歴史と近代大都市の顔を併せ持つ江蘇省省都・南京。ビジネスホテルから5ツ星のラグジュアリーホテルまで、さまざまなカテゴリーのホテルがある中から、今回は、南京ならではの特色をもったホテルを厳選してご紹介。自分好みのスタイルのホテルを見つけて、南京の旅を、より豊かに楽しんでくださいね。

このまとめ記事の目次

南京への旅では「宿泊」も楽しもう

約2500年の歴史を有する中国の古都・南京。西安・北京・洛陽と並ぶ中国四大古都の一つで、明の時代には中国全土の政治、経済、文化の中心として繁栄、また近代には中華民国の臨時政府も置かれました。そんな歴史的経緯から、町のいたるところには魅力的な観光スポットが。現在も目覚ましい発展を見せる都市でもあり、ビジネスで訪れるという方も多いかもしれません。そんな南京で宿泊先というと、国際チェーンも多く出店しているエリアだけに、無難に“普通のホテル”を選ぶという声が多数。でも、それってちょっともったいないことなんです。今回は、古民家を再生した、地元に溶け込み暮らすように過ごせるホテルから、車でちょっと市街地から離れるだけで泊まれる一流スパリゾートまで、南京のオススメホテルをご紹介します。 提供:南京市観光委員会

約2500年の歴史を有する中国の古都・南京。西安・北京・洛陽と並ぶ中国四大古都の一つで、明の時代には中国全土の政治、経済、文化の中心として繁栄、また近代には中華民国の臨時政府も置かれました。そんな歴史的経緯から、町のいたるところには魅力的な観光スポットが。現在も目覚ましい発展を見せる都市でもあり、ビジネスで訪れるという方も多いかもしれません。

そんな南京で宿泊先というと、国際チェーンも多く出店しているエリアだけに、無難に“普通のホテル”を選ぶという声が多数。でも、それってちょっともったいないことなんです。今回は、古民家を再生した、地元に溶け込み暮らすように過ごせるホテルから、車でちょっと市街地から離れるだけで泊まれる一流スパリゾートまで、南京のオススメホテルをご紹介します。

①民国時代の雰囲気を今に伝える「中央飯店」

まずは、南京の伝統と歴史を今に伝えるホテルから。総統府の近くにある「中央飯店」は、民国時代の創建で、100年を超す老舗ホテルです。赤レンガを使った西洋建築の建物は風格があり、内装もレトロモダン。往時に思いを馳せながら宿泊するといいでしょう。

エントランスも当時のシャンデリアなどがそのままに残っています。フロントの奥にあるカフェもクラシックな雰囲気で、とってもフォトジェニック。宿泊者以外にも、お茶を楽しむ人々で、いつも賑わっています。

②素敵な洋館で贅沢な時間を過ごす「頤和公館」

提供:南京市観光委員会
民国時代の雰囲気を味わうには「頤和公館(ルレ & シャトー ザ イーホーァ マンションズ)」も泊まってみたいところです。頤和路周辺は民国時代の要人の公館や有名人の別荘が立ち並んでいたエリアで、今でも西洋風別荘が多く残っています。その一つが頤和公館。
提供:南京市観光委員会
24時間対応の専任バトラーサービスが利用でき、伝統的な雰囲気と豪華な内装で、ひと味違ったホテルライフが楽しめます。

③古民家風の宿で暮らすように過ごす「花跡酒店」

こちらは、南京の古い町並みが再現されたエリア、老門東歴史文化街区にあるホテル「花跡酒店」。白壁が続く老門東の路地の一角にあり、「ここがホテル?」と思わず見回してしまう外観です。
古民家風の外観の中はシンプルモダンな空間。こちらはフロント前のロビー。中庭を囲むように作られた客室はわずか19室で、行き届いたサービスと快適なステイを約束してくれます。
ウッディーな雰囲気が心地よく、暮らすように滞在できる客室。館内は、あちらこちらに緑や花が置かれ、雰囲気の良さは抜群。客室以外でもゆったり過ごせます。当日に仕入れるという材料で作られる朝食のおいしさにも定評があります。

④高原にたたずむ山荘のような「未見山 紫金山人文行旅」

こちらの「未見山 紫金山人文行旅」は、明孝陵の神道近く、紫金山の中腹にあるリゾートです。2015年にオープンしたヴィラ形式のホテルで、客室は全23室。高原の中にたたずむ山荘の趣きが、何とも良い感じです。

食事は、離れのレストランで。緑いっぱいの自然の中にあるので、周辺の散策とホテルでゆっくり過ごすのもオススメです。

客室は全て独立したヴィラで、プライベート感たっぷり。門をくぐって入った先には、小さなお庭もついています。木をふんだんに使ったナチュラルテイストの心地よさに浸りながら、静かなステイを楽しみましょう。

⑤昔ながらのロッジ風ホテル「中山陵国際青年旅館」

もう一軒、紫金山の中にあるホテルを紹介しましょう。神道の南側にあり、明孝陵や中山陵など紫金山一帯の観光の拠点に便利な「中山陵国際青年旅館」です。広大な敷地内に立地し、四季折々の風景が美しいロッジ風のホテルです。

メインの建物に隣接する客室棟以外に、別荘形式のお部屋も敷地内に点在。長期滞在の際には別荘でゆっくりするのもいいかも。メインの建物の前には池があり、水鳥が遊ぶ姿も見られます。

関連するリンクこの記事に関連するリンク