• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
保存版!初心者さんもリピーターさんも大満足の1泊2日伊勢観光ルート

“お伊勢さん”の愛称で知られる神宮以外にも、かつて伊勢の台所として栄えた商人のまち「河崎」や、夫婦岩が美しい二見浦など、定番スポットの他にも訪ねてみたい場所がいっぱい。素敵な体験や、おいしいものも満載の三重県「伊勢」を楽しみ尽くす1泊2日のモデルルートをご紹介します。

このまとめ記事の目次

神宮だけじゃない!何度でも行きたくなる「伊勢」

みなさんは三重県の「伊勢」には行ったことがありますか? “お伊勢さん”の愛称で知られる「伊勢神宮」の「内宮(ないくう)」や、鳥居前町の「おはらい町」「おかげ横丁」を訪れたことはあるけれど、「最後に行ったのは修学旅行」、「それ以外にもおすすめスポットがあったの?」なんて方が意外に多いかもしれません。今回は、食物を司る神様が祀られている「外宮(げくう)」、かつて伊勢の台所として栄えた商人のまちの「河崎」、「夫婦岩」が美しい「二見浦」など、定番スポットの他も訪ね、存分に伊勢を楽しみ尽くす1泊2日のモデルルートをご紹介します。 Photo by Ryo Shimomura

みなさんは三重県の「伊勢」には行ったことがありますか? “お伊勢さん”の愛称で知られる「伊勢神宮」の「内宮(ないくう)」や、鳥居前町の「おはらい町」「おかげ横丁」を訪れたことはあるけれど、「最後に行ったのは修学旅行」、「それ以外にもおすすめスポットがあったの?」なんて方が意外に多いかもしれません。

今回は、食物を司る神様が祀られている「外宮(げくう)」、かつて伊勢の台所として栄えた商人のまちの「河崎」、「夫婦岩」が美しい「二見浦」など、定番スポットの他も訪ね、存分に伊勢を楽しみ尽くす1泊2日のモデルルートをご紹介します。

①外宮前の茶屋で「朝かゆ」をいただく

伊勢に着いたらまずは朝食から。伊勢神宮の外宮参道にある「あそらの茶屋」では、朝7時半から10時までの時間帯に特別なおかゆがいただけます。巫女さんの装いをしたお店の方が白い木箱に入れてしずしずと運んできてくれる様子に感激! Photo by RETRIP

伊勢に着いたらまずは朝食から。伊勢神宮の外宮参道にある「あそらの茶屋」では、朝7時半から10時までの時間帯に特別なおかゆがいただけます。巫女さんの装いをしたお店の方が白い木箱に入れてしずしずと運んできてくれる様子に感激!

お重の中はこんな感じ。フタが取られる瞬間、その美しさに思わず歓声が上がります。おかゆに使われるお米は、契約栽培しているという「伊勢ひかり」。奇跡の稲とも称されている特別なお米です。おかゆのお供も一つひとつが丁寧に仕込まれており、特に、とろりとした秘伝の出汁が絶品です。写真のおかゆのほかに、あわび、伊勢エビ、鯛、さざえのおかゆもあります。 Photo by RETRIP

お重の中はこんな感じ。フタが取られる瞬間、その美しさに思わず歓声が上がります。おかゆに使われるお米は、契約栽培しているという「伊勢ひかり」。奇跡の稲とも称されている特別なお米です。おかゆのお供も一つひとつが丁寧に仕込まれており、特に、とろりとした秘伝の出汁が絶品です。写真のおかゆのほかに、あわび、伊勢エビ、鯛、さざえのおかゆもあります。

住所:三重県伊勢市本町13-7電話:0596-65-6111営業時間:朝かゆ 7:30~10:00昼げ  11:30~14:30カフェ 7:30~17:00定休:年中無休URL:http://sekiya.com/shops/#isesekiya-honten Photo by RETRIP

あそらの茶屋

住所:三重県伊勢市本町13-7
電話:0596-65-6111
営業時間:
朝かゆ 7:30~10:00
昼げ  11:30~14:30
カフェ 7:30~17:00
定休:年中無休
URL:http://sekiya.com/shops/#isesekiya-honten

②しきたりどおり「外宮」から参拝

伊勢神宮へ参拝に行くなら、まずは外宮から。伊勢神宮は、皇室の祖・天照大御神(あまてらすおおみかみ)を祀る内宮や、食を司る豊受大御神(とようけのおおみかみ)を祀る外宮ほか、125におよぶ宮社から構成されますが、正しい参拝順序は外宮から内宮。「外宮先祭(げくうせんさい)」といって、衣食住や産業の守り神とされる外宮の神様に先に食事を奉る祭典の順序に倣い、そのようなしきたりとなっているのだそうです。ちなみに伊勢神宮の正式な名称は、「神宮」。伊勢という地名を冠するのは俗称なのだそうです。 Photo by Ryo Shimomura

伊勢神宮へ参拝に行くなら、まずは外宮から。伊勢神宮は、皇室の祖・天照大御神(あまてらすおおみかみ)を祀る内宮や、食を司る豊受大御神(とようけのおおみかみ)を祀る外宮ほか、125におよぶ宮社から構成されますが、正しい参拝順序は外宮から内宮。

「外宮先祭(げくうせんさい)」といって、衣食住や産業の守り神とされる外宮の神様に先に食事を奉る祭典の順序に倣い、そのようなしきたりとなっているのだそうです。ちなみに伊勢神宮の正式な名称は、「神宮」。伊勢という地名を冠するのは俗称なのだそうです。

初めての神宮参拝なら「お伊勢さん観光案内人」に案内してもらうのがおすすめ。神宮の歴史的な説明から、参拝の方法など丁寧に教えてくれます。手水での作法や、参拝時のおじぎなど、今までなんとなくやってしまっていたことを改めて意識することができるようになります。特に参拝時、「二礼二拍手一礼」といいますが、二拍手の際に右手を一関節分ぐらい下に引いて手を叩きます。これは、自分が神様よりも少し下がるという気持ちを表しているそう。ぜひ参拝の際は気持ちを込めて実践してみてくださいね。 Photo by Ryo Shimomura

初めての神宮参拝なら「お伊勢さん観光案内人」に案内してもらうのがおすすめ。神宮の歴史的な説明から、参拝の方法など丁寧に教えてくれます。手水での作法や、参拝時のおじぎなど、今までなんとなくやってしまっていたことを改めて意識することができるようになります。

特に参拝時、「二礼二拍手一礼」といいますが、二拍手の際に右手を一関節分ぐらい下に引いて手を叩きます。これは、自分が神様よりも少し下がるという気持ちを表しているそう。ぜひ参拝の際は気持ちを込めて実践してみてくださいね。

また、外宮にいったらぜひ併せて訪れてみていただきたいのが「月夜見宮(つきよみのみや)」。豊受大御神の別宮であり、月夜見尊(つきよみのみこと)が祀られています。伊勢のまちなかにあるのですが、周囲を木々に囲まれピンと張り詰めた神聖な空気に包まれています。外宮から月夜見宮まで続く「神路通り(かみじどおり)」は、月夜見尊が外宮と月夜見宮を行き来するのに通っていると言われており、いまも中央だけ色が違う道になっているのも興味深いところです。 Photo by Ryo Shimomura

また、外宮にいったらぜひ併せて訪れてみていただきたいのが「月夜見宮(つきよみのみや)」。豊受大御神の別宮であり、月夜見尊(つきよみのみこと)が祀られています。伊勢のまちなかにあるのですが、周囲を木々に囲まれピンと張り詰めた神聖な空気に包まれています。

外宮から月夜見宮まで続く「神路通り(かみじどおり)」は、月夜見尊が外宮と月夜見宮を行き来するのに通っていると言われており、いまも中央だけ色が違う道になっているのも興味深いところです。

③ご当地どんぶりの「御饌丼(みけどん)」でランチ

お伊勢さん観光案内人によるガイドツアーの中には、おすすめのランチ付きのものもあります。今回は、外宮参道で「御饌丼(みけどん)」を。御饌丼というのは、伊勢の外宮さんにちなんだご当地どんぶりの総称で、御=尊い大切な、饌=食べ物、という意味で名付けられたのだそうです。写真は幾つかある選択肢の一つで、参道の入り口近くにある「割烹・寿司 桂」の「伊勢まぐろの豊穣丼(ほうじょうどん)」。伊勢まぐろを中心に伊勢志摩産の魚介をふんだんに使った贅沢な海鮮ちらし丼です。 Photo by Ryo Shimomura

お伊勢さん観光案内人によるガイドツアーの中には、おすすめのランチ付きのものもあります。今回は、外宮参道で「御饌丼(みけどん)」を。御饌丼というのは、伊勢の外宮さんにちなんだご当地どんぶりの総称で、御=尊い大切な、饌=食べ物、という意味で名付けられたのだそうです。

写真は幾つかある選択肢の一つで、参道の入り口近くにある「割烹・寿司 桂」の「伊勢まぐろの豊穣丼(ほうじょうどん)」。伊勢まぐろを中心に伊勢志摩産の魚介をふんだんに使った贅沢な海鮮ちらし丼です。

住所:三重県伊勢市本町17-16電話:0596-28-3001営業時間:11:00~22:00(オーダーストップ 21:30)URL:http://ise-katsura.co.jp/ Photo by Ryo Shimomura

割烹・寿司 桂 ―外宮―

住所:三重県伊勢市本町17-16
電話:0596-28-3001
営業時間:11:00~22:00(オーダーストップ 21:30)
URL:http://ise-katsura.co.jp/

④「外宮参道」でフォトジェニックなスイーツを食べ歩き

食後は、外宮参道の散策を。外宮参道には、昔ながらの旅館や土産物店だけではなく、最近オープンしたばかりの人気カフェやスイーツショップも多数あり、ぶらぶらとお気に入りを探すのが楽しいところ。ここでは、ランチを食べた後でもついつい食べ歩きしたくなるスイーツショップを幾つかご紹介します。 Photo by RETRIP

食後は、外宮参道の散策を。外宮参道には、昔ながらの旅館や土産物店だけではなく、最近オープンしたばかりの人気カフェやスイーツショップも多数あり、ぶらぶらとお気に入りを探すのが楽しいところ。ここでは、ランチを食べた後でもついつい食べ歩きしたくなるスイーツショップを幾つかご紹介します。

まずは、伊勢抹茶・ほうじ茶を使った新しいスイーツやドリンクを販売している「木下茶園」から。こちらのお店は、可愛いもの・スイーツ好きが心ときめくキラキラスイーツでいっぱい。写真は、週末限定のフローズン「抹茶ストロベリー・ホワイトチョコレート」。見た目の可愛さも素敵ですが、抹茶とホワイトチョコの甘さ、苺の甘酸っぱさがあわさって、ぺろりといただけちゃいます。 Photo by Ryo Shimomura

まずは、伊勢抹茶・ほうじ茶を使った新しいスイーツやドリンクを販売している「木下茶園」から。こちらのお店は、可愛いもの・スイーツ好きが心ときめくキラキラスイーツでいっぱい。写真は、週末限定のフローズン「抹茶ストロベリー・ホワイトチョコレート」。見た目の可愛さも素敵ですが、抹茶とホワイトチョコの甘さ、苺の甘酸っぱさがあわさって、ぺろりといただけちゃいます。

住所:三重県伊勢市岩渕1-1-31(豊恩館内)営業時間:10:30~17:00定休:水曜日・木曜日URL:http://www.kinoshitachaen.com/ Photo by Ryo Shimomura

木下茶園 外宮前店

住所:三重県伊勢市岩渕1-1-31(豊恩館内)
営業時間:10:30~17:00
定休:水曜日・木曜日
URL:http://www.kinoshitachaen.com/

一見、普通の饅頭(まんじゅう)のようなこちらは、昔から伊勢で親しまれてきた「三ツ橋ぱんじゅう」の「ぱんじゅう」。名前の通り、パンと饅頭が合わさった不思議なお菓子です。中の餡はこしあんやカスタード、栗など定番の7種類と季節ごとにかぼちゃや焼き芋などの餡も販売されます。持ち帰りもでき、自宅で食べる場合に冷めてしまっていたら1個10秒を目安にレンジで温めたあと、オーブントースターで2分ほど焼くと中はしっとり、表面はカリッとおいしくいただけるので、お土産にもおすすめです。 Photo by Ryo Shimomura

一見、普通の饅頭(まんじゅう)のようなこちらは、昔から伊勢で親しまれてきた「三ツ橋ぱんじゅう」の「ぱんじゅう」。名前の通り、パンと饅頭が合わさった不思議なお菓子です。

中の餡はこしあんやカスタード、栗など定番の7種類と季節ごとにかぼちゃや焼き芋などの餡も販売されます。持ち帰りもでき、自宅で食べる場合に冷めてしまっていたら1個10秒を目安にレンジで温めたあと、オーブントースターで2分ほど焼くと中はしっとり、表面はカリッとおいしくいただけるので、お土産にもおすすめです。

住所:三重県伊勢市本町5-3電話:0596-29-3284営業時間:10:00~18:00定休:毎週水曜日・第3木曜日URL:http://www.panjyu.com/ Photo by Ryo Shimomura

三ツ橋ぱんじゅう

住所:三重県伊勢市本町5-3
電話:0596-29-3284
営業時間:10:00~18:00
定休:毎週水曜日・第3木曜日
URL:http://www.panjyu.com/

こちらは伊勢で長年愛され続けている「山村乳業」の製品を多くの人に食べてもらいたいということで作られた「山村みるくがっこう」。山村乳業の瓶牛乳や瓶ヨーグルト、瓶プリンなどに加え、特に人気なのが「プリンソフト」。プリンの入った瓶に山盛りのソフトクリームが入り、ミルクのコクが最高においしいのはもちろん、見た目にもとっても可愛いんです。プリンソフトがいただけるのは、4月〜12月。1月〜3月は写真のパンプティング&ソフトになり、暖かいパンプティングと冷たいアイスの相性バツグンのスイーツなんです。 Photo by Ryo Shimomura

こちらは伊勢で長年愛され続けている「山村乳業」の製品を多くの人に食べてもらいたいということで作られた「山村みるくがっこう」。山村乳業の瓶牛乳や瓶ヨーグルト、瓶プリンなどに加え、特に人気なのが「プリンソフト」。プリンの入った瓶に山盛りのソフトクリームが入り、ミルクのコクが最高においしいのはもちろん、見た目にもとっても可愛いんです。

プリンソフトがいただけるのは、4月〜12月。1月〜3月は写真のパンプティング&ソフトになり、暖かいパンプティングと冷たいアイスの相性バツグンのスイーツなんです。

住所:三重県伊勢市本町13-6電話:0596-28-4563営業時間:10:00~17:30(夏季)、10:00~17:00(冬季)定休:年中無休URL:http://www.yamamuramilk.co.jp/milk-school.shtml Photo by Ryo Shimomura

山村乳業 みるくがっこう

住所:三重県伊勢市本町13-6
電話:0596-28-4563
営業時間:10:00~17:30(夏季)、10:00~17:00(冬季)
定休:年中無休
URL:http://www.yamamuramilk.co.jp/milk-school.shtml

⑤「金近(かねちか)」で朝熊黄楊(あさまつげ)の根付け作り

お腹いっぱいになったところで、ちょっと変わった体験も。こちらは伊勢の最高峰「朝熊山(あさまやま)」でしか採れない「朝熊黄楊(あさまつげ)」の樹を使った彫刻品・伊勢根付や、伊勢型紙などの三重県の伝統工芸品を主に扱うお店「伊勢菊一 金近」。根付けというのは、ポケットのない着物で財布やタバコ入れなどを持ち歩く際、帯から下げるそれらが落ちないよう紐につける留め具のこと。 Photo by Ryo Shimomura

お腹いっぱいになったところで、ちょっと変わった体験も。こちらは伊勢の最高峰「朝熊山(あさまやま)」でしか採れない「朝熊黄楊(あさまつげ)」の樹を使った彫刻品・伊勢根付や、伊勢型紙などの三重県の伝統工芸品を主に扱うお店「伊勢菊一 金近」。根付けというのは、ポケットのない着物で財布やタバコ入れなどを持ち歩く際、帯から下げるそれらが落ちないよう紐につける留め具のこと。

こちらでは、地元の職人さんたちが作った根付けを購入することもでき、自分で根付けを作る体験もできるんです。2時間ほどの体験コースでは、彫刻刀で彫り出した朝熊黄楊を磨いてピカピカのペンダントトップを作ることができます。磨きのみの最短30分コースもあるのでちょっと体験してみたい人はぜひ!丁寧に磨いた分、キラキラなペンダントトップができるので、ついつい集中しちゃいます。 Photo by Ryo Shimomura

こちらでは、地元の職人さんたちが作った根付けを購入することもでき、自分で根付けを作る体験もできるんです。2時間ほどの体験コースでは、彫刻刀で彫り出した朝熊黄楊を磨いてピカピカのペンダントトップを作ることができます。磨きのみの最短30分コースもあるのでちょっと体験してみたい人はぜひ!丁寧に磨いた分、キラキラなペンダントトップができるので、ついつい集中しちゃいます。

住所:三重県伊勢市本町6-4シャレオ2F営業時間:10:00~18:00定休:水曜日URL:http://isekikuichi.com/kanechika Photo by Ryo Shimomura

民芸品店 伊勢菊一 金近

住所:三重県伊勢市本町6-4シャレオ2F
営業時間:10:00~18:00
定休:水曜日
URL:http://isekikuichi.com/kanechika

Photo by Ryo Shimomura
作業の後には、朝9時からオープンしている「camino coffee(カミノコーヒー)」でショートブレイク。オープンしたばかりの店内はコーヒーのとっても良い香りに包まれています。コーヒーの種類がたくさんありすぎて迷ってしまったら、店長さんに相談してみて。好みを伝え、おすすめを教わりながら会話する時間も、旅先ならではの楽しさです。
住所:三重県伊勢市吹上1丁目4-13電話:080-5076-4728営業時間:9:00~17:00定休:日曜日URL:http://ameblo.jp/yukakokassan/ Photo by Ryo Shimomura

camino coffee

住所:三重県伊勢市吹上1丁目4-13
電話:080-5076-4728
営業時間:9:00~17:00
定休:日曜日
URL:http://ameblo.jp/yukakokassan/

関連するリンクこの記事に関連するリンク